副業系やスパムの影響か?

2002.03.12

 わかってる人や、未だ盲目的な初心者でふとした事ですぐ気がついて考え直す人は良いのですが、わかったつもりでいる人と言うのは、ちょっと厄介です。(そもそも、カテゴリーって、管理し易い人がただ単に分けているだけの話ですし・・・ ってちょっと意味不明(^^; ”レッテル貼り”ですね)

 少し、ネット広告収入について、基本的な事を、あれこれ話してみたいと思います。

極めて基本的な事なのですが、副業系と広告収入の違いなどもわからない方もいるようです。(わかり辛くなってきているのも事実ですが・・・)

副業系にもきちんとした、SOHOや起業家も多数いらっしゃいますし、そのほうが大多数を占めている筈です。しかし、鼠講やマルチ商法などのスパム行為によって、最近は”副業系”と言うと良い印象はあまり持ちません。

また、広告収入が得られるサイト(主にアフィリエイト)の中にも、新聞,TV,マスコミなどにも掲載されている誰にも馴染み深い普通の企業だけでは無く、副業系のサイトのアフィリエイトも存在しますし、報酬を支払ってくれそうも無い所もまだある感じです。
 因みに、当サイトでは、そう言う所は紹介してませんが、これは、特に、最近始まった事でも無く、詐欺的に紹介報酬を支払わないサイトと言うのは、2〜3年前の国内物でもちょこちょことあったように思います。(と言うか、今より多かったんじゃないでしょうか)

PTS が盛んだった時期は、”何故、こんな事でお金が貰えるのか??”について、きちんと説明されていたサイトが大半だったのですが、そう言った紹介が大幅に減り(と言うか、自分のお金儲けよりも、より多くのネット参加者を期待したり、純粋に、多くの人に知って貰って喜んで欲しいと言う気持ちで、紹介していた人も少なからずいたように思います)逆に、副業系のスパムなどで、ネット広告収入が同列で扱われている面もあるように思います。

以前、海外のPTSなどでお金が貰えた理由は、簡単に言えば、TV,マスコミが広告を視聴者に見せて利益が得られるのと同様に、広告配信会社が、直接ユーザーにインタネットを経由して、企業の広告を見せる事で得た利益を分配すると言うシステムでした。

それについては、YahooJapan!誌の特集記事やZDNetなどでも取り上げられたインターネット副収入厳選集 と言うページ(本当に1ページのココのページ への看板のような物です)で、細かく紹介していましたが、現在は、完全無料お得サイト集 のroot(やっぱり、看板です(^^;)にしています。

PTSならば、商売や流通などの知識不要で、一般の人が気軽に参加できる他、前述のメリット もあったので、大々的に紹介しましたが、今は以上の通りです。

 話を少し戻して、全体的に、現在は以前ほど利益の上がるような広告収入は減少したと思いますが、同時に詐欺的なサイトも減ったように思います。また、利益が上がらない故の焦りからか、スパム行為も増加しているのだと思いますが、結果、ネット収入やネットビジネスが全体的に、悪く見られている傾向が今年に入ってからは、やや顕著なようです。
(そもそも、YahooやInfoseekなどを代表とした大手ポータルや無料サービス提供サイト にしても、大半は広告収入で運営している筈ですし、Lycosや有料,無料プロバイダ,各ポータル系サイトや,無料サービス提供サイトなども、アフィリエイトサイトの紹介をしています。大手のポータルに関しては、これらのわかり易い形よりも、わかり辛い形での提携のほうが圧倒的に多いように思いますが・・・)

 何にでも言える事ですが、要は、副業系にせよ、ネット収入自体が悪なのでは無く、それを悪用する人がいると言う事のほうが問題なのだと思います。

 以前に、”お金を儲ける事”について、少し紹介しましたが、『金額の大小は別にして、旨くお金を儲ける人と言うのは、お金を自分の所に持って来る人では無く、お金が円滑に流れる道筋にいる人、或いはそれを作っている人です。』

丁度、1年ほど前に別所で紹介した文章ですが、実を言えば、これは受け売りです。(当然、文章丸写しなどでは無いです。悪しからず)ある証券会社関連の人のサイトで紹介していた、ビジネスの基本なのですが、ご商売をされている方ならば、うなづける面もあろうかと思います。
当時、かなり勉強させて頂きましたが、そのサイトは残念ながら、現在は無いようです。
代わりと言うか、こちら も参考になると思います。陶芸家の方のサイトですが、基本の基本を簡潔明瞭にわかり易い日本語で述べてられます。お仕事をされている方ならば、参考になる面が多々あるように思います。ネット広告収入についても、しかりです。

 今思えば、一昨年辺りは、"IT産業,Tビジネス"と言う流行語とまで化し、誰もが名称だけは知ってる"IT"によって、後押しされていた面が多々あったと思います。

 『ITが成功しない事には、日本経済の闇は消えない』

しかし、未だ、ITは成功しているとは思えません。やはり、ネットでは中々物は売れないようで、ネットショップを運営されている方の良い話はあまり聞きません。(どこでも見れる良い話は、数少ない故に、表に目だって見えてるだけでしょう)

インターネットが便利で楽しいのは、ネットを支える経済や流通があってこそです。無料サービスの、無料掲示板無料チャット などは、非常にわかり易い代表例ですね。全てではありませんが、広告収入があるから、無料で楽しいコミュニケーションの場を皆さんに提供できるのです。

 もし、あなたがネット広告収入系のサイトを運営されているならば、たとえ、微々たる収入であっても、ネットの健全な発展と、経済を通じて社会に奉仕しているのだと言う、気概を持って臨んで頂きたいと思う次第です。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14824672
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)