ECS AMD690GM-M2  Vista CentOS5 デュアルブート概要紹介

2007.08.18

 またまた、そんな訳で前回の続き。徘徊すると失敗又は挫折している人が多く、まだネットには成功例の紹介記事が無い模様(?)なので、今回は多少ちゃんと書く事にする。 インストールしたのは、CentOS5 32bit版。

ハードウェア構成紹介
・M/B:ECS AMD690GM-M2(AMD 690G+SB600)
・CPU:Athlon64X2 4000+ BOX TDP65W
・CPUファン:Scythe SCMNJ-1000(忍者mini)
・MEM:DDR2 SDRAM PC2-5300 DDR2-667 1GBx2(サムソンチップ)
・HDD:WD 160GB
・DRV:DVD-ROM(メーカー&型番忘れた)
・電源:400W 静音12cmファンタイプ(メーカー&型番忘れた)

以下、 手順では無く、こちらがやった事を順番に、ざっと書いておきます。

1:ディスク(HDD)のパーティション設定
 Vistaインストール時にもパーティションの設定ができますが、デュアルブートを考慮して無かった人でも、インストール後に、パーティションの再設定が可能。 (PartitionMagicなどは別途必要無い)

  スタートメニュー⇒コンピューターの管理⇒ディスクの管理⇒ボリュームの圧縮を実行。

数値はデフォルトのままでOK(多分) これで”未使用の領域”が確保され、Linux(CentOS)がインストールできる。

2:BIOS設定変更。
"High Precision Event Timer"(高精度イベント タイマ)の項目をOFF(*1)にする。
この項目がONのままだと、インストールが中断されます。acpi=off や linux rescueなどなどで回避してインストールを試みても、キーボードを受け付けないなどの現象に見舞われます。

3:インストール、CentOS5 login後テキストモードになる。
普通にCentOS5をインストール。デュアルブートはGRUBを使うので何も考えなくていい。インストール・設定完了、再々起動、Vistaも正常に立ち上がる事を確認し、CentOSを通常通り起動。が、login画面がテキストモード xでは無い。startxなど実行しても既に実行中とのメッセージ。/etc/X11/xorg.conf 辺りを修正しようかと思ったけど、この経験は無いのでひとまずパス。

4:CentOS5再インストール。
Server GUIなどにマークを入れ、再インストール。(この作業は不要でしょう。設定を変えたかったってのが大きいと思います)

5:BIOS設定変更
BIOSメニューで"CRT Only"に変更。めでたくログイン。但し解像度が、1920x1440と言う、21型のハイレゾモニタークラスの設定になっている。因みに、使ったのは4〜5年前に購入したAcerの特価CRTで仕様上は1024x768迄しか設定できない事になっているんですが…(^^; rootでログイン後、環境設定完了。画面も正常。消費電力はアイドル時で51W(*2)を確認。CnQ効いてますね。因みに、前回の自作サーバー(CPU:Athlon64 3800+ 45W版 M/B:BIOSTAR TA690G AM2)では、ドライブやファンの構成が違いますが、アイドル時が65Wでしたので、こちらのマシンのほうが優秀ですね。

6:内蔵NICが認識しない⇒ドライバインストール
BIOSTAR TA690G AM2の時と同様ですが、ECS公式によると Realtek RTL8110SC との事なので、探すと正式にRealtekにソースがあったので、拾ってきました。Linux driver for kernel 2.6.x をノートでダウンロード。Google製(?)USBメモリーで持っていってmake。(GigabitなLANボードも安いですが、折角オンボードであるので、使ったほうがいいですね。)

make clean modules
make install
depmod -a

楽チン♪。 再起動。NIC認識を確認。因みにYoutube動画再生時の消費電力は58Wです。

概ね 以上、やっぱりテキトーですけど(^^;) 動くように作られてるモノなので、動くんですよ。(動作報告の実例紹介があって)動くって分かってれば、精神的にもそんなにタイヘンな事は無いと思いますから興味のある若者ならばトライあるのみです。(いや、中高齢なご同輩もトライしてくださいまし(^^;)

まぁ、動かないようになってるモノを動かす労力からすれば、屁でもありません(笑)

無料ソフト 無料のOS(ディストリビューション)の参考に。
激安パソコン・格安パソコン 特価パーツ探しの参考にどうぞ。

PS

今日は、koossのアップ完了後、涼しくなってから家族で部屋の片付けです。墓参りは明日の予定。気になるのはペルーの地震ですね。情報がまだ錯綜気味ですが、被害甚大な模様ですから…

*1:通称HPET ハードウェアによる高精度タイマー。OFFにすると多少時間が遅れるかも知れない。
*2:消費電力測定はワットチェッカーを利用。CRTモニターなどの消費電力は含まず。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29378877
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)