w=(笑)は正確では無い。

2013.12.17

 先日、三省堂国語辞典第七版に概ねネット用語の”w”が登録された事が、三省堂のTwitterアカウントによって告知され話題になった。国語辞典に”w”が載ったのは初めての事だそうな。
ただ、その意味が、(インターネット上の俗語)で”(あざ)笑うことをあらわす文字。”とされているのに、ネット上の反応を眺めると違和感を感じた者もいたようだが、そこは三省堂だけあって適切に掲載されたと関心した。

実は、もう何年も気にしながら、まだ誰かが書ているのを見た事がないので簡単に書いておこうと思う。wの原点を(笑)とするのは正確では無い。

よく、(笑)→笑→藁→わら→w→草生える→草不可避 と言う流れで紹介されているけれども、笑→藁 と直接的になったようには、私は理解していない。

私の経験からすると、”藁”が流行った経緯を思い起こせば、2chで煽りあって罵声をあびせ言い争いあった者や、或いは何かに恨みを持つ者が、藁人形(や藁人形を打ち付けているなど)に類するAA(アスキーアート)や”藁藁藁藁藁藁藁藁藁…”の連続文字列を大量に延々と 掲示板に張っていた事が印象に残っている。

これは、言わば呪いを込めて「お前氏ねや」と言う意味合いに近いもので、それがライトに簡略化されて、クールに嘲笑レベルになって広まったのが(藁)や(ワラじゃなかったかと解釈している。(言うまでも無く、更に簡略化されワンキーで済ますようになったのがwになる)

当時のそういう類のスレッドの”名残”が今もネット上にそのままの形で残ってるのは少ないとは思うが、気になる人は、例えば”氏ね””藁藁藁藁”などのキーワードでGoogleなどで検索してよく眺めて貰うと、2つのキーワードが比較的近い位置で出現する事がわかるかなと思う。

現在のネットでは、普通にwを(笑)の代わりに使うように一般化し違和感や反感(喧嘩売られたなどと思う)を持つ人は滅多にいないでしょうが、他方、ページタイトルにwを入れると若い中高生などが多く釣れると言う事からか、近年はアダルトサイトなどでもwを含めたネットスラングを多用するケースをちらほら見かける事があります。

当時、2chなどを頻繁に利用していた者が、果たして藁やwを見てどのように思ったかどう理解したか、また、こう言った用語の変化を含むネットの変遷をどの程度受け入れているか、それと記憶の薄れ具合などにもよるとは思うが、あまりフレンドリーでは無い目上の人に親愛の情を込め、(笑)のつもりで、不用意にwを羅列しメールやメモ,手紙,或いは年賀状などは送るべきではないと言う事は、頭の片隅にでも入れておいたほうが賢明だろう。

追記:2013/12/30
wが嘲笑の意味合いをも指す事が広まったからか、その後、不特定多数の参加者が多いSNSなどでは、wを使っている人を見かける機会が減ったような印象があります。少なくとも、wを使って場の空気が変わったと感じた場合は以降はその場での利用は避けるのが賢明でしょう。
wが使えないと表現し難いので困ってると言う方は、(^_^),(^^),(´∀`):-) などの心情のバリエーション豊富な顔文字を辞書登録しておくなどが良いかと思われます。
余談ですが、この"w","(藁)"の成り立ち同様に、ネットで近年流行している物のそもそもの由来や成り立ちには、多分、今回のwと比較できないほどに(知らない人だと)仰天すると思われる物がありますが、こちらももし機会があれば。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14524123
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)