ストリートビューのように楽しい、PhotoSynthの360度パノラマ映像無料作成

2008.08.28

PhotoSynth Googlemapのストリートビューのように見える、360度パノラマ映像が作成できる無料オンラインサービスが、Microsoftによって開始された。 今、最も世界で話題になっているオンラインサービス”PhotoSynth(フォトシンス)”だ。早速、確認し、これは面白いと思ったので、当サイトでも、その他無料に、リンク掲載して紹介した。(場合によっては、無料オンラインアルバムに移動させたほうがいいかも知れない。)

 とりあえず、真ん中辺りの[GO]をクリックすると、インストールを促すページが現れるのでそれに従い、完了後にAddonを実行すれば、PhotoSynthの、パノラマ映像のデモを見る事ができる。

PhotoSynthに用意されている幾つかのデモを見ればわかるように、最初からパノラマ映像を作成する事を目的として定点で回転しながら撮影していないような、自由に動きながら適当に風景をデジカメ撮影したかのような写真でも、見事に繋ぎ合わせられており、クリックしていく事で、次々と見る事ができる。ブラウザいっぱいにして、ズーム/パンもマウスホイールで”グリグリ”できます。迷子になれば、サムネイル一覧で確認すればいい。

もちろん、通常のオンラインアルバムのように、通常の写真のサムネイル一覧表示や、スライドショーもできる。三角マークの再生ボタンを押すと、パノラマ映像でのスライドショー(自動再生)もできるので、何もせず、窓を開けておいて眺めていればいい。(これは、見てて退屈しない。出来れば、Microsoftには、次期Windowsには、是非これをスクリーンセーバー機能辺りにも加えて欲しいところ)

そんな訳で、当方でも、早速パノラマ映像を作成する事にし、パソコン部屋を20枚ほどデジカメで撮影して、”Create a synth”から手順通りに行った。尚、この際、Windows Live IDが必要。完了まで、約8分もかかってしまったが、残念ながら、全ての画像が繋がらず、半分以下の認識で終わっていた。

原因を推測すると、写真のつなぎ目部分(重複部分)に特徴があまり無い。室内などの近影を、角度を変えながら撮影した写真では、変形が大きくなるため、一致部分の認識が難しいのではないか。などになるだろうか。

そんな訳で、出来の悪い我が家のPhotoSynthの映像よりも、面白そうなYoutubeの動画を幾つか紹介しておきます。


Googleのストリートビューのように見える映像。場所は、イギリスのブロムズグローヴの通りのようです。曲とシンクロしているので、PVのように見えます。

Engadgetのオフィス? 電灯にオサルさんが載ってますね。

PhotoSynthの撮影の仕方を、女性が力説する映像です。良く出来た、PhotoSynthのプロモーション動画のように見えます。 Microsoftの方でしょうか?

米国の某人気ドラマ CSIのワンシーン。
PhotoSynthを使って捜査をしている場面です。流石に、番組だけあって、説得力のある映像に仕上がっています。

PhotoSynthは、単なる2次元の360度パノラマ映像では無く、写真の撮り方や、操作次第では3D的に見えるのが面白いですが、他方、下手に撮影した写真の場合、うまく繋がって見えないだけで無く、長く見てると少し気分が悪くなりそうな感じになります。多分、素人が撮影したビデオを見せられているのと似ているんだろうと思います。

巷では、Googleのストリートビューのセキュリティ問題やらプライバシー問題が色々と言われていますが、他方で、PhotoSynthのように、オフィスや自宅や、自分自身のパノラマ映像などをバンバン公開している人もいたりする訳ですが、さて、ネットはどこまで現実世界を取り込んで行くのでしょうかね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14485913
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)