神戸 綱敷天満宮の梅満開,須磨浦山上遊園の梅開花。

2013.02.20

 ローカルネタで恐縮ですが、ご近所の須磨の綱敷天満宮の満開の梅の花と須磨浦山上遊園(旗振山)の梅の花を撮影してきましたので、簡単に紹介しておきます。

神戸須磨 綱敷天満宮 梅(紅冬至)満開

 綱敷天満宮では、今年の1月10日に梅が開花した事を掲載しましたが、その種とは別の梅の木が 、2月17日にほぼ満開に近い状態で開花していました。

桜のように見える梅(紅冬至)
撮影:d5200 iso100 サイズ:1920x1507
※PC用壁紙として個人利用可。転載等は著作権法違反。

満開の梅
枝ぶりはこんな感じで咲いています。紅冬至と言う種で、一般的には12月中旬〜2月上旬に開花する梅の模様です。ほんのり桜色の花びらだけ見ると桜のように見えますが、この枝ぶりを見ると梅らしい雰囲気がわかるかなと思われます。

須磨 綱敷天満宮
この写真は須磨綱敷天満宮の本殿。前回も御紹介しましたが、須磨綱敷天満宮学問の神様と言われる菅原道真公を祀った神社で、綱敷(つなしき)とは、菅原道真公が須磨に来た時、海を見ながら腰掛ける場所の代わりに漁師の綱をとぐろのように巻いて 敷いて使った事に由来します。
因みに、私の子供の頃は下の駐車場が無かったので、草野球をやったりして遊びまわっていました。


地図上、須磨綱敷天満宮の矢印のある所に梅が咲いています。

神戸須磨浦山上遊園(旗振山)  梅開花

 須磨浦山上遊園では、2月11日から3月中旬まで梅まつりが開催中との事なので、2月13日に様子を見に撮影してきました。

須磨浦山上遊園地の梅の花1
撮影:d5100 iso100

須磨浦山上遊園地の梅の花2
撮影:d5100 iso100

須磨浦山上遊園地は、見事な紅梅が咲き乱れるのですが、それらはまだ殆どつぼみ状態でした。唯一開花していた白梅の木が1本だけあり、撮影したのがこれです。見ごろは2月下旬以降になるのではないでしょうか。

須磨浦山上遊園地はリフト降り場にも見事なしだれ梅もあるので、満開の頃にまた撮影しにいこうかなと思っています。


上の矢印の箇所が、今回梅が開花していたおおよその場所になります。

※本ページで掲載の写真は、当方がGoogle+経由でPicasa web albumにアップロードした物で、著作権は当方が有します。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14555324
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)