被災者が取得し易いフリーメールアドレス(無料ウェブメール)

2011.03.18

 無料ネットサービスなどのインターネットの無料サイトを利用する場合、最低でもメールアドレスの登録が必要になりますが、今回の東日本大震災などの被害によって自宅のPCやネット環境が破壊され今まで使っていたメールアドレスのアカウントやパスワードがわからなくなってしまった場合、避難所や避難した場所でネット環境が回復した際に、新たに無料メールアドレス(フリーメールアドレス) を取得する必要があります。

 しかし、ここ何年かの傾向として、新規メールアドレス取得の際に、既取得の別のメールアドレスを連絡先メールアドレスとして登録する必要がある(Gooメールなど)、或いは連絡先携帯電話番号を登録する必要がある(Gmailなど)などの条件のある物が増えています。
これでは、全くメールアドレスを持たず自分の携帯電話も所有してない(使える環境に無いを含む)者は、フリーメールアドレスの取得はできません。

そこで、このページでは、そのような個人情報の登録不要で、ブラウザを利用してメールの送受信ができるメールアドレスが取得できるフリーメール(無料Webメール)のサービスの中から、比較的楽に取得できる物を簡単に紹介します。
※2011/03/18現在の物。実際に当方で新規アカウント取得を確認しています。

AOL
AOL提供の高機能なフリーメールです。

Yahoo!メール
Yahoo Japan提供高機能なフリーメールです。

Windows Live Hotmail
Microsoft提供の高機能なフリーメールです。

infoseekメール
楽天提供の高機能なフリーメールです。

Exciteメール
古いタイプのウェブメールです。

ZZN Kobej Mail
古いタイプのウェブメール。概ね捨てアド感覚に近い。
但し取得し易いので、このアカウントを利用して連絡先メールアドレスの登録が必要な、GooメールやZohoメールなどを取得できる。

メールアドレスを取得する事で、無料HP無料ブログなどのアカウントを取得でき、ネットを通じて広く全国への被災地の情報発信、或いは被災者同士の情報共有に参加する機会が増えます。

参考:特設:東日本大震災被災者支援情報

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14972109
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)