来年のアクセスアップを、少し考えて見る。

2006.11.18

 今夜こそは、相互リンク集の一部サイトの2重表示現象のバグ出しでもしようかと思って、データをローカルサーバーに転送して、あれこれと準備をし終わった後で、単に2重表示が、旧データベースからの移行チェックが甘かった事による、2重登録による物だった事がわかって、肩透かし。(1つを削除すれば済むだけの事…) で、暫くこちらで駄文を垂れ流してみようかと。(いや、本当は例によって、目の前の山積事項からの現実逃避なのです(^^;)

 Adsenseの具合(英語・中国語広告の出現&Adv on site内のカウント数など)がおかしいなと思ったら、Googleの検索結果のほうも何やら少しおかしい。 たまたま同時期に起きた”更新”や”変更”では無いような感触もするが、よくはわからない。一部の検索ワードでは、”日本語のみ”にマークをしても、海外サイトがヒットする現象も確認しているので、障害かも知れない。ともかく、暫くは静観するしかないだろう。

ところで、相互リンク集。最近は、SEO目的で大量に登録しまくるサイトが増えているけれども、無闇やたらと不自然な形で増加した相互リンクは、相互リンクとしてみなされず、最悪は検索エンジンスパムとして除外される傾向が徐々に強くなってきているような印象を受ける。 製作代行、宣伝代行業者に依頼されているような企業や、実効的なSEO効果も無い、相互リンク集との相互リンクをする、要は昔の、『アクセスアップするのは、アクセスアップサイトだけ』のアクセスアップ・宣伝サイトが名前を変えただけのような、SEO相互リンクへ大量に登録しているサイトは要注意したほうがいいようだ。もちろん、お金を出せば掲載して貰えるようなディレクトリーサービスも例外では無いような印象を受けている。

そもそも、大量の相互リンクをするようなサイトは、サイト紹介が好きなサイト管理者がいなければ、始まらない。ウチなどが、相互リンクを大量にして、管理をしているのも、メインの延長でできるし、メインと同様な趣旨に近い位置なのだから、特に不自然では無い。 しかし、一般の商用サイトが、そこだけ浮いた存在のような相互リンク集を、降って沸いたかのごとく、ポイと置いたところで、誰も利用する事は無い。この場合の”利用”は、コメント文をちゃんと読んだ上でリンクをクリックして、コメント文とリンク先サイトの一致を確認して訪問する利用者の事だ。そう言う意味では、ランキングなどで良く使われる騙しリンクも同様に解釈されるだろう。誰も利用する事の無い相互リンク集なら、無効なリンクとして解釈されて当たり前だろう。 『まるで、誰かがくまなく見てきたかのような検索結果を吐き出す事すらある、Google』ならば、どれが無効かの判定を行使しようと思えばできなくは無いだろう。(このような場末のサイトの管理者でも、無効な相互リンクのチェックプログラム程度は楽に導入できるのだから。)

既に夏頃に、相互リンクはそろそろ終わるとしていますが、確かに、そのような動きが確認できるようになってきています。概ね、多くの事がそうであるように、物事は良い事に利用されれば広まるし、悪用されると急速に終焉を迎えます。もしかしたら、検索エンジンは、”善”・”悪”の判断すらもできるようになるかも知れませんが…

ネットでは、今の常識は、明日の非常識に繋がりますので、どのような事が起きても、それが普通なんですよね。 黎明期なぞは、インターネットを始めて、安全に安心して利用する為に、一番最初にする事として推奨されていたのは、メル友でしたよね。メル友掲示板を設置しているサイトは、インターネットの発展に貢献しているとして、評価されていたと記憶しています。(本質的には、私は、今も、健全なメル友を作る事が、インターネットを健全に利用する近道である事は変わりないと考えています。) 逆に、ネットのショッピングサイト、販売系サイトは危険だから、利用してはならないと言うのが一般的でしたよね。今とは、天と地ほどの差があるでしょ。あれから、まだ10年も経って無いんですよね。

来年の事を言えば鬼が何とかとかは言いますが、概ね、無料⇒お得⇒健全・安全… と言う流れがあったと思いますが、来年をボンクラ頭で”妄想”するに、”社会貢献”や”公益性”が重視され、特定のサイト、企業、団体、個人の利益偏重のサイトが衰退していくのではないでしょうか。 アクセスアップも同様な方向になると考えれば、原点に戻って、アクセスアップさせてあげる事(アクセスのアシスト)ができるサイトがアクセスアップできる傾向が、強く出てくるのではないでしょうか。これは、相互リンクを含めた、リンクを貼ったサイトやブログの”役目”であり、(検索エンジンでは表現し切れないほどの情報の提供ができる)それ故の評価の上位掲載ですから、それが出来ないと幾らリンクを貼ったところで無意味になってくるように思います。

去年も、丁度、同じ日に、今年の事を少し予想していたりしますが、まぁ、(色々な規制や障壁もあってでしょうが)予想していたほどに、国内から利用できる無料サービスの増加も目立って無いので、”微妙”な結果ですね。

まぁ、来年の事に関しては、誰も知りえない事を書く故の冗文と言う事で…(^^;)

デルがまた激安ノートパソコン。今度はデフォルトで、ワンセグ フル機能搭載チューナーカード付きで、Core2Duoノートが、オンラインクーポン利用で9万円台。仕様概要は以下の通りで11/20迄受付。対象は個人限定。

・CPU:インテル Core2Duo T5500(1.66GHz)
・OS:Windows(R) XP Home
・MEM:512MB メモリ
・HDD:80GB HDD
・DRV:DVD+/-RWドライブ
・CARD:MonsterTV1D E×pressカード(ワンセグ)SK-MTV1DE
・液晶:15.4インチWXGA

その他は、激安ノートパソコン一覧を。ともかく、粘って待ってた方には、間違い無く朗報でしょう。今年1年頑張ったあなたにクリスマスプレゼントみたいな感じでしょうか。粘らずに早々にTurion64ノートを買った私は、指をくわえてみてるだけですが…(^^;) いえ、不満は無いのですが…(^^;)
 

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14759163
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)