熱い熱い高校野球

2006.08.09

nanamiです。

普段プロ野球には殆ど興味の無い私ですが、夏の甲子園、高校野球は毎年観ています。
今日、夕方から始まった試合の八重山商工(沖縄)対千葉経大付(千葉)の試合を観ていました。


千葉が最初に4点リードで前半を終えた後、5回に沖縄が3点を返し、さらに7回表で同点に。
8回の裏で、千葉が2点を追加し、これは千葉の勝ちかなと思ってたら9回表で沖縄が2点追加で同点に。
点を取られては同点に。同点になれば点を取り、どちらのチームもまさに根性と言った感じで
観てる私はドキドキハラハラしながら観ていました(^^;


夜になりすっかり暗くなった甲子園球場で延長戦に突入。
延長10回に3点を勝ち越し結果八重山商工が勝ちましたが、
相手千葉も最後まで粘って粘って、観てる私は手が痛くなるまで拍手してました。

不利な状況から流れを変えて最後まで諦めなかった日本最南端の出場校、八重山商工。
途中1年生ピッチャーに交代しながらも、冷静なピッチングを見せてプレッシャーに負けず良く投げた千葉経大付属高校。
どちらのチームも本当に素晴らしくWBCの時の野球を思い出し同じぐらい感動しました。


試合後の負けたチームの悔し涙。強く印象に残ったのが冷静な顔をしていた一年生ピッチャーが涙してる姿。
試合が終わり両選手同士が握手する場面で、勝った八重山の選手が相手に対して尊敬を表してるかのように肩をポンポンとたたきながら声をかけていた姿。
何とも言えない気持ちになり思わず涙が止まらなかったです。
でも、本当にどちらもよく頑張った!とテレビにむかって拍手をしていたのは私だけでは無いと思います。
こんなに見所満載の試合は久しぶりかもしれません。素晴らしいの一言でした。


勝ち負けも大事かもしれませんが、それよりも内容のいい試合。高校生らしい爽やかな試合。
最後の最後まで諦めないチームプレー。

スポーツってそういう部分が伝わるので、素直にじーんと人の心に響くんですよね。


最近、試合も観てませんし興味も無いのですが、ネットを徘徊しているとやたら騒がれて目に入ってしまう同じスポーツであろう某ボクサーの話題。
少々うんざりしていた部分もあり、評論家のように詳しい事までは分かりませんし全然違うものと言われればそれまでですが一視聴者として今日の高校野球は純粋にスポーツというものを楽しめた時間でした。

高校生が熱く頑張ってる。私も熱く頑張らなくては。とストレートに心に響く試合でした。

単純なだけかもしれませんが(^^;
 

無料サイト集 Kooss (nanami)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29440551
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)