フレッツADSL対応無料プロバイダ vs 格安ADSL

2002.02.26

昨年は、2000円〜3000円程度の定額料金で、インターネットの高速常時接続を実現した、格安ADSL の登場で、ダイアルアップの有料プロバイダ及び、無料プロバイダー の人気に陰りが出てきました。
これを受けて、無料プロバイダーの中にも、ADSL接続サービスを行う物も出てきました。

流石に、無料プロバイダーでは、ADSL(フレッツADSL)での、接続料金までは、無料ではありませんが、他の有料のフレッツADSL対応プロバイダーからすれば、破格と言えるほどの低額料金でサービスを行っている物もあります。(期間限定などの条件がついていますが、それは格安ADSLプロバイダーなどでも同じ事です。また、過去のプロバイダー期間限定のサービスの例を見ると、逆に更に安くなったり、サービスが良くなったり、期間が更に延長されたケースもあり、期間を過ぎれば、必ず高くなると言う事でも無いかも知れません。逆に、予告無しに一切のサービスを終了してしまったケースもありますから、予め予告があるのは、或る意味親切ではないかと思います)

 では、フレッツADSL対応無料プロバイダーと、格安ADSLプロバイダーとの比較した考察を述べてみます。

1:具体的な料金
※8M ADSL 2002/02/26現在の料金 各々,最も低料金と思われる代表プロバイダを選択
※初期費用,モデムレンタル料金,及び消費税は省きます
ADSL対応プロバイダ ADSL月額接続料金 プロバイダ月額料金
格安ADSLプロバイダー D社

□合計月額料金
最低料金 \2153
最高料金 \4213

D社ADSL8Mプラン
□タイプ1
\2280 ※既存電話回線利用
\1980 ※マイラインプラスとセット
※NTT専用回線使用料(\173)が加算されます
□タイプ2
\2280 ※ADSL専用回線利用
\1980 ※マイラインプラスとセット
※NTT専用回線使用料(\1933)が加算されます
同左
□入会費
無料
□月額料金
無料
※ADSL接続料金に込み
ADSL対応無料プロバイダ F社

□合計月額料金
最低料金 \3040
最高料金 \5550

NTTフレッツADSL8Mプラン料金 □タイプ1
\3100 ※既存電話回線利用
\2790 ※マイラインとセット
□タイプ2
\4750 ※ADSL専用回線新設
\4275 ※マイラインとセット
無料プロバイダF社
□入会費
無料
□月額料金
\250 ※新規
\800 ※他プロバイダから乗換

以上のような結果になりました。

各々最低料金で加入する事となった場合の年間の差額は、(\3040-\2153)×12=\10644 と、1万円以上の差額が生じて来ます。これを、月額料金換算してお得度を見れば、無料プロバイダーでフレッツADSLを1年間利用する料金で、格安プロバイダーだと約5ヶ月分余分に利用できる事になる。

但し、キャンペーンの特別料金設定なので、上記で触れたように、今後変動する可能性がある事と、ADSL各社の競争から、更に料金が下がる可能性も否めないが、基本的には、NTTのフレッツADSLの料金が高い事、無料プロバイダーがNTTのフレッツADSL経由での接続サービスを実施している事を考慮すると、無料プロバイダーが、格安ADSLプロバイダーの料金よりも下がる事は、NTTのフレッツADSLが大幅に安くなるか、或いは格安ADSLプロバイダーの料金が大幅に上がるかしない限り実現できない事なので、当分無さそうな気配でしょう。

2:無料付加サービスの違い  

プロバイダーを利用する場合、気になる事の1つに、無料付加サービスがある。
もし、付加サービスが全く無いならば、プロバイダの有料のオプションサービスを利用するか、有料,無料のレンタルサーバーでホームページスペースを借りたり、有料のメールアカウントを取得する必要性も出て来る。しかし、無料サービスでも良いと言うユーザーばかりでも無い。無料サービスはサブ的に使い、メインは、より安定した品質の良いサービスを望むユーザーも少なくは無い。
その為、付加サービスも加入前には要チェックしておくポイントだろう。
ADSL対応プロバイダ ホームページスペース メール
格安ADSLプロバイダー  D社 有り 5M 1アドレス(3M)
O社 有り 10M 1アドレス(5M)
J社 有り 10M 1アドレス(5M)
ADSL対応無料プロバイダ  F社 無し 1アドレス(2M)
L社 有り 50M 広告バナー添付 1アドレス(10M)
O社 無し 1アドレス(2M)
Z社 有り 50M 有料

以上のように、いづれも、無料ホームページスペースや無料メールのサービスはある。但し、広告バナーが掲載されたり、制限がつく場合もあるので、詳細は各プロバイダーのサービス詳細でご覧下さい。

3:接続速度の違い

ADSLを利用する人の大半は、インターネットの接続コストを下げたいと言う人だと思いますが、次いで、高速にインターネットを楽しみたいと言う人も多いのではないかと思います。

高速なブロードバンドコンテンツを楽しみたい。インターネットには、無料の画像,音楽,動画などもありますが、それらは、接続速度が遅くては、楽しみが半減します。最高速度で接続できると言う保証はありません。(因みに、当サイトのスタッフのTakeさんはD社の格安ADSLプロバイダーに加入し、下り7.5M  上がり1.0M程度、通常速度で出ているとの事です。)

ADSLの接続速度は、同じ8Mでも、お住まいの地域によっては、速度が異なります。又、同じ地域でも、Aさん宅とBさん宅とでも速度が異なります。原因は色々とありますが、これらの原因は、プロバイダによる物は少なく、一般的には、ADSLの性質上、(NTTの)交換局からの距離に比例して速度が遅くなる事が主な原因です。ですので、格安プロバイダー,無料プロバイダーの接続速度の違いは不明です。

交換局からの距離が4km以上ともなれば、リンク切れや接続すらままならない地域も出てきます。現在,1.5Mで接続されている方で、距離によって接続が安定されて無い方は、8Mになると更に不安定な状況になる可能性も有ります。また、回線の品質による線路損失も考慮せねばなりません。
尚、もし、対応不可の場合は、NTTや格安ADSLプロバイダーに申し込めば、ご案内の連絡の中で、その旨述べられていると思いますので、初心者の方は、それほど不安になる必要も無いので、気軽に申し込めると思います。

ADSL開通後、もしも、思ったほどの速度にならない場合は、nettuneなどの速度改善プログラムを使う事で大幅に速度向上をする場合もあります。また、モデムと回線との接続でノイズ対策をする事でも良い結果が出るようです。

4:まとめ

 ADSLは、お住まいの地域によって、”どこのプロバイダが利用できるか”、”交換局からの距離は”などの条件によって、選択できるプロバイダやサービスが制限されます。上記の結果だけを見れば、格安ADSLプロバイダーをお勧めしたい所ですが、もし、お住まいの地域でNTTのフレッツADSLのみしか対応していない場合は、NTTのフレッツADSL+無料プロバイダーと言う選択肢は、十分検討に値すると思います。

また、今回は触れていませんが、同時加入可能なパソコン台数も加入時にチェックしておく事をお勧めします。家庭内LAN(或いは社内LAN)で、1台のみの接続料金で、複数台のパソコンが同時に高速インターネット接続ができれば、実質的な料金は、台数分で割れば良いので、更に安くなります。初心者でも接続が簡単な、低価格のブロードバンドルーターも1万円以下の物が多く出回っていますし、無線LANも低価格で実現できるようになりましたので、複数台パソコンを所有されている方、或るいは、今後パソコンを複数購入予定の方には、お勧めします。

ADSL・フレッツADSL比較 各社ADSL,フレッツADSLの比較
無料プロバイダー比較
ADSLプロバイダー比較 ADSL込みプロバイダーとフレッツADSL対応プロバイダー別の比較

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14597303
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)