神戸須磨海浜水族園の大うんち展を見てきました。

2012.05.04

 神戸の須磨海岸にある神戸市立須磨海浜水族園では、現在特別展「大うんち展〜今日からあなたも"うんち"を見る目が変わります〜」が実施されている。

特に動物のうんこには興味は無いが、地元と言う事もあり、どのような展示をしているのか、とても興味が沸き、気になっていたのですが、先日寄る機会があったので、簡単にご紹介しておきます。

因みに 右の写真は、展示室前の大きなうんちのモニュメント。

磨海浜水族園大うんち展 概要

・開催期間:2012年3月17日〜7月1日
・場所:須磨水族園 和楽園特別展示室 ※入り口から左へ折れてまっすぐ。比較的近い場所です。
・展示内容:様々な生きもののウンチ紹介,うんちのにおい体験,うんち利用の紹介,消化体験トンネル など。

夏休み前に終了しますので、興味のある方は早めのほうが良いかと思われます。

入り口。うんちのイラスト入りでわかり易い。

入ってすぐのパネルで、人間の体の中で、どのようにしてうんちが作られていくかを紹介。

様々な生物のウンチ紹介

 入ってすぐのメインの展示物。実際のウンチです。展示されているのは、水族園にいる動物の物とは限らず、動物園の動物の物も含んでいる。

色々な生物のうんち(糞)が透明の円筒ケースなどで展示されています。 全部で14種類あります。 コアラのうんち(糞)
臭いません。鹿の糞に似た印象です。
インドゾウのうんち(糞)
これも巨大ですが、同じく全く臭いません。
アジアゾウのうんち(糞)
かなり巨大ですが、乾燥しているのか全く臭いません。 

いろいろな動物のうんちのにおい体験

 実際に臭いがかげるように密閉した透明な箱の中に展示されてある。

色々な生物のうんち(糞)の臭いがかげる展示物。上のパネルのうんこのマークの数から、アナコンダが強烈に臭う事がわかる。 ライオンのうんち(糞)。蓋のつまみを上げれば、臭いがかげるようになっている。
カブトムシの幼虫のうんち(糞)
同じく臭いがかげるようになっている。あまり臭いはしないらしい。
オオアナコンダのうんち(糞)
どの程度の刺激かはわからないが、この水族園で一番臭く、この蓋だけには「きけん、ぜったいあけないで」と書かれてある。しかし、容易に開ける事ができる。 
 

大うんち展、考察。

 動物の糞の事なので、正直に言うと、大人が考え方が変わるほどの展示物は無かったように思う。個人的には、要介護の高齢者のシモの話のほうが、現実的に役立つだつし、勉強にもなる。

上記では紹介していない、「うんち利用の紹介」のコーナーも含めて、ざっと見た感じでは、パネルにひらがなが多く、子供目線で十分観察できるように展示物のうんちを設置している所などから、これは小学生や幼稚園児が、校外学習などで楽しみながら勉強にもなる展示物として設けられたような印象が強い。

ただ、 決して大人が楽しめない訳では無く、うんちの臭い体験では、親子連れだけで無く、グループやカップルなどでも盛り上がる事も十分にできそうだ。

因みに、須磨水族園は、JR神戸線 須磨海浜公園駅より南へ5分程度。比較的便利です。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29138651
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)