無料ネット収入関連:PTS系の話 Spediaなど

2002.01.05

「インターネットをしながら、お小遣いをもらいましょう。もちろん元手はいりません・・・」
おや?PTS系と思ったら、案の定、SpediaとCashSurfersでした。そこで、色々と私の知っているPTS系の事を紹介します。

Cashsurfersでは、知人のサイトによれば、昨年2001年までは、そこそこ報酬があったように思います。Spediaに関しても同様です。ただ、その後の詳細については、Cashsurfersに関しては不明ですが(それでもいい話は聞いていませんけど) Spediaについては、小切手が送金されなくなったサイトが多数ある模様です。

Spediaの原因については不明ですが、現在もバーにもサイトにもログオン,ログイン可能なので、アカウントが削除されている訳では無いし、ポイントもそれなりに貯まるし、個人情報が改竄された形跡も無く、小切手が送金済みとなっているのですが、肝心の送金がされていません。他のPTS同様に、2001年からはレートが激減し、受け取れる額も小額ですから、どうでも良いかも知れませんけど・・・(あ、因みに、Spediaの無料ドメインは有効です。run000.spedia.net 但し、時々当サイト では無く、Spediaのサイトに飛びますけど(^_^;コマッタモンデス)

PTS系に関しては、(サイトの更新を)放置しているのか、実情を知らないのか良くは不明ですけど、未だに大量に紹介しているサイトも中にはあります。一時は鼠講だ、詐欺だなどと罵声を浴びていましたが、国内でも小切手を受け取った人の情報が広がり、更に多数の紹介サイトが、紹介ページの複写を容認していたので、紹介IDのみを書き換えてWebにアップするだけで良かったので、国内でもあっと言う間に広まった感があります。
(私も一時はパソコンが麻痺する位に海外のサイトをネットサーフしては、英文を翻訳し先駆けて参加を繰り返し、大量のPTSに参加しました。お陰で、何度Windowsのインストールを繰り返したか数知れず・・・ で、結局は国内でメジャーでは無い物は殆どが駄目でした。)

完全無料お得サイト集 も、ネットサーフをしながらお小遣い報酬を得て、無料でインターネットができれば、もっと多くの人が気軽にインターネットができると思って、一時は大々的に紹介した事もあります。しかし、主に海外のチーターなどの報酬を稼ぐ為に不正な行為を働いた事や、海外のネットバブルがはじけた事で、大手,準大手のPTS系の企業が倒産,撤退を余儀なくされました。ご存知の方も多い筈です。

当完全無料お得サイト集の主旨に最も適したネットサービスだっただけに、非常に残念です。再度、健全に運営できるような改善システムを、日本の企業にお願いしたい所です。(なんせ、猿真似でオリジナルを越えるのが得意な日本人ですから(^^;))
無料プロバイダー と言う手段もありますが、電話代の事を考えれば、一般的には電話料金不用のADSL です。(ところで、FTTHは本当に普及するのでしょうか?私は、ほんの少し疑問を抱いています。これだけADSLが普及してしまっては、時間がかかりそうに思いますし、今の所、知っている範囲内では100Mのパフォーマンスも出てないようです。)しかし、現時点で、無料プロバイダーはNTTのフレッツADSL接続に加え、無料では無い(幾らかのプロバイダー料金を請求されます)なので、結局、現時点では、他のNTTでは無いプロバイダー料金込みのADSL(DIONなど)を選択したほうが安くあがってしまいます。(ADSL料金とプロバイダー料金は変化が激しいので、正確にはご自身でお確かめ下さい)短時間の利用ならば、ダイアルアップでも良いですが、それでは現在の無料・有料(有料でも格安ですね)のブロードバンドコンテンツが楽しめませんから、インターネットの楽しみを半減させるような物です。

*

話を最初に戻して、Spediaですが、そのSpediaを現在もイチオシで紹介しているサイトを辿って見てみると、占い関係のサイトでした。

お小遣い稼ぎって言うか、どこでもやってますって、今は声高に言わなくても、本当にどこでもやってる感じになりましたけど、わからないままにやっていると、失望したりする事もありますね。

数よりも質が大事なのですけど、インターネットはなんでもそうですが、数をこなさないとわからない分野でもあります。
なんでもそうなのですが、情報を鵜呑みにしない、経験が要りますね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

15005553
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)