無料出会い系サイト紹介を増やそうかと思ってます

2006.07.23

 なんて書いたら、早速、子供の安全に神経を使ってられる保護者の方などをはじめ、いろんな方に誤解されそうですけど、要は、こちらが目的で、行政も頑張ってるようなので、 弱小小市民としても、サイト紹介程度だけでも、 時間が許せば、もっと真面目にやろうかなと思ってます。もちろん、完全無料系中心で、安全なサイトです。

猪口邦子少子化担当相も、「政府がお見合いパーティー」をすべきのような前代未聞の大胆な案を出し、既に、地方自治体の一部では、無料合コンのような物も開始されてて、好評なようです。また、 政府・与党のみならず、野党でも、以前見た国会中継で、民主党の管直人副代表が、『昔のような、独身男女の世話人になるお年寄りを増やす為に、一定の成果のあった人にはメダルをあげる位の…』と言った趣旨の事を述べてました。(常識でしか物を見ない有権者 から信頼を損ねるリスクがあるのに、管さんのこの発言は偉いですよ。)

気がかりなのは、これをビジネスチャンスにして、一儲けしちゃいそうな企業が、ちらほらと出てきてることですね。国や自治体は、あまり多くの予算を組まずに、企業の宣伝にも利用される事も無くやって欲しいですね。 (色々な意味で)敷居が高くなると、一般の利用者はそんなには増えませんから、メール(システム)と掲示板だけのとっつき易いシンプルな基本形でいいですね。迷惑メールなども、 (無料の)Gmail程度のスパム対策が自動でできる物があればいいのですから、何も問題では無いでしょう。 ネットはお金をかけさえすれば成功するような世界では無い事は、私なんぞが書かずとも… あと、例えば、大人気のmixiのような物でも、繋がりは増えますが、管理社会的な形式では、”建前”ばかりの習慣がついて難しいような気もします。

ネット上での健全な男女の出会いの促進・支援は、 以前にも書いたように、出会い系サイト規制法案を、アダルトに限定して、(問題なのはアダルトサイトなのですから)アダルトサイト規制の強化(それに、今のアダルトサイトは、Domestic Violence推進サイトになってきつつある事や、”エロ”だとすれば、何でも許されるがごとく、個人ブログでも増殖してますので、厳しく規制してしかるべしです。)をするだけで 、アダルト運営の出会い系サイトやスパムメールが大幅に減るなどで、随分と健全化し、コミュニティー系サイト以外でも、一般の掲示板や、ブログなどにも、メールアドレスを残す人は増えるでしょう。実際の出会いや、恋愛・結婚までに進展するかどうか別としても、普通に、仕事などで多忙な結婚適齢期の男女でも、 気軽なメール交換を通じて知り合える機会は増えるでしょう。

行政が、少し、音頭さえ取れば、ネットの有志も、何らかの形で協力してくれる筈ですよ。

世の中の役に立ちたいと思ってる人は、まだまだ多いです。でも、そんな善意すらも利用する業者がいるのもネットなんですが…

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

28684106
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)