日本全国、ポニョポニョ状態で夏休み突入?

2008.07.20

  先日、歯槽膿漏対策の歯磨き粉を買って来て貰った。奥歯が2本無くなったので、前歯への負担が大きくなって、歯茎が弱ってきているようだ。歯医者でマッサージをするように言われたので、購入したのだが、昔のデンター並みの価格を考えていたら、「そんな安い値段では売って無かったよ」 などと奥様に叱られてしまった。こんなところにも物価高の影響が出ているのだろうか?

  さて、本題。多分、昨日辺りから義務教育課程の生徒は、夏休みに入ったと思う。それを受けて、ウチのサイトのアクセスも徐々に減少中だったりしますが、それはさておき、今の日本は、”ポニョ”なのです。

勝手な予測その1。2008年7月に最も増加したキーワード ⇒ ”ポニョ”

Google ポニョ の検索結果 約 1,560,000件
Yahoo Japan ポニョ で検索した結果 約11,800,000件
MSN LiveSearch 24,300件
goo ポニョの検索結果 約47,000件 ※ブログ検索

現在のところ、こんな感じで推移している。既に爆発的に増加しているのがわかるが、先日劇場公開され、更に大きく増加して行くだろうと推測している。

勝手な予測その2。2008年7月中に最も多く再生された(日本に関連した)動画 ⇒ ”ポニョ”

因みに本日現在の時点で、ポニョ関連で最も多く再生されているのは、ポニョの主題歌がフルコーラスで流れる以下の動画。
のぞみちゃんデモ 再生回数: 620,240

尚、右の動画は、上記のぞみちゃんデモでは無く、海外向けの英訳歌詞付きの主題歌が入ったポニョの動画。もちろん、曲は同じ。

 我が家でも、先週、先々週辺りは、口を開けば、「ポ〜ニョポ〜ニョポニョ♪」状態だった。奥様の携帯着メロも、崖の上のポニョだったりする。
個人的に、『この曲は売れる!』と思ったのは、皆川おさむの黒ネコのタンゴを、イメージしたからだ。
この独特の、舌っ足らずで、つっかかかり気味で、少し音を外したような、いかにも子供が歌ってますよと言う歌い方、他に似たような曲を示せと言われれば、私は間違いなく、当時7歳の男の子だった皆川おさむ(ちゃん)が歌った、黒ネコのタンゴと、即答するだろう。
残念ながら、ネット上にはリンク掲載できる、当時のオリジナル演奏は存在しない模様なので、比較して頂けないのが残念だが、昭和40年代当時を知る方々ならば、大きく同意して頂ける事は間違い無いと断言できる。それ位、イメージが似ている歌だ。(もちろん、曲は全く違う。)

ポニョの成功が果たされるとしたならば、アナログがデジタルを凌駕する事で、制作手法のみならず、アニメその物への見直し、原点回帰的作品と言われているが、こんなシンプルで子供でもわかる単純で大人には退屈であるかも知れない現代版童話が、クリエイターの命の宿った作品の持つエネルギーの価値が見直され、感動を与えるとしたならば、大げさな事を言ってしまえば、それは、革命の序章なのかも知れない。
他方、 もちろん、ポニョの歌が大ヒットするのならば、そこに見出せるのは、CDが売れない、ヒット曲に恵まれない現代の主たる原因を、市場が悪いとする考え方に他ならないだろう。極めて単純な話だが、”いい作品なら、やはり売れるのだ”と言う事になる。

さて、劇場で作品を観てないような者が言うのも厚かましい限りですが、宮崎駿監督は、ポニョを、「5歳の子供にもわかる作品」と言う事で作り上げたそうですが、もちろん、難解さは無いようですが、”女の子版ファインディング・ニモの和製人魚姫ストーリー” などとタカをくくって劇場に足を運ぶと、人によっては裏切られるかも知れないようですね。
「本当は怖い崖の上のポニョ」てな創作が登場するのも、時間の問題なのでしょうか。そう言う”遊び”の余地”も”残った作品だと言う雰囲気が、観てない者にも伝わってきます。(更に勝手な事を憶測で言わせて貰えれば、今まで日本のアニメの牽引役を担ってきたような層を、この作品ではあまり相手にしていないと言う事。そして、最初からマーケットを世界に置いているのではないかと言う事。結果として、過去のジブリ作品と比較して、いわゆるオタク性が希薄な作品になっているのではなかろうかと。つまり、日本におけるポニョは、ナウシカにはじまるジブリアニメが観たいと言う観客では無く、ポニョの歌が好きになって、夏休みにはポニョが観たいと言う、親子、或いは中高年層への強いアプローチを目的とした作品なのではないかと。更に勝手な事を言わせて貰えれば、ジブリ作品に、どのような層にも何もかもが満たされるかのような傑作を期待するのは、そもそもが幻想であって、では、和製ディズニーへと近づく最短路線はどこにあるだろうかと考えた時に、CG全盛でアレもコレもソレものてんこ盛りハイスピードな時代にあって、このアナログなポニョと言う作品が、最短コースであるならば、ある意味最先端的な存在で、実験する価値は大いにあるのではないだろうか。 更に勝手な妄想で物を言わせて貰えれば、この作品は、過去の宮崎駿カラーの強いジブリ作品に、宮崎駿自らが決別を付けている事で、宮崎駿不在のジブリが一人立ちし易くなったのではないか。また、ポニョのような単純な子供でも描けるキャラクターとシンプルなストーリーであっても、ジブリの優秀なクリエイター達を使えば、客を満員にする作品として出来上がるのだから、「(ジブリは)何も心配は要らないのだよ」と、本来は隠居の身分であった、宮崎駿氏が説いているようにも私は思う。 また、そう考えれば、伏線と思わせたポニョの諸々の謎をフォローせず残したままで終わった展開の理由も、合理的な事と解釈できるだろうと思う。 因みに、個人的には、ジブリ作品は、ナウシカと火垂るの墓以外は、世間が騒ぐほどには、タイシタモンでも無いと思っていたりするので、ポニョは特に違和感を持っておらず、期待のほうが大きい位なもんです。 そう言えば、最も頭に残っちゃってるのは、パンダコパンダかもなぁ… 歌って影響力大きいですからね。)

因みに、夏休みと言う事で、無料壁紙のページに、一気にアニメ関連のサイトを追加しておきました。大半が海外サイトなので、アクセスが多い時間帯だったりすると、一部は気分程度で開かなかったりもしますけど(日本のサイトだと、アクセス不能だったら大騒ぎするんでしょうけどね。結構、ルーズなんですよね。無料サーバーにしても、企業がやってるにも関わらず、海外は、昔から結構コケる率が高いですね。)
因みにポニョも追加してて、ちゃんとした壁紙はまだ無いんですけど、人間体や半漁人体のイラストも見れます。基本的には、楽天やAmazonの画像露出して、壁紙だと言わんがばかりのスパマーに検索結果を荒される前にって事です。海外サイトを回ると特に良くわかる世界的に人気下降が著しいジャパニメーションですからね、ポニョには成功して欲しいですよ。

追記:

ExpressionWeb@XP でのIMEの相性の性か、長文の行での日本語入力の反応が悪く、ヘンです。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29336627
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)