無料オンラインストレージMEGA試用レビュー アップロード&ダウンロード

2013.01.22

MEGA(メガ)  米国のSOPA(オンライン海賊行為防止法)違反により、FBIによって昨年初頭に閉鎖に追い込まれた無料オンラインストレージMegauploadが、昨年暮れ頃からアナウンスされていたサービス再開の予定どおり1月19日に新しくMEGAとしてサービス開始となった。 既にユーザー数100万人を越しているなどと言う話もあり、何をするにもやたらと重く、僅か6B(バイト)のテキストファイルのアップロードに、3日間トータルで数時間かけて漸く成功し、本日なんとか一通りの最小程度は試す事ができたので、簡単に紹介しておきたい。

MEGAでのファイル共有

MEGAの画面。全操作はブラウザで行う。

全体的にデザインはシンプルでわかり易いメニュー構成となっている。

右のようにフォルダ単位で共有設定が可能で、共有ユーザーは招待制で同じくMEGAのアカウントが必須となる。

フォルダ共有は、共有するユーザー毎に、読み込み/読み書き/フルアクセスの3段階の権限設定が可能となっている。共有ユーザーを削除する場合は、メールアドレスの上で右クリック⇒共有を削除で行える。

MEGA ファイルのアップロード&ダウンロードリンク取得&ダウンロード

ファイルアップロード中の様子。1時間10分以上経過しているのに、僅か6B(バイト)のテキストファイルがこの日もアップロードされない。この後数十分更に粘っているとアップロードが完了していた。 重いのは仕方無いとして、そろそろ超激重状態では無くなって欲しいところだが。

,めでたく(?)アップロードが完了。

ファイル単位の共有はファイルを右クリックし、リンクを取得し、メール送信などで行う。この場合は、ダウンロードする相手はMEGAのアカウントは必須では無い。

上はリンク取得の画面。”ファイルリンク”だけにマークがされている状態のリンクでは、相手にファイルキーを通知しないとダウンロードできない。”ファイルリンク”と”ファイルキー”の両方にマークが入ってる場合は、ファイルキー付きのダウンロードリンクを取得できる。

上はファイルキー(パスワード)付リンクの場合のダウンロード画面。
ファイルキー無しリンクだと、”Enter decrvption key”のファイルキー入力フォームが付属する。
左の”ダウンロード”でローカルPCなどのデバイスにファイルをダウンロード。右の”輸入”で、自分のMEGAのオンラインストレージにファイルをインポートする。オンライン上のインポートなので素早く処理が終わる。

基本的な操作は以上がわかれば問題無いと思う。

MEGA マイアカウント,気がついた点など

 マイアカウントでは、ストレージの使用容量の表示の他にも、右のように、転送設定(平行アップロード接続の数,平行ダウンロード接続の数),アップロード速度制限,上限速度なども設定出切る模様。

無料アカウントでもここまで制御できるサービスは記憶に無いように思う。もし全くストレスの無い快適な速さになれば、使ってみたい機能だろう。

最後に、MEGAを使ったり公式サイトを眺めていて気がついた点などを簡単に列挙しておく。

・MEGAに保存される全ファイルは暗号化され全データ転送は暗号化される。管理側では中身がわからない。
・MEGAではブラウザはChromeやIE10の利用を推奨している。
・MEGAでもMegaupload時のようにエンドユーザーによる再販制度がある。
・ブラウザタブを閉じない限り、中断したファイルのアップロード/ダウンロードは再開される。
・ブラウザタブを別にする事でアップロード,ダウンロードは同時に行える。

追記:2013/01/26
こちらの環境(無線LANのノートPC)でアップロード転送速度100Kb/s〜500Kb/sと,ダウンロード転送速度50Kb/s〜100Kb/sと、共に十分実用的と言える水準にまで速度が向上している。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14622531
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)