ネットアイドルは何故、消えたのか?

2006.08.28

 決して最近でも無いけれども、消えたネットの独自用語(?)の1つに、”ネットアイドル”があります。但し、存在自体や関連サイトも全て消えた訳では無く、検索すれば見つかりますが、猫も杓子も女性サイトは、ネットアイドルとつけていた、一時の頃と比較すれば、"ネットアイドル”と言う言葉自体が、消えたような状態です。主要な関連サイトも、Alexaのランキング外で、アクセスが極めて少ない、利用者がいない状態なのがわかります。(例外はバーチャアイドル位なもんですね) 中には、莫大なアクセス数を背景にして、ゴールデンタイムの人気のテレビ番組出演もされていたサイト運営者もいらっしゃいましたが、今も当時と同様なサイトデザインで運営していながら、(Alexaのランキング外ですので、100万位以内に入らず)一般個人サイト程度のアクセス数しか無いようです。

そこで、なぜ、ネットアイドルが消えたのか、考えつくままにあげてみました。

・ランキングサイトの弊害。

何度かご紹介しているように、ランキングサイトには不正がつきもので、自動承認、自動計数のプログラムの脆弱性を突き、上位になるのが当たり前と思っているサイトは、案外多いのです。(それを目的として設置しているランキングサイトも幾つも見てきましたし…) ネットアイドル系の場合、そのような技術を持ったアダルトサイト や、アダルト的なサイトなどが多数入って来た事で、当然のように、ネットアイドルが衰退した。

・個人サイトのアクセスアップ利用に使われた

そもそも、『ネットアイドルとはなんぞや?』と聞かれると、答えに困ります。女性の個人サイトで自己申告でネットアイドルと言えば、そうですし、男性サイトでも同様です。ですので、一般個人サイトでも、アクセスアップの為に利用された事で、ネットアイドルを探そうと言う人が減り、衰退した部分もあったのではないでしょうか。

・アダルトサイトのアクセスアップ利用に使われた

何度もご紹介しているように、人気キーワードならば、何でも使うのがアダルトサイトで、女優名や企業名、ブランド名ですら使ってましたので、ネットアイドルと言うキーワードが人気があるならば、全く関連性の無いサイトであったとしても、当然使ってました。

・プロに利用された

ネットアイドルは、それが、身近な個人の奉仕的精神があったが故に人気がありましたが、芸能プロダクションなどの事務所に所属する、プロのタレント 、或いはプロになる事を前提として参加する者が増えた事で、”あちら側の人間であるプロなら当然” などと言う厳しい見方が増え、人気が衰退した。

・ネットでも本物のアイドルが見れて、交流すらできるようになった。

ネット黎明期などは、アイドルやタレントのサイトは少なかったのですが、今は、テレビ・雑誌などのマスコミで馴染みのある人気アイドルの多くに公式サイトがあり、動画やギャラリーを設置し、掲示板やブログを持ち、ファンとコミュニケーションもしていますので、ネット独自のアイドルと言う物への興味を失せた人が増加したのではないかと考えます。

・コスプレイヤーへの変化

例えば、最近のアニメキャラ風や、メイド喫茶のメイド風などの(健全な)コスプレが、世界的にも人気で、欧米では、世界的に人気のRPGゲームのキャラクターのコスプレなどでは、本物を凌ぐほどのレベルの高い人もいて、代表的なサイトでは、爆発的な人気上昇ぶりが伺えますが、日本でも、ネットアイドルから、コスプレイヤーへとシフトした部分も多分にあるように思われます。(アダルトの侵食も一部で散見できますが、ネットアイドルほど酷くは無いのは、叩かれ慣れているオタク系文化である事で、相応の知識や技術、或いは免疫を持った人が多い事で、守られているのかも知れません。)

ネットアイドルの定義には、色々とありますが、私から言わせれば、個性的でコミュニケーション能力の高い個人が、自分のプライベート情報を切り売りし、コツコツ地道に運営を続けていた掲示板中心の個人のコミュニティーサイトなんですよね。その点が理解されないまま、アクセスアップの為に利用され過ぎ、サイト運営に疲れ果てた方も多かったのではないでしょうか。

ネットアイドルに限らず、ネットの"はやり"や"若者文化"などと考えれば、全ては”時流”なのだけれども、数年前、破竹の勢いだった、ガイアックス系の無料HPが、Alexaなどを見れば、今はウチと同じ程度な事にショックを覚えたり、TVCMの記憶もまだ残る、同じく、無料HPのカフェスタが、自宅サーバー運営の某無料HP以下だったりして、唖然としたりします。逆に、某携帯無料HPが、月間10億PVだとかの報道があったり、ガイアックス系無料HPをSNSでやっただけ程度に見える、mixiが、日本で3位となり、爆発的な勢いのまま、現在も上昇を続けています。ちょっとした、僅かな仕様の差だけなのに、天と地ほどの差になってしまうのですよね。

とりあえず、”ネットアイドル”としていますが、そもそもが、ネットの個人サイト、個人運営のサイトなら、多くのタイプがあてはまる要素は多分にあるから、書いたものですので、他山の石と言う事では無いのですよね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14654842
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)