劇場版V3 仮面ライダーTHENEXT ヒットするんでしょうか?

2007.06.08

 劇場版V3、メディアでも報道され、公式が更新しましたね。既に一部ではこの話題で持ちきり状態のもようですが、兜でメイクアップなトンボ役をやった、イケメンの加藤和樹さんがV3役をされるのはいいんですが、以前に予想図(?)として流れてたイラストとはかけ離れる新V3の造形には、不満が多いですね ⇒ TOP画

襟(えり)も無いし、2本の白いマフラーも無いし、何より、困ったような悲しい目で弱そうなのが、もはや仮面ライダーでは無い。或いは、もはや仮面ライダーでは無いとされ久しい、平成ライダーの亜種などとしか見ようが無い。また、V3なのに敵はショッカーのままでショッカーの改造人間としてV3が登場するらしいので、これは、本来の石ノ森のテレビ特撮番組、仮面ライダーV3の復刻的な劇場版では無く、全く別物のV3のストーリーなのだろうと思われる。ニュースサイトなどでは”オリジナル版を踏襲する本流映画”などとして紹介されていたりするので、今の段階では的外れな紹介としてしか解釈できない。

そんな訳で、昔の仮面ライダー(V3)を知る世代にとっては、新V3の造形やオリジナルを無視した設定などが、劇場へ足を向かわせるような原動力になる事は無いと思うが、今回は、PG12(12才未満保護者同伴)でありホラー的な映像が多いと言う事から、大人向けの内容になっているのではないかと思われる点で、多少は期待したい。

私自身は、(初代)仮面ライダーを最初に見たのは、第1回からでは無く、第2回の蝙蝠男からで、ただでさえ映像がハッキリとわからない当時の白黒のテレビ画面の上に、(どうやら)黒っぽい者同士が、奇異な奇声を上げながら戦う、闇夜の映像に、怪談調のBGMや効果音で、何が写ってるのかよくわからない、妖怪物の不気味さを感じながら、興味津々で見たのを覚えています。(得体の知れない不気味さは、初代ウルトラマンについても同じですね。更に近年で言えば、アニメのエヴァンゲリオンなどとも、多分同じなんだろうと思われます。もちろん、気持ち悪いだけのグロい作品などでは無く、つまるところ、日本文化としての”わびさび”などにも通じる面です。) 因みに当時の第1印象は、『キーハンターのような番組なのかと思ったけど、違ったかな?』と言う感想だったかなと…

果たして、今回の新V3劇場版では、そのような昔の仮面ライダーの得体の知れないようなおどろどろしさが復活するのかどうかはわかりませんが、確かに造形などは失望させられましたが、それら以外の点で、多少は期待しておこうかなと感じた次第です。

参考:仮面ライダー動画 仮面ライダー壁紙

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

15757030
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)