Safariの簡単な日本語化しか紹介しませんが…

2007.06.16

 話題のWindows版Safariと言う事で、先日、早速落として、日本語化(日本語表示化)と落ちない対策(でも、やっぱり、ふとした時に落ちますが)などしたのですけど、肝心の日本語入力がどうしても駄目っぽいので、無料ソフトでの紹介は二の足を踏んでいます。
 右のように(画像はかなり荒くてすみませんが)、Googleの検索結果や、Safariのメニュー、ウェブサイトも、全て日本語で表示できます。詳しい方法は、諸々のキーワードで検索して下さい。

簡単にできる方法としては、Safariのメニューから、
Edit⇒Priferences⇒Appearence より
Standard font と Fixed-width を MS UI Gothic でどうぞ。

直接書き換えるならば、
C:\Documents and Settings\UserName\Application Data\Apple Computer\Safari

にある WebKitPreferences.plist の以下の概要箇所を書き換えます。

<key>WebKitFixedFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>

<key>WebKitStandardFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>

Google等の日本語表示やSafariメニューの日本語表示は、(少々長くなりますので)こちらでは説明し辛く、同様な手法を公開しているサイトにしても、まとまって無い為に、リンク紹介も簡単じゃなさそうなので、適当なキーワードで検索して徘徊して下さい。いえ、この程度が自力で探せない、或いは探すのが面倒ならば、自己責任による(諸々の)不具合の対処などは、されないんじゃないかなと思いますので…(因みに、先ほども、Safari様は何のご機嫌が悪かったのか、フリーズされてしまいました。)

Safariは確かにIE7よりも軽いですが、IE6だとそう重いと言う感じも無いですし、日本語化は出来ても、日本語入力が出来ない、ちょこまかと落ちる不具合のデメリットが大きいので、紹介はしません。(原則的に教えて君のユーザーサポートなんぞはしませんのが、暗黙の了解の筈なんでけど、最近は、それでもメールが来たりしますので、こんな状態のSafariを紹介した日には… ただでさえ時間が無いので(^^;)

iPhoneが日本でも発売されるならば、もしかしたら、日本語環境にもちゃんと対応するのかも知れませんが、今のところ、そんな雰囲気は全く無さそうですね(^^;)

あぁ、紹介しないのだったら、なんで日本語化の記事なんて(?) と思われるかも知れませんが、『Safariは知ってて、使ってますが、このような理由で当サイトでは紹介に至ってません』 と言う、ご案内文を、先に書いておこうかなって、そう言う事です(^^;

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14512699
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)