ネット恋愛体験記:最近のネット恋愛裏話(?)

2002.02.09

 このページの記事は、旧完全無料お得サイト集で、2000年から2002年初頭にかけて、『ネット恋愛、私の体験談』のページで掲載していたページを全文無修正で、筆者自身が転載した物です。一部に、現況と一致しない物も含みます。

 最近… といいますか、以前からあるのですけれど。ネットおかまさんですね。

女性名のハンドルでありながら、男性であったり、出会いの場で、男性の恋愛相手を募集したりしています。最近、特にインターネットでは”オフライン、オフ会”と言う物が少ないので、コミュニケーションを持ったら、いづれ対面する可能性があると言うことが、頭に無いので、平気で女性のふりをして、男性への誘いをかける人もいます。

と言うのも、最近、知人の男性(メル友では無いですが、同朋メールで送られてくる)が、出会いの場で、女性名で登録し、すぐにレスポンスがあると、喜んで、皆にメールをしまくっています。

年齢も、そう若い訳では無く、50近いので、こちらとしては、ため息がつきます。

それと、当方にも、メル友になって欲しいと女性名でメールをくれる人がいますが、明らかな男性です。ホームページのURLが記載されてあり、そのホームページの所有者がその本人で男性で、以前にアクセスアップの件でメールで紹介した事があります。

(バレて無いと思ってらっしゃるのでしょうか?)

インターネットの場合、パソコン通信などと異なり、規約にあたる物が無く、ネット恋愛に限らず、何でも自由にできるかの如く錯覚している節があるように思える方も多々おられます。(インターネットのシステムが悪いのか、ユーザーが悪いのか、それとも、そもそも、インターネットとはそう言うものなのか…)

そもそも、恋愛は、人生においても重要な事ですし、人に言うのも恥ずかしい面も多々あります。誰でも簡単に登録できたり、身元やアドレスがすぐわかったり、コミュニケーションが取れたりする場で、そう簡単に素性を明かすでしょうか。或る程度の素性を明かしたとしても、そう簡単に大胆な事が言えるでしょうか。

どこの誰が見るかわからない。ひょっとしたら、自分の知人、或いは危険な人物の目にも触れるかも知れない。

もし、何かあったとき、どうしよう。どこの誰かが責任を取ってくれるのでしょうか。普通の女性ならば、特に真面目に恋愛を考える女性ならば、そう考えるのではないでしょうか。

だとしたら、まづ必要な事は、本当に女性が安心できるサイトを探すべきでしょう。

単純に、アクセスアップの為だけに、出会いの場として、刺激的な書き込みを増やし、運営していると思われる節があるサイトもあります。きちんと、中身を見極める事が必要だと思います。

 ところで、あなたにはメル友さんがいますか?

メールと言うのは、不思議なもので、たかが文章でありながら、電話で話すよりも、より深く相手の事がわかったりします。それは当然、電話では言えないような事でも、メールならば、素直に、しかも会った事も無い相手にでも、本音が言えるから… と言う点が大きいのですが、それだけではありません。

メールでコミュニケーションを続けると、色々な事が見えてきます。あたかも手紙の様に、何度も書き直しているのがわかったり、行間にある気持ちを読みとったり… と言う事もできます。

また、定型文で、多数の人に全く同じメールをしてるんだな、と言うのもわかります。

自分だけを見てくれている。自分の気持ちを、文字や言葉ではなく、きちんと気持ちでわかってくれている。そう言うのが、見えてきます。

 余談ですが、ホームページでもそうで、これは、本人が調べた情報では無いとか、本人が考えて作った文章では無いなどと言うのが、見える物もありますね。そう言う節が、少しでも見えるホームページでは、掲載された情報の信頼度が、極端に落ちてきます。ホームページ公開以前のネットワーク活動で蓄積された情報があれば別ですが、立ち上げてすぐに大量の情報があるサイトと言うのは、おかしいと疑われるのがオチで、別のサイトの情報を、まるままコピーしているサイトでは、リンク先にデッドリンクが多数あったりします。情報元もコピーだったりして、コピーのコピーだったりします。極めて良いデザインでアクセスアップの宣伝活動も多数されているのに、ホームページの掲載情報がこれでは… と時折思います。そこにしか無い情報が1つでもあるほうが、よっぽど意義があると思うのですが。

話を戻しまして。

ホームページも、メールも同じです。遅かれ早かれ、嘘は見抜かれます。文字だけのメールですから。嘘が相手にわかると言う事は、信用を失うと言う事です。ましてや、最初から安心しきっていないインターネットの世界での男女のコミュニケーションです。

色々と、自分自身を飾り立てた文句や文面で、アピールする事も重要だと思います。まづ、見て欲しい。注目して欲しい。真剣に考えてる方ならば、多分、誰しもそう思います。でも、それよりも、いかに自分が真剣なのか、相手に対して真面目に接しているのかを、きちんとわかるように、誠実に対処する事のほうが重要だと思うのです。

ましてや、見返りや、打算的な部分が見えたりすれば、さっと引いてしまうのではないでしょうか。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14824720
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)