ミニノートPC C101紹介 No3 〜 スタンバイから勝手に復帰の対策

2009.01.29

 ミニノートパソコン、C101(C101W4)紹介の第3回目です。今回は不具合対策について。

C101がスタンバイ状態から勝手に復帰する対策

 C101を使いはじめて3日間程度の間に、個人的に感じた不具合は幾つかあるが、これが最も大きな物になるだろうか。と言っても、いずれも大した物でも無いのだけれども…

 Skype辺りが影響したのかも知れないが、色々とインストールした影響があって、AC電源接続時にスタンバイ状態から、数分後に勝手に復帰する状態になってしまった。
最も有効性の高い常套手段である、デバイスマネージャー経由でネットワークアダプタで内蔵のVIA製LANアダプタの設定を変更するも変化無し。そもそも”スタンバイ状態を解除する”はC101では変更出来なくなっているので、詳細設定などを見るも、らしき物は見当たらず。再起動しBIOSを再確認するも、Wake on Lanに該当する物は無し。(無線)LAN関連から対策する事は諦める事にした。

イベントビューアで復帰状態開始前後を見ると、WIA(Windows Imaging Acquisition)が実行状態に移っている。もしかしたら外部からウェブカメラ操作を目的とした何らかのアクセスがあるのかもと思い、コンポーネントサービスでWIAなど該当する物を幾つか停止させる。が、甲斐無く同様にスタンバイから復帰してしまう。

と言う事は、スタンバイ⇒休止状態へのプロセスが影響していると思われる。シンプル且つオーソドックスな解釈だ。対症療法として、システム休止状態を無効にするのは面倒なので、電源オプションのプロパティで、システム休止状態を”なし”とし、AC電源利用時は、スタンバイ状態から休止状態へ移らないようにする事にした。

案の定、これでC101がスタンバイ状態から自動的に復帰する事は無くなった。尚、消費電力の項でも紹介したように、C101のスタンバイ時(省電力時)の消費電力は1W未満となっているので、少し前の家電製品の待機電力程度なので、殆ど気にしなくてもいいだろう。

もちろん、消費電力の項で既述の通り、もし1ヶ月つけっぱなしでも200円ちょいなので、電気代がどうのと言う心配は、C101のような低消費電力型パソコンには本来は必要無い話だ。パソコンが勝手に復帰状態になるのは、精神衛生上良い事では無く、”これで気持ち悪さが解消される”と言う、単純な意味合いでしかない。故に、原因がわかってしまえば、勝手にスタンバイ状態から復帰しようが別に構わない。

 このような現象は、C101に限って起こりうるものとは思われず、C101のようなミニノートパソコン(ネットブック)や一般的なノートパソコンでも、同様な現象が出た場合は、もしかすれば本文を参考にする事で改善されるかも知れない。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

28942820
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)