Feature ToolがVistaでFDにインストールできない場合。

2008.12.12

Googleで検索して記事が無かったので、もしかして誰かの役に立つかも知れないので、メモっておきます。
(Vistaは殆ど使って無いので、もしかしたら”良くある話”かも知れませんが、その際は悪しからず(^^;)

Vistaなので滅多に使わないメインマシンだったのが、最近、コレで音楽を聴く機会(Regine Velasquezさんが多いです。国内ではCDが買えないのが残念…)が少し増えた(と言うか、音楽でもかけないと私はVistaを使う気になれなかったりして)ので、HDD(ウェスタンデジタル社製 WD1600JS-22NBC1)の静音化をと言う事で、以前は良くお世話になっていた、HITACHI-IBMのFeature Toolをダウンロードして外付けUSB-FDDでFD(フロッピーディスク)にインストールを幾度か試みたが、Install Shield実行中に「このディスクは使えません」などとのたまわれ、エラーが発生しことごとくハネられた。

isoイメージもあるのでCD-Rに焼くなり、(多分、WindowsXPなどなら無問題だろうから)別のマシンでインストールすれば済む話なのだけど、少し意地になって、この環境でFDにインストールを試みた。

試行錯誤したところ、フォーマット時に一旦MS-DOS起動ディスク作成にマークをし、コマンドプロンプトなどから、command.comのみを残し全て削除していやれば、Feature Toolのインストールが行えた。Install Sheld実行中に1度エラーメッセージが出るがそのまま継続してやれば無問題だった。蛇足ながら、Feature Toolは、殆どがマウス操作でOKなので、インストール時の設定は、国,キーボード設定はdefault(United States)で大丈夫です。

難なくFeature ToolがFDDから起動し、AAMをEnable⇒OK⇒TESTで動作音確認⇒Exit。完了。
Vista再起動。シーク音が激減し発生しても殆ど煩わしく感じなくなった… かな。全く気にならないほどでは無いにせよ、効果としては、5V動作でかなり静かな筈のケースのリアファンの音も気になり出した位でしょうか(^^;

速度はやや遅くなっちゃいましたが、これでやたらと煩いVistaのHDDシーク音から、かなり開放されそうです。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14782419
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)