Gmailなどの無料メールは携帯電話番号登録必須ではありません。

2013.10.07

 最近… と言う訳でも無いけども、ネットを徘徊しているとマスコミ系のネットサービス関連の記事を目にしてしまう事がたまにある。

以前(何年か前)は殆どの人が興味を示さなかったほどのマスコミのニュース記事を見るユーザーがSNSなどを巻き込んで爆発的に増加したので、それらの記事を参照して真に受けてしまうユーザーも多いのかもしれない。(ついでに書けば、10年ほど前はネットの芸能人サイトは閑古鳥が鳴いてるとこだらけで。某たかじんなどはテレビで嘆いてましたが、理由は、芸能人ネタやニュースはテレビで見るものだし、ネットでわざわざ見に行っても大半は面白く無かったんです。)

そんな訳で今回は無料メールアドレス(フリーメール)。某マスコミ系の記事では、最近の無料メールアドレスは、携帯電話番号登録が必須化している風なニュアンスで書かれてあった。

そんな事は無かった筈とは思ったものの、(無料,有料を問わず)ネットサービスはもちょくちょく仕様が変わるので、先月末に、丁度新規にG+ページの専用の公開用メールアカウント(メールアドレス)が必要になったので、実際にGmailのアカウント(メールアドレス)を新規に取って検証,確認したので、簡単に以下に紹介したい。

因みに私は携帯電話は持っていない。もちろんスマホも持っていない。だから、携帯電話番号登録必須のごく一部のネットサービスは使えない。けれども、Gmailのアカウントは複数取得している。

上の左はGmailの新規アカウント作成画面。右は携帯電話番号,現在のメールアドレスの入力欄の箇所。ご覧のように空欄のままで、その下の認証の文字列を入力している。(*2)

以上のように、すんなり何の問題も無く、Gmailの新しいメールアドレスを取得する事ができました。

ハイ、おなじみのGmailのログイン画面。たった今、新規に取得した状態である事がわかります。

再ログイン時に、携帯電話番号や予備のメールアドレスの入力を促す画面が出ますが、”いいえ”でスキップできます。もちろん重要なアカウントならば、予備のメールアドレスは登録しておいたほうが良いでしょう。

以上のように、Gmailは現在は携帯電話番号の登録は必須ではない。以前(確か2年ほど前)は登録必須であった事はあるが、一時期だけだった。(*1)

因みに大手だと、他にもAOLメールなども携帯電話番号や住所など詳細な個人情報などの登録不要でメールアドレスが取得できる。ZOHOメールは、他のサービスのフリーメールアドレスさえあれば取得できる。その他、無料メールアドレス(フリーメール)の一覧で紹介している、数多くの中小の国内外の無料メールサービスは、携帯電話番号登録必須の所は多分、現在もごく少数と思われる。

少し考えればわかると思うけれども、文章を読み易く印象付ける能力が長けている事と、情報に精通していると言うのは別の話で、日ごろから延々とネットサービスをチェックしながら利用している訳でも無いのならば、それは一般ユーザーとさして変わらないレベルと言う事ですから、わからなくてもおかしくは無いんですね。

*1:2011年の一時期、登録必須状態になっていたが、翌年2012年のGoogleのプライバシーポリシーの統一以降、携帯電話番号登録は必須では無くなったように思われます。

*2:大量の不正アカウント取得対策の為に、アカウントの確認の画面が現れ、機械的な取得では無い事を確認する為に携帯電話番号の入力を促す場合が稀にある模様です。その場合は、取得希望のアカウント名を別のスパム的な文字列では無い物に変更する、IPを(ルーターなどで)更新する、スマホやタブレットなどからアカウントを取得するなどにすればうまくいく模様です。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

15492327
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)