パソコンのハードの学習におすすめの、学生向け2万円台の激安パソコン

2009.08.05

 夏休みもそろそろ中盤に差し掛かっているという事もあり、ネット三昧も飽きてきている学生も増えているのかなと思います。
  学生さんが1年の中で、もっともまとまった時間が取れるこの時期ならではの事と言うと、無料サーバーを使ったウェブサイトやコンテンツ配信、或いは自由自在に使う事のできる、自宅サーバーの構築でしょう。ブロードバンド環境と不要なパソコン、対応しているルーターがあれば、CentOSなどのLinuxデストリビューションをインストールし、無料ダイナミックDNSで、即、自宅サーバーが開設できます。最近なら、モバイルPC(ミニノートパソコン)で使える、実用性を兼ねたプライベートなオンラインストレージなどや、最新のCMSを試して見るのも面白いのではないかなと思います。

他方、そんなスキルも環境も無いと言う方には、まずはハードを知って自信をつける事に手っ取り早い、自作パソコンがお勧めなのは、何度も書いてきている通りですが、最近は、自作パソコンと言うと、高性能で割高なハードウェアで構成された、(私からすれば)ゲーマー向けPCクラスの物を紹介するサイトや雑誌記事が増えています。(利益最優先のご商売なのですから、広告費を出してくれるスポンサーの高額な商品を紹介していても何もおかしくはありません。)
しかし、これでは、初心者クラスの人がパソコンを敬遠するだけで、例えば、「携帯のほうが安い」とか、「ゲーム機でもネットはできるので要らない」などと言う事で、PCユーザーは減るだけでしょう。特に、不景気な昨今、そんな高額なパソコンを買える余裕のある学生さんは限られているように思います。

そこで、今回は、2万円台の激安パソコンを購入し、分解して再度組み立てる事で、初心者クラスの方がパソコンのハードを学ぶ機会を持つのはどうだろうかと言う事で紹介する事としました。既に動作するように、正しく組み立てられてあるので、それを学び取る事ができます。又、自作パソコンのように組み立てる必要も無いので、自作キットを買ったけど自分では組み立てられなかったと言う失敗もありません。もちろん、分解せずとも十分にデスクトップPCや自作サーバーとして使えて、激安で買える物なので、到着して、やはり分解は自分では出来ないなと思った方ならば、そのまま使えば損はありません。

要点を箇条書きにしてみましょう。

メリット
・自作する必要が無い。
・自作PCのように部品を選ぶ知識を必要とせず、失敗も無い。
・ケースを開けて、正しい組み立て方を確認できる。
・ケースを開けて見て、不安を感じたら、そのまま閉じれば激安PCとして使い続けられる。
・メモリーやHDDや光学ドライブなど組立てが簡単な箇所のみ、取り外して再度組み立てられる。
・CPUやM/Bなどの取り外し・取り付けに失敗し易い箇所は、触らなくても良い。

デメリット
・分解すると保証が受けれなく恐れがあります。
※まず、最初に電源を入れて、念の為に何かのOSをインストールするなどして、正常に動作する事を確認しておく事をお勧めします。適当なOSをお持ちで無い方は、無料で入手できるLinux系のOSをお勧めします。

以下では、当方のおすすめの1万円台〜2万円台の激安パソコンを、簡単にスペック込みで紹介しておきます。尚、安かろう悪かろうと盲目的に思っている方は、こちら辺りを参照して下さい。(記事は古いですが、要点に関しては、現在も、概ねこのような感じと思われます)

Lightning AM 5050e WEB限定特価モデル\29980 販売店:ドスパラ
・CPU:AMD Athlon X2 5050e (2.6GHz TDP45W)
・M/B:780G
・MEM:2GB(DDR2 SDRAM 800MHz)
・HDD:250GB
・DRV:DVDスーパーマルチドライブ
TDP45Wの5050eを搭載し、消費電力も低め。静音性は不明だが、自宅サーバーとして使っても電気代はさほど気にする必要は無いだろう。
台数限定の特価品なので、売切御免。

Knight GC \25980 販売店:ドスパラ
・CPU:Intel Celeron E1500(2.2GHz)
・M/B:Intel G31
・MEM:1GB
・HDD:250GB
・DRV:DVD-ROM
一般的なエントリークラスの激安のデスクトップPC。Celeronだけれども、デュアルコアなので、遅過ぎると言う事は無い。他にも、同系統のスペックで同じく2万円台のブラックカラーのKnight JDもお勧めだろうか。

Magnate AT \27980 販売店:ドスパラ
・CPU:Intel Atom-330(1.60GHz)
・M/B:Intel 945GC
・MEM:2GB
・HDD:250GB
・DRV:DVDスーパーマルチドライブ
TDP 8WのAtom 330を搭載したエコなパソコン。重いゲームやHDクラスの動画鑑賞などは難しくはなるが、パソコンのハードやLinuxを学びながら、消費電力を抑えた自宅サーバーを将来的には構築もしたいと考えているならば、かなり魅力的な存在になるのではないだろうか。

Lm-iS441B2 \29820 販売店:マウスコンピュータ
・CPU:Celeron E1500(2.20GHz)
・MEM:2GB
・HDD:250GB
・DRV:DVDマルチ
リビングやオフィスに置いても、デザイン性も悪くない、省スペースのスリム型PC。ハードを色々といじりたいと言う方は、同価格でタワー型があるので、そちらをお勧め。ほんの少しの差でも、手が自由に動く空間があると、快適にハードをいじる事ができます。

Power Speed-A Mini \27930 販売店:Storm
・CPU:Athlon II X2 250(3.0GHz TDP65W)
・M/B:NVIDIA GeForce 6150 + nForce 430
・MEM:512MB(DDR2-667)
・HDD:160GB
・DRV:DVD-ROM
AMDのデュアルコアCPUとしては、最も高性能な部類に属する、Athlon II X2 250を搭載し2万円台と言うのは、この中でもずば抜けて激安感の高いモデルとなっている。搭載メモリーが512MBと少ないが、2GB(1GBx2)にBTOオーダーしても、2万円台で納まる。ケースデザインも悪くは無く、重いゲームなどはしないのならば、次期Windows7になってもメインマシンとして使ってもいいレベルではないだろうか。

Power Speed Mini Basic C7-D \18900 販売店:Storm
・CPU:VIA C7-D(1.5GHz)
・M/B:VIA CN896 + VT8237A
・MEM:512MB(DDR2-667)
・HDD:160GB
・DRV:DVD
ともかく、サーバーの勉強が出来るレベルの安いパソコンが欲しいと言う方にお勧めになるだろうか。普通のデスクトップパソコンとして使うには、HD動画の閲覧などは諦めたほうが良さそうだが、ウェブの閲覧などは問題は無いだろう。

Storm Desk Mini T1000 \26670 販売店:Storm
・CPU:Atom 230(1.60G TDP4W)
・M/B:Intel 945GC + ICH7
・MEM:512MB
・HDD:250GB
・DRV:DVDスーパーマルチ
縦横自在に置けるAC電源動作の小型PC。Mini ITX M/B搭載の226mmX314mmX63mmのコンパクトサイズで、置き場所に困る事は無いのが魅力だろうか。

Standard Middle ENi [STEi-08J] \29800 販売店:クレバリー
・CPU:Intel Celeron E1500(2.2GHz)
・M/B:Intel G31 Express
・MEM:2GB(1GBx2)
・HDD:160GB
・DRV:DVD-ROM
 搭載CPUはCeleronだが、デュアルコアモデルなので、それほど重いと言う事も無い。普通に通常のPCとして使っても、さほど大きな不満点は無いと思う。ケースはV-TECH VT-580を使用。

Standard mini ENi [SMEi-09E] \26800 販売店:クレバリー
・CPU:Atom 330(1.6GHz)
・M/B:Intel 945GC + ICH7 Mini-ITX
・MEM:1GB(1GBx1)
・HDD:160GB
・DRV:DVD-ROM
Atom搭載のミニPC。ブラックフェイスでデザイン性も良い。空きスロットが無いので、メモリー増設前提の人は、2GBでBTOオーダーしたほうが良いだろう。これでも送料込みで2万円台で納まる。

NEC Express5800/110Ge \12800 販売店:NTTストア
・CPU:Celeron430(1.80GHz)
・M/B:Intel 3200
・MEM:512MB
・HDD:80GB
・DRV:DVD-RAM
1WAY型のエントリークラスの激安サーバー。自宅サーバー前提ならば、この中では、この選択肢が最もプライオリティが高くなるだろうか。ハードも他社の激安サーバーからすれば、あまり癖が無いと言う事もあり、意欲の強い初心者にはお勧めできるだろうと思う。

 

 以上、ざっと紹介しましたが、上記には掲載していない、お勧めできるであろう、2万円台、或いは2万円以下の激安パソコンは、まだありますが、キリが無さそうなので、今回はこの程度と言う事で。更にお探しの方は、激安パソコン・格安パソコンを参照下さい。
 因みに、この中で私がどれか1台選ぶとしたら、StormのAthlon II X2 250を搭載した、Power Speed-A Miniになりそうです。1ヶ月ちょっと前にAthlon II X2 250マシンを自作し、そのコストパフォーマンスの高さに、感心するばかりですが、そのBTO-PCが2万円台と言うのは、凄いとしか言いようが無いでしょう。もちろん、本来AM3マザーで性能をフルに発揮できる250なので、ベンチマーク結果は250本来の値では無いでしょうが、処理速度や消費電力辺りの価格などを総合的に見て、最もコストパフォーマンスの高いBTOPCの1つになるのではないかと思います。

もし、自宅に処分してもいいような余っているデスクトップパソコンがあれば、それを利用するなり、友人・知人達で不要パーツを持ち寄って1台組み上げるなんてのもいいかも知れません。ただ、そう言った作業は、相応の経験を積んだ者で無ければ、様々なリスクがつきまといますので、あまりお勧めできません。不要なパーツやパソコンを中古市場で買い取って貰い、できたお金を足しにしたほうが、無難であろうと思います。

今年の夏は、いつもと違って、こんな事が出来たと言う、いつもの夏休みと違う何かをお探しの学生さんの参考になれば幸いです。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14558587
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)