最近のいいニュース

2006.08.23

  ネットのニュースサイトやブログもそうですけど、マスコミ発のニュースの多くは、刺激的であったり、過激であったりする内容が人気が出るのかどうか知りませんけど、ずっと、昔からそうですね。『戦争だ!戦争だ!』と煽りたてると、売れるから書くんですよね。たとえ、大手新聞であっても。(あぁ、大戦前の話です)

さて、昨日のニュースで、これはめでたいなと思ったニュースが2つあった。

6年ぶりに出生率上昇。

今年上半期の新生児の出産率が、2.1%程度上がっているらしい。結婚も3%近く上がっているらしい。急激な少子化に歯止めがかかる方向で動けばいいですね。 (少子化は悪くないと言う意見もありますが、国を支える世代の人口が、あたかも人口崩壊的に、急激に減り、中・高齢者ばかりになると言う事は、社会保障や経済が破綻し、住めない国になると言う事なんですよね。徐々に少子化に向かうと言うのなら、私は特に問題は無いように思いますが、基本的には、結婚したら子供が欲しい人も相変わらず多く、結婚したくても出会いが無いなどの理由で結婚できない人達の問題だと言う事で、色々と書いてきてます。実際、出会いの促進などで出生率日本一になった自治体もあります。もちろん、出会い対策のみすれば良いと言う事では無く、結婚し易く、産み育て易い環境も必要ですが、まず、出会いが無いと何も始まりませんからね。特に、第2次ベビーブーム世代の未婚者が多いんですよね。) ウチも可能な限り、自治体の少子化対策関連の 、結婚・お見合い支援サイトを紹介し続けようかと思ってます。

あなたの写真が切手になる、フレーム切手発売。

日本郵政公社が9月1日から開始する。フレーム内に、好きな写真を入れて、あたかも自分や家族などが切手になったかのように見えるサービスです。オリジナル記念切手が簡単にできるので、個人のお祝いや、会社関連で需要が見込めそうらしい。

実は、郵政民営化は、小泉政権誕生のずっと前から、思ってて、当時は(民営化までしなくとも)『地域のITステーションのような事ができないのかな?』 と、ぼんやりと思ってましたので、民営化前に、このような画期的な事をされているのを見ると、『こりゃ、なんだか、凄いな』 などと期待したりします。(実際、このニュース報道を見たとき、笑っちゃいました。面白いです。) 郵政事業も、JR,JT,NTTなどのように成功して欲しいので、微力ながらですけれども、ウチも暑中見舞い無料素材 とか、年賀状無料素材 とかやってて、はがき利用の啓蒙に参加してますけど、この分ならば、そんな心配は不要みたいですね。

あと、ちょい前のニュースですけど。

結婚・お見合いサービスのテレビCM解禁

これも、少子化対策の行政の政策の一環らしい。もちろん、お国がマル適マークをつけた結婚仲介業のみしか、テレビCMは出せないなどになるらしい。何度も何度もくどいようですが、大量の第2次ベビーブームの未婚者が、出産を控えだす40代になるのも目前となっている現状では、健全な結婚前提の出会いの増加を急ぐ事こそが、少子化対策の重要課題である事はおわかりとは思いますが、それとは別に、結婚する事が、人生の墓場だとか、男性と女性の出会いは全てがイカガワシイモノ だとか、そう言うイメージが幾分か漂う今の世の中を、多少は払拭し、ハッピーな気分にしてくれる事も、ちょっとは期待したいですね。

ともかく、結婚する人が増えると言うのは、めでたい事です。

で、今年上半期で一番のニュースを選ぶならば、これですね。

Googleが、約1万円のノートパソコンを販売

ここでも、何度か紹介している、例の$100ノートPCの事です。既に巷では、Google PC とすら呼ばれていますね。Googleとしては、検索ユーザーを増やすシェア拡大の狙いがあると言う話もありますが、そんな事よりも、このようなプロジェクトに(多分)莫大な出資をするところが素晴らしいですね。あれだけ儲けたお金をどうするのかと思っていたら、極めて適切な投資と国際貢献をしているのが素晴らしい。 (いや、ヨイショしてるのでは無く本音ですよ。世界から貧困と戦争を無くせたって、枯渇しつつあるのに消費量が増大し続けるエネルギー問題と、発展途上国や紛争地域の教育問題などが解決しない限り、無くならないんですよね。学校を建てて維持するには莫大なお金がかかりますけど、これならば、なんとかなりますからね。大学や教育機関も無料でネット公開しているところも増加中の模様ですから、 たとえ、紛争地域であったとしても、端末があれば、学べる場ができるんですよね。 そうですね、例えば、子供の頃から、戦争の仕方しか学ばずに大きくなったなら、戦争と言うビジネスをする事でしか生きていけないと言う、”とっかかり”の1つ程度なら、多くの方は了解されると思います。) 因みに、100ドルノートは、目下のところ、一般販売はされないらしいのですが、もし日本で一般販売されるならば、300ドル程度なら買いますね。新開発の液晶などは、現行の一般的なノートパソコンよりも高性能と言う、俄かには信じがたいような話もありますが、こんなイカシタデザインなので、欲しくなっちゃいます(^^;)

 

そんな訳で、21世紀は、いい世の中になりそうな気配が、ちょっとしてきました。

因みに、我が家はあまりいいニュースは無いです(^^;)

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29505019
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)