フルHD液晶モニターで、フルHD動画を見てます。

2009.04.03

 相変わらず、寒い日が続きますね。早朝のサイト更新では、まだ100円均一ショップで買った手袋をしてマウスを操作しています。
 桜のほうも、関東や九州などでは開花が早かったですが、満開に関してはやや遅れ気味で、関西(神戸)ではそろそろ見ごろになって来るかなと言う程度で満開は来週以降になりそうです。
昨日は桜ライブカメラを完全チェックしたところ、北海道や新潟・福島などに至っては、桜の木にも雪が積もってる状況でしたので、今年は寒い春ですね。全世界的には地球は寒冷化傾向なので、地球が温暖化するかなどよりも家族が風邪を引かないように注意しておいたほうが良さそうです(と言いながら、私も一昨日は風邪で熱が出ておりました(^^;気を抜いて、少し薄着をして首を冷やしてしまったからだと思います)

さて、何かと多忙で、一昨日は、ちょいレアな物も含めて結構な数のエイプリルフール関連サイトを集めたので、リンク集でも… と思っていたのですが、時間足らずでできず終いなほどで、胃だの腸だの調子も悪く、また医者にいかなけりゃいいなと言うほど無理をしてたりしますが、これだけ忙しいのに、指先が軽やかに動き出すこの季節になると、また自作したくてたまんなくなってます(^^;)
円高の影響もあってか、メモリーもCPUもM/Bも安いですからね。現在のサブマシンも、2万円も出せば、倍近い快適さが得られて、お釣りが出そうです。

4年ほど前にトータルで10万円程度で自作したマシンですが、実のところ、まだまだそんなに不満は無く、現スペックでも十分現役で使えますが、先日購入した1万円台のフルHD液晶(2233SW)でフルHD画質の動画をフルモーションで見る時など、若干”カクカクした動作”が目に付くのがなんとかならないかなと、感じる事があります。
Athlon LE-16xxを搭載したHPdirectの激安サーバー(15000円ほど)を買ってパソコンとして使ってる人が、「何の不具合も無く動作も快適」などと言ってますが、コアが4個もあるプロセッサで無くても、フツーに使う分にはホントに快適なんです。ただ、フルHD液晶モニターが一般的になるって事は、概ね誰もが想定外の出来事だったんじゃないでしょうか。(全ては円高のお陰です。)

で、せめて、HD画質の動画を、フルHD液晶モニターで全画面でスムースに見るなら… と思って調べると、今なら、Radeon HD 4550クラスのVGAのみ買い足せばいいような。HD4550のAvivo HDでは、全てHD動画再生に任せられ、CPUパフォーマンスに殆ど依存しないので、既存のサブマシンでも、かなりスムースに再生できるようです。しかも金額にして、6000円前後。

■Sapphire SA-HD4550 512MB GDDR3 PCI-E LP ファンレスモデル\5979 Faih調べ(在庫有り)

と、かなり安く済む。しかも省エネで静音。
ただ、目下の所、サブマシンでHD動画を見る主な物は、AppleのTrailer(映画予告編)なので、ならQuickTimeがスムースに見れれば、それで済む単純な話だって事なので、最近は速くて快適との評価の高い、最新版のVLCを入れてみた。
結果、全然問題なかった。コンテンツによってはリンクの取得が少し手間な物もあるが、その程度の手間でしかない。また、VLCではストリーミングダウンロードにも対応しているので、ADSLなどの遅い回線の方でも、HD動画を閲覧する事ができるだろう。

そんな訳で、全く国内景気(内需拡大)に貢献しない結果になってしまったので、チャンネル権を実父に取られて不満気味の実母に携帯DVDプレイヤーを買う事にした。(因みにこれも1万円しなかった)
丁度先日誕生日だったので、少し遅れた誕生日プレゼントと言うところ。この程度なら年寄りでも操作できるだろうと思う。USBメモリーにも対応し、写真を見たり音楽や音声なども聴けるので、寝込む機会も増えてきているようだし、何かと使えるかなと思う。(残念ながら、もうパソコンは、マウス操作すら無理なようだ)

根本的に、少資源国の日本の場合は、日本が成功した発想の源である、”無駄無く使う事”と言う伝統を守る事が重要で、ゴミも資源として再利用するのでは無く、最初からゴミとして出さずに何とか利用する事が肝心。景気が悪いと良く無いのは、生活が困窮して困る人が増えると言う事だが、国民が元気になる方法は、何も経済力に依存すると言う事でもない。そこそこ小金を貯めていても、元気の無い人は多い。そもそも、日本は個人資産1500兆円もある超金持ち大国なのだから、もっと元気でいてもおかしくは無い筈なのだ。

物が売れない理由の1つには、昔の市場のような元気や活気を与える場面が少ない事が上げられるだろう。逆に、今でも活気に満ちた店には客が集まっている。
僅か 1円の差にシビアになっているような国民ばかりでは無いのだ。
そこそこ安くていい商品ならば、気持ちのいい店で、気持ちよく買いたいと言う日本人のほうがまだ多いのではないだろうか。

コミュニケーション力やパフォーマンスが苦手な店主でも、人目を引くような、興味を沸かせるようなアイデアならば、身近な所に幾らでもある。例えば、ネットを手本にすればいい。

スマートに綺麗にデザインされたリッチコンテンツが豊富なサイトよりも、どこか壊れているような少しショボイ位のデザインのサイトのほうが、ネットでは気楽にアクセスし易く飽きずにリピーターを生むのは、今もずっと変わりない。一時はかなりのコストをかけたような大手企業のサイトも、(宣伝・集客などの)効率重視で、シンプルになってきている。もちろん、今はWeb2.0の時代だから、自作自演(要はサクラ)の力技で、著名な大手人気サイトは動いているが、個人や少人数で運営する、サービス精神の旺盛な中小の人気サイトは、昔のままだ。
具体的に気がつく一例をあげるならば、少し小汚い位の手書き文字で段ボールの切れ端に値段を書くとか、手書きの雑な特価情報のメモを貼りまくるとか、どうせ売れずに処分する必要があるような在庫品なら全員プレゼント(要は無料)にするとか、何か参考になりそうな、気楽に試せそうなアイデア程度ならば幾らでもあるのだろうと思う。

ネットはお金をかけずに、アイデアで集客をするサイトが大半なのだから、参考になる所は多い筈だ。

定額給付金や地域振興のクーポン・プレミア券なども、零細の個人商店はあまり恩恵を受けてないのではないだろうか。これは、ネットの中小零細サイトも同じ。何かアクセス増に起因する国民が注目すべきイベントがあっても、多くは大手ポータルや大手コミュニティ、或いは(自動生成などの)スパムサイトへとアクセスが流れてしまうのが現状だ。真面目に頑張る中小のサイトは、大手サイトには無い、素早い企画力とフットワークの軽さでアクセスを呼んでいる所が多いのではないだろうか。

町の中心にある商店や市場が元気になれば、地域住民も元気になり、街が明るくなっていく。
言うまでも無く、そのような認識を持ち、担っていると言う自負をお持ちが故に、今も尚、商店の経営を継続されている店主も多いのだろうと思う。
ただ、今の国民の多くは、商店の経営目的は、単に金儲けとしか思ってはいない者が多いのだろうと思う。
果たして、利己的な人間が営利目的だけで、子供の小遣い程度の利ざや稼ぎの為だけに、一人一人に接客業を何十年も継続できるものか。根本的な事を理解していない者が大多数だろう。
多分、そこを思い出させる事に成功したお店ならば、値段が安い高いに関わらず、客は自然と集まって来るのではないだろうか。
それができるのは、ネットでも、量販店でも無く、地域密着型の小売店のみではないだろうか。

主婦が明るければ、子供たちは自然と元気になる。子どもたちが元気で遊ぶ町は、自然と景気も良くなる。経済の根本と言うのはそういうものだ。もっと言えば、雨が降れば作物が実る、それが経済の本質なのだ。しかし、数式で動くかのような傲慢な態度だから世界が悲劇にみまわれる。米国の住宅バブル・金融危機を起こし、そして今の日本の現状がそれだ。

国内需要の安定成長を望むには、買い物や家事を楽しめる主婦を増やす事であり、それには、元気でユニークな小売店が増える事が、最も重要なのではなないだろうか。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29330534
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)