川内康範氏、本気で怒る。

2007.03.06

 編集室で、前回、川内康範氏のおふくろさんの事を書いた理由は、川内康範氏を肯定するような(テレビや芸能誌のような芸能界に深い繋がりが無く、遠慮なく書ける)マスコミ系の記事ですらも、著作権云々ばかりが目立ったからです。もちろん、私も、最初は法的な内容を確認した後は、マスコミ紙が書いているかのやうな事も認識しましたが、では、この歌は、利己的な考えを持つ人物によって、果たして作られたものであるのか? 或いは、法を盾にしてモノを言う度量の低いような人物の作品か? と言う部分で、大いに違和感を感じた故ってのもあるのです。(法律のオハナシがテレビで流れたのは、森進一の側に立ったものであり、川内康範氏の事情を説明した物では無いのですよね。”あるある”の件しかりで、いかにものスペシャリスト の肩書きでモノを言えば… 以下略)

さて、既に、森進一には、JASRACに川内氏の歌は一切歌わせないように差し止めているようですが、他方、ZAKZAK独占手記と言う事で、昨日、川内康範氏が述べてられますね。

「おふくろさん」は、より、広い愛の歌である事。高い志を持てとする歌である事。その歌の心がわからないから、歌わせないと言う事なのですよね。

これは、そのような、川内康範氏の心が掴めなかったマスコミにも対してであり、揶揄する日本人にも対して述べられているように思います。

私には、川内康範氏は、この件を通じて、今の日本に問いただしているかのように見えます。

もはや、日本の文化とすら言われる、現在の日本のヒーロー特撮物の、草分け的な原点的作品である、月光仮面の作者でもある川内康範氏は、”リアル月光仮面”として、或いは、本当の優しさ が何かを知っている古き良き時代の日本人として、最後の花道を設けているのではないでしょうか。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29382850
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)