早くも動き出した? 児童ポルノ規制の影響による、ネットのアニメ規制

2008.03.14

 そもそも、当サイトが、無料アニメ動画などのページを設置した最大の理由は、氾濫するネットのエロ系アニメ動画に嫌気がさしたからである旨の事は、以前にも述べた通りで、当時は、”アニメ”だけで検索しても、アダルトアニメのオンパレードだった。(これも既に述べているように、旧サイト名”完全無料お得サイト集”も 現在の”無料サイト集”も同様に、”無料”などで検索すると、イカガワシイサイトばかりだった事への対抗と言う意味合いも持っていた訳ですが)

その後、”無料アニメ動画”のページは、大多数のアダルトアニメサイトの衰退によって、来るべき日本の将来像としての物づくりハードからソフトへの転換の1つとしてのメディア立国としての(ささやかな)旗振り役へとシフトしてきましたが、ご存知のように、一昨年辺りからの世界的な動画共有サイトの勃興による著作権侵害を伴ったジャパニメーションの氾濫の状況が続いており、その混沌とした状況の中、再び青少年に有害なアダルト系アニメや、18才未満の児童が主役のように見えるアダルト作品が氾濫しつつあるように思われます。

そう言う意味では、児童ポルノの規制が、アダルト系アニメや(同人物を主体とした)マンガ、アダルト作品をも対象にする方向が出ているのは、歓迎すべき点であると考えており、先般、子供を扱った性的描写のあるアニメやマンガ・ゲームを”準児童ポルノ”として違法とするユニセフのキャンペーンがあり、これにMSN及びYahooJapanも賛同しております。そして、既にその兆候らしきものがあり、本日から、MSNでは、アニメ関係の検索結果に変化が生じてきている模様で、ネットのアニメ規制が始まったのではないかと推測します。

もっとも、その対象がグレーゾーンの、いわゆる萌え系にも幾分かは影響する事で、例えば、懐かしい魔法使いチャッピーや、アルプスの少女ハイジなどの少女が主役の健全なアニメを見る事すらも悪い事であるかのような行き過ぎた風潮が起きるような事が無いような、(どのようなコンテンツがいけないかなどの)明確な線引きの周知と共に、ネガティブキャンペーンのみでは無く、ポジティブキャンペーンも必要であろうと思います。即ち、『子供は子供らしいアニメやマンガを見ましょう。』 『大人は子供達が健全に育ち、世界にも誇れるようなすばらしい作品を見ましょう』 などと言う”働きかけ”が必要なのだろうと思います。

もっとも、一番重要な事は、このような枝葉末節の細かいところまでにも悪影響を及ぼすほどにめくじらを立てるのでは無く、本丸の”アダルト”を規制する事です。ご存知のように、出会いサイト規制法案があっても、出会い系サイト問題はなくなりませんでした。理由は出会い系サイトが悪いのでは無く、益々野放し状態になっているアダルトがいけないからです。同様にアニメやマンガが駄目なのでは無く、アダルトをオープンにする事が駄目なのだと言う認識が必要でしょう。

イマサラ書く必要も無い事ですが、どうして、適当なキーワードのみで、一発でイカガワシイサイトが検索できるのか、どうして、子供も簡単にアクセスできるブログなどにアダルト関連の記事が多いのか、どうして携帯サイトの広告はあいかわらずイカガワシイ広告ばかりが目立つのか、どうしてスパムメールは出会い系サイトが多いのか、その根源を辿れば、全てはアダルトサイトに行き当たりのではないでしょうか。

当たり前の事ですが、アダルトサイトだからと言って、18歳以上、或いは成人のみが利用している訳ではありません。と言いますか、逆に未成年者の利用のほうが遙かに多いのではないでしょうか。先の話題になったケータイフィルタリングでも、3割程度の中学生がアダルトサイトを利用したり、小中学生がアダルトサイトからの高額請求などを受けたと言う話もあります。そもそも、子供が性的被害を受けるのは携帯電話を使うからである事から、子供には携帯を持たせない事が重要と言う認識も、日本中に広まっている模様です。

もちろん、ネットにおけるアダルトは、”色々な意味で”大きな力と高い技術力を持っていますので、容易には規制の対象にはし辛いでしょうが、”アダルトである事がビジネスに繋がる”と言う本丸を抑制せねば、児童ポルノ規制にしても、一時期の規模の縮小などが起きるだけで、児童が絡む性的犯罪を助長させるコンテンツが減ると言う事は無いのではないかと思います。

アニメやマンガ全体が駄目と言う偏った風潮が蔓延すれば、結果として得をするのはアダルトであり、焼け太りさせ、逆に性的犯罪を助長させる危険性すらあるのではないでしょうか。

そのような事が起きない為にも、健全なアニメやマンガ系サイトは、アンチアダルトを表明し、サイト内から徹底排除するなどの自主的規制を広め、アニメやマンガの自由な表現や創作の環境が維持出来る事に貢献する事が、国益にも合致すると考えます。

個人的には、予想を超えるほどの弊害が起きる可能性を前提として、いつでも改正できる状況にすれば、とりあえず1度はやってみる価値のある法案だと考えています。

ネットを徘徊すると、色々と賛否両論ある模様ですが、虐待的な児童ポルノ禁止は日本国民の大多数も賛成でしょうが、準児童ポルノ的な萌え系となると、キャラクターの多くは”かわいい”のですから、冷戦が終わって久しい今もなお、かわいいが良しとする日本では、反発も大きいのでしょう。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29378811
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)