郵政民営化法案 参院否決 衆院選挙

2005.08.08

 衆議院で反対勢力に妥協し骨抜きになり、骨抜き法案で意味が無いとして、参議院で否決された郵政民営化法案。殺されてでも通すと吠えていた小泉首相は確かに変人。しかし怒って当たり前でしょう。

選挙で小泉自民党が支持された場合、参議院で駄目と言われた郵政民営化法案の内容を改め、行政改革に極めて効果の高い法案である事が誰の目にもわかる骨格内容になったならば、日本の行政改革は一気に進む事になると思う。反対勢力に関しても下野していれば、責任も薄らぎ、支持基盤が崩れる事も無いのではないかと推測する。郵政民営化を進めれば、この選挙は避けて通れないものではなかったかと思う次第です。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

30115111
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)