ネットでお絵かきが無料でできるレンタルサービス、ピックアップ

2010.07.01

 ペンタブなどの、PCの入力デバイスが安く手軽に高性能になった事や、若年層でのアニメや漫画人気が定常的に続いている事などで、お絵かき機能のある、ネットの無料サービスの人気が顕著に続いている。ここ数年のお絵かき系無料ネットサービスの主体は、パーソナルから共有、そしてコミュニケーションサイトへと移行しているようだ。作品を評価しあい、自身のレベル向上などを目的としているものではないかと思われる。

他方、広く作品を告知するのでは無く、そもそもお絵かきである事で、純粋にお絵かきを自由に気軽に楽しみたいと言うニーズは、変わる事無く残り続けているように思う。あまりにも段違いに上手い人ばかりの中では長く続かないが、少人数で楽しむ事でマイペースで続ける事もできる人もいるだろう。特に若年層には、あまり敷居が高く無いほうが楽しめるのではないだろうか。

しかし、お絵かきができる無料のネットサービスと言えば、お絵かき掲示板程度しか知らない人が多いように思う。そこで、本ページでは、お絵かき機能が無料でできる、幾つかの無料レンタルサイトを簡単に掲載しようと思います。

無料お絵かき掲示板
ネットのお絵かきサービスの人気を大きくした中心的存在で、お絵かきもできるレンタルタイプや、お絵かきで参加するコミュニティー形式のタイプなど、目的や機能で選ぶ事ができるほど、多数存在する。

@PAINT
PaintBbsや、Javaタイプの人気のしぃペインターを使った、定番的なお絵かき掲示板
ILLUST BOOK
一般的なアプレット型では無い、FLASH型お絵かき掲示板。

無料チャット

タカミンお絵描きチャット
お絵かきチャットの定番。レンタルした者が、共同お絵かきチャットなどとして公開しているのを、見かける事が多い。
AB会議
名称からしてもわかるように、本来はビジネス用途だが、共有お絵かき機能が付きツーショットチャットとして使え、二人で一緒に1つの絵が描く事ができる。

無料日記

Chixi
基本的にはオープンなお絵かきSNS。ただ、コミュニティ参加をあまり意識せず、お絵かき機能付のブログ風日記としても使う事ができるようだ。

無料アルバム

はてなフォトライフ
お絵かき単体での投稿はできないが、投稿した写真画像の上に、お絵かきをする事ができる。
画像編集⇒絵を描くで、独自のお絵かきメニューが出る。高機能では無いがレイヤーが使える。

無料ブログ

livedoor Blog
オマケ的な紹介の割には高機能なFLASH型お絵かき機能が付属しています。
イラストSNSの代表格Pixivの無料ブログも同じくLivedoor系のブログです。

UGOUGO Blog
アニメ(Flashムービー)も作れる、脱力系,へたうま系が主体のお絵かき専門の無料ブログ。
日本電信電話株式会社、即ちNTTのような比較的お堅い企業が運営していると言うのも興味深い。

お絵かき部
主役はお絵かき(イラスト)記事で、プロフも返信コメントも全てお絵かきで入力。

手書きブログ
こちらもお絵かき部同様に、全部お絵かき。

無料ミニブログ

Hatena Haiku
ミニブログなので、一言メッセージが大多数で、写真掲載などのほうが多いが、さりげなく、誰かに見てもらえる率が高いように思われる。はてなブログのアカウントを所有していれば、利用できる。

無料ホームページ

ecaco
お 絵かきコミュニティ機能の付いた、携帯無料ホームページ。
絵を描くのはPCから。HPは簡単で適当な携帯サイトで良いと言うニーズに適している。

無料グリーティングカード

カキカキメール
お絵かきをグリーティングカードで送れるサービス。
リプレイ画面では、人間の手が出てきてペンで絵を描いているように見えるので、あまりお絵かきのリプレイを見た事の無い人が受け取った場合は、普通のグリーティングカード以上に感動するかもしれない。

 

他にもまだ、無料サイト集 Kooss内に掲載していないユニークなお絵かき系のサイトもあるが、目下の所、このような感じだろうか。1つでもこれは知らなかったと言うサイトがあればいいのだが、どうだろう。もちろん、他にもこんなお絵かき無料サイトがあると言う情報をご存知なら、遠慮なく投稿フォームなどから、サイト投稿をして欲しい。

親御さんの中で、子供の無料サイト利用で不安になっている方もいるかも知れません。大多数の者が知っている、動画共有無料サイトのYouTubeさえも例外では無いように、全ての無料サイトが手放しに安全とは言えません。お絵描き系も例外では無く、SNS系のお絵描きサイトが、不健全な出会い系サービスとして、(雑誌などで)誤った紹介がされた事もあり、本年春頃にナンパ目的のスパム的な行為が起き、問題となった事があります。

ただ、未成年者がネット上でトラブルになるのは一般社会同様に、例えば見知らぬ人について行くとか悪い友達をすぐ作るとか、本人次第の要素が多分にありますので、過敏に反応する必要はありませんが、安全に越した事が無いと思うのが、親心でしょう。

お絵描きサービスを提供している無料サイトも、基本的に、極めて多くの年齢不詳の不特定多数が参加せず、(闇サイト的な)クローズドでは無い、親の目の届くPC主体のわかり易いサービスを選べば、比較的安全ではないかと思われます。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29141622
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)