北朝鮮、ミサイル発射しましたが…

2006.07.05

  案の定、国内TVよりも、CNNのほうが情報が早かったりしますが。CNNによれば、現時点で、計6発で、2発がスカッドらしい。残り4発がテポドンの可能性がある模様です。 (国内では、遅れて数十分後の報道で、5発となってます。CNNのフライングの可能性も否定できませんが…) テポドン2が日本海に落ちた理由が、本当に失敗(によるもの)なのか、どうなのか、未だ情報不足なので、少し気になるところですが、国内TVを見た感想としては、安倍官房長官が、急に老けて見えたのと、小泉総理がかなり険しい表情だったのが気になります。(米国と の早朝のホットラインで、どんな、やりとりがあったのか… などと勝手に想像したりしてますが)

発射自体は予想されていた事ですが、CNN情報が正しければ6発、国内でも5発(因みに、韓国の情報筋では、10発と言う物もあるらしい)と言うのは、私も予想して無かったので、少し驚きました。また、ミサイル発射に先立って、横田夫妻の長女、めぐみさんの件でも、”遺骨は混ざった可能性がある”として、夫の金英男氏が述べたと、朝鮮日報が報じていますので、果たして、7月4日の独立記念日にあわせ、 スペースシャトル打ち上げへの対抗として、ターゲットを米国としたテポドンであると言う解釈のみで、正しいとも限らないのではないかと言う感想です。(同時に韓国の調査船と警備艦が竹島、EEZへ入って来ていますので、要は、日本は、かなり、なめられてると言う事かも知れませんね。)

仮に、本件が、急激に進展が無いとして、今月一杯は、世論の動向が気になりますね。石原都知事なども以前から述べられていますが、(テポドンは、制御できないミサイルと言う見解が一般的であり、狙わなくとも、どこに落ちるかわかりませんので)もし、1発でも、国内の都市部に着弾し、相応の被害が起きれば、日本人のマインドは一気に変わって、戦争も辞さず、と言う方向へ世論が動くでしょう。(現状では、中国が動かなければ、日米安保のみで十分に対応できる筈なので、冷静に見守れる日本人が多ければいいのですが、想像力の欠如が故に、起きた時の衝撃による、衝動的な世論の動きが、マイナス面に働くとも限りません。そりゃ、勝てば官軍ですが、(アジアでの軍事力2位を誇る日本なのだから)勝てるのだから、戦争したっていいって言う発想に、繋がって行くのは危険ですね。)

明後日、7月7日は、朝生がありますが、テーマが変わるか、大きくこの問題に踏み込んで、議論されるのでは無かろうかなと思ったりします。

追記:実験なのかと思ってたら、弾頭が入ってた可能性があるようで、佐渡島の空が赤く染まったらしい。(これは、テレビなどでは報道されないかも知れませんね。ニュースサイトの更新も、やや遅い感じですから、”取捨選択のお伺い”の必要性があるのかも知れませんね。果たして、弾頭が入っていたとしても、失敗で、爆発するのか、どうなのか… 闇夜が赤く染まったと言う事は、さて… ともかく、円安(=ドル高 円以外に対してもドルの独歩高)が進んでますので、戦闘状態になる可能性有りと、国際市場は見ていると解釈して良いのでしょうね。あと、金も上がってるし、もし、緊張が長期化すれば、インフレ不安懸念が頭をもたげてきそうな予感すら…)

追記2:今日は、ウチ(サイト)のアクセスもかなり落ちてます。皆さん、TVかニュースサイト巡りなのでしょうね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

15492319
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)