女性にモテる方法

2006.08.06

  あぁ、イカガワシイ商品を販売したり、『本編を読むなら、○○○○円払え』みたいなサイトじゃないので、ご安心をば。と言うか、そんな値打ちのある文書じゃないです(笑) でも、そんなに胡散臭い文書でも無いし、少し長くなるかも知れません。その前に、 そもそも、こんなネタを書く理由は、前から書いてるように、”少子化対策”ですので、その辺りから…

少子化対策については、2005年から、ここ(編集室)で、ちょこちょこ書いてて、最終的には移民推進が必要なほど深刻だが 、まずは、非婚者を減らす事が急務だと考え、日本国民として、ボンクラ頭ながら、真面目に考えているテーマですが、先の日記でも紹介した、内閣府・少子化対策ホームページでの、平成17年度 少子化社会に関する国際意識調査 報告書での、結婚について・出産について の調査結果の概要からも ”少子化問題の最大原因は、既婚夫婦の出産・育児などの環境よりも、男女の非婚化、晩婚化にあり、非婚化の最大の原因は出会いが無い事であって、即ち、少子化対策は男女の出会い対策である事が明瞭になってきた”訳で、今までも何度か紹介しているように、行政も出会いの支援などの方向で動いています。

少子化対策はつまりは、出会い対策なのですが、その関連で徘徊していて、ふと気になった事が2点。

・40歳以上の男性の10人に1人が童貞 

この調査結果は、社団法人 日本家族計画協会 調査による物で信頼に値する。

・過去20年間で30歳男性の未婚率が倍になり、30歳女性の未婚率は3倍になっている。

ネット上にあった10年前の国勢調査結果に基づき計算してみた。現在は更に増えているのではないかと推測する。

少子化対策の為の出会い対策は、行政や公的機関、大手ポータルなどの動きを見ながら、ウチとしては、リンク集としての、旗振り役になれるかどうか見極めながらやって行くとして、さて、出会いの機会があるのに、出会いの機会を生かせて無い男性諸氏に、もしかしたら、ヒントになるかも知れないと思ったので、 とりあえず、書いて見る事にする。暇つぶし程度にコーヒーでも飲みながら、読んで貰えればと思う。

女性にモテる方法

先に断っておきますが、女性を口説くテクニックとか、色恋上手になる方法ではありません。恋愛指南やナンパのススメなどでもありません。私は恋愛の達人などの部類ではありません。(浮気、不倫などももっての他、奥様一途な小市民の男性です。) しかし、ヘンな業界に属していたり、特異な状況ばかりを見ているような、普通の人の感覚を持ってないような人では無いので、普通の事が素直にわかる人の一人であろうと思います。

もし、本気で将来を共にしたいような女性を求めている男性で、過去、恋愛までに至らずに、ことごとく失敗をしてきているのならば、もしかしたら、大いに参考になる点があるかも知れません。(遊ぶだけの女性を求めているような野郎ならば、とっとと、去ってくれ。参考にしたら、別れが修羅場になるかもしれんぞ。)

真面目に女性にモテたいと思ってる男性で、一般のごく普通の女性から見て、モテないのがおかしいほどなのに、恋愛に至らずに失敗しているのではないかと思われる、最初にして最大のポイントは、

『最初から彼氏になろうと言う意識が強すぎるのではないか?』 と言う点です。

多くの場合、女性のほうが異性を見る場合の直観力は優れていますので、相手がちゃんとした大人の女性ならば、男性の本音なんて、手に取るようにわかってしまいます。丁度、その時に、彼氏が欲しくて、交際相手を探しているような女性ならばいいですが、まだまだ、日本女性は、マスメディアなどで言われるほどに開放的ではありません。恋愛慣れしてないような男性が、イキナリ彼氏になろうとしても、失敗するのではないでしょうか。

では、俗に言う、マメ男になればいいかと言えば、そうとも限りません。

『いい人、いいお友達で、都合の良いだけの男にはなっていませんか?』

これは、男の立場から見て、女を都合よく利用する男を見ればわかるでしょう。その逆です。利用するのが目的で恋愛が目的では無いのですから、恋愛関係には 、なかなかなれません。もっとも、離れられないほどに、依存度が強くなり過ぎるような関係になれば話は別でしょうけど、そこまでの甲斐性や器量 や、粘り強く続ける辛抱に耐えられる根性が必要でしょうから、なかなか難しいかも知れません。

都合のいい男までに至らずとも、そもそも、多くの場合、一度、”いいお友達”と言うレッテルを女性から貼られたら、それ以上の間柄にはなれないと言うのが、一般的ではないかと思われます。

そこで、私のアドバイスになるのですが。

『まず、彼女が信頼を置く、彼氏では無い身近な男性としてアプローチしてみてはどうだろうか?』

と言う点です。女性の扱いに慣れていない、恋愛慣れしていない男性が、いきなり彼氏になろうとしても、相手の女性の器量、寛容さが無くては、そうは上手くいくものでは無いでしょう。しかし、彼氏では無い男性ならば、なれる可能性は高くなります。

例えば、大きな包容力で、困った時には頼りがいのある、父親や上司であったり

例えば、自分の進む道を正し、指導してくれる、先生や先輩であったり

例えば、気持ちを見抜き、助けてくれる、守ってくれる、兄であったり。

例えば、母性を軽くくすぐり、可愛く、従順に思える、弟であったり。

要は、恋愛の最終ゴールとしての結婚の、さらに向こう側にある、家族などとして、同居できる資質の部分で、アプローチできるのであれば、そうしてはどうだろうかと言い換える事もできるでしょう。

相手の女性が求めている、彼氏以外の男性になると言う事ですから、一見すれば、”マメ男”のようにも思えるかも知れませんが、男女の恋愛的な面以外での、”男としての意見をきちんと言う”立場になるので、都合のいいだけで、なんでもYesマンのマメ男ではないし、きちんと”一人の男性”として見られる環境ができています。もちろん、そのような”お膳立て”や”演出”は、自分自身が日ごろから努力して、人から好かれる魅力ある人間になるしかありません。演技では見抜かれますし、いずれボロが出ます 。

そもそも、恋愛上手な男性ならば、こんな文書は読む必要は無いでしょうから、恋愛の縁の無い人が読むものとして書いています。縁の無い男性ならば、結婚願望も自然と強くなるでしょう。だったら、最初から、彼氏ではなく、結婚相手として、家族として適切な存在であるかをアピールする事のほうが遥かに効率が良く、次の彼氏へのステップへと進んでも、恋愛慣れしてなくても交際が上手くいかなくても、簡単に彼女が別れを切り出すような事は無いのではないでしょうか。特に、相手の彼女が、真面目な日本女性であればなおの事です。

当然、遊び人の女性や、逆に、恋愛や結婚願望が全く無い女性、或いは打算的な女性や、相性が悪い女性などには効果は無いと思いますので、このような点で努力してもハナから無駄でしょう。

大人の恋愛って、そんな特別な事でもありません。まだ、オチンチンが小指の先ほどだった頃、幼稚園の時、最初に好きになった女の子に抱いた感情も、そして、最後に好きになった女性である、今の奥様とお付き合いを始める前に抱いた感情も、程度の差はありますが、振り返ってみれば、似たようなもんです。

恋愛にまで発展するかどうかは別として、一期一会で、なにごとも、ご縁を大切にしていく事で、ご縁のある人とは仲良くなれますし、その人が本当に自分に深い縁のある人になるかどうかは、自分が教えてくれるもんです。恋愛テクニックや、攻略みたいな、或いは恋愛シミュレーションゲームのような、頭で考えてするもんじゃなく、気持ちでわかるようになるもんなんですよね。

恋愛は、焦ったところでどうしようもありません。ご縁のある相手がいて、はじめて始まるものです。

今がその時期ならば、もう一度、奮起して、努力してみて下さい。
自分のほうから、ご縁を引き寄せる事もできる筈です。
でも、今が、 そうでは無いなら、堅実に時期が来るまで待つのも良いでしょう。

しかし、あなたの、その人生は一度きりです。

恋愛は、最初から、人生の伴侶となるべき人と巡り合えるようなものではないでしょう。
何度も失敗を繰り返し、苦い経験を経る事で、本当に最良と言える人と巡り合える事ができるのが、恋愛ではないでしょうか。

自分はモテないとか、縁が無いと思いこんで悩む時期もあるかも知れません。

人生でつまづき、何もかも駄目で、希望を無くし、前を見て進めなくなる時期もあるでしょう。しかし、人生には波があります。ずっと、そのような状態のままでは無い筈です。自分の運気などを見定めて生かすのも良いでしょう。当たるかどうかは別としても、少なくとも、行動を起こすきっかけにはなります。

・真実の愛は幽霊のようなものだ。

これは、『誰もがそれについて話をするがそれを見た人はほとんどいない』 と言う意味のラ・ロシュフコーの有名な名言だ。恋愛は、目に見えず、実体がわからない物だが、実は、どこにでもあるような、誰もが知ってる、ありふれたものなのだ。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

15190151
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)