挫滅症候群で救出直後に亡くなられた、北川の男性。

2008.05.19
 ほぼ1週間以上中国サイトの徘徊を続けている。同じ漢字文化圏なので雰囲気はわかるが、相変わらず、全く中国語はわからない。ただ、皆が注目していそうな物が何か程度は、多少わかるようになってきた。

中国の某動画共有サイトでは、次々と登場する中国の俳優やタレントが”伸出我的双手”と連呼する動画が人気のようだ。「私の両手を延ばす」 ”私は被災者に救いの手を差し出す”と言った意味なのだろう。募金・献血・ボランティア熱の高まりが、民主的な国家レベルで起きている象徴のようなものかも知れない。

それとは別に急激にPV数が上昇していると思われる動画がある。2日前の5月17日に投稿され、現在93万PVがあるこの動画は、1人の北川(ほくせん)の男性の救出劇をまとめた、16分少々の記録映像だ。動画には”sctv”とあるので、四川電視台で放送された報道番組の動画なのだろうか。(因みにsctvの映像は、ネットならば日本からも24時間無料でどなたでも見れる。四川電視台の四川地震特設サイトのフォーラムも市民の投稿が多数ある。訪問されれば、日本のように閉鎖的では無い、先進的で開かれたインターネットが、そこにある事をおわかり頂けると思う。日本には無い、”百度”のような国産検索エンジンがあるのも1つの象徴だろう。百度では記事内容はわからないが、”天安門事件”で検索しても、ちゃんとヒットする。2006年頃は、中国政府の要求などで中国語版Googleで検索してもまともにヒットしなかった事からすれば、この数年で飛躍的に進んでいる事がわかる。)

年齢は30代〜40代と言った辺りの男性は、倒壊した建築物に下半身を押さえつけられ、自力では抜け出せない状態。特に大きな外傷も無い。TV局のリポーターなどと思われる女性が問いかけると、比較的元気に話し、水や飲み物も飲み、電話を渡すと親族か誰かに電話をしているようだった。点滴もされており命には別状無いと思われる状況だった。

暫くして橙色の服を着た救助隊員が続々と到着し、夕刻辺りには救出でき、隊員も笑顔で連絡をしていた。しかし、男性は担架に乗せられた十数秒後、さきほどまで唸っていた声すら上げなくなった。(多分既に亡くなっている) 救急隊員などが声をかけるが全く反応無く、人工呼吸や心臓マッサージも甲斐なく、最後は号泣し泣き崩れる女性リポーターと、ただ涙する救援隊員に見守られていた。

挫滅症候群(ざめつしょうこうぐん クラッシュシンドローム)だろうと思う。長時間体の一部が圧迫され急に開放されると、急激に毒素が血中に放出され、死に至る場合がある。この男性は、多分、挫滅症候群対策としての水分補給や点滴も受けていたにも関わらず亡くなってしまった。助かったと誰もが安堵した直後の死亡だけに、やりきれない思いの者も多いのではないだろうか。

現地では医薬品が不足しているなどの話もあり、もしかしたら満足のいく配慮が出来なかったのかも知れないが、この動画を見る限り、医療的な救助と言う点では後手後手となっていると思われ、阪神大震災でも挫滅症候群による死者がいた教訓が、十分に生かされ無かったのは残念だ。
遺体収容ばかりで、活動が救助につながっていない、日本の国際援助隊が、「もう少し早ければ」と漏らしているそうだが、確かに、高度な医療的知識も兼ね備えた日本の援助隊ならば、もう少し早ければ助かった命もあったのだろうと思う。

これは、華やかにすら見える軍や救援隊の活躍のみを誇張した映像ばかりでは無く、逆に成果を果たせず、死に至った報道の映像が、頻繁に流されていると言う事ですが、本来、このような中国政府にとってマイナスの影響がある筈の報道が、当局によって封鎖される事無く、中国国民の目に触れ、受け入れられていると言う事が重要なのだろう。中国の民主的な動きは、私達が思う以上に、大きく進んでいるではないだろうか。

追記:

この救出劇やこの男性の家族の模様は、現在も四川電視台の大地震関連の特番でも放送されており、どなたでもインターネット経由で無料で見る事ができます。

追記:

危険を煽る気は毛頭無いが、昨日深夜のe-PISCOの、兵庫・南あわじ測定点のイオン濃度が尋常では無い高い値を示している。(大イオン濃度(y軸制限なし)で 6万個/ccに達している。阪神大震災の時でも1万個/ccの模様) 測定機器の故障や不具合などもあるとは思われるが、詳細はe-PISCOの報告待ちが賢明だと思う。時間的余裕があれば、今から他の地震関連情報サイトも確認するが、神戸・淡路・明石の方は、ひとまず用心されたし。(追記:とりあえず、サーバーのデータをバックアップし、その間にざっと心当たりなど色々と徘徊しましたが、目下のところ、信頼性が高いと断定できそうな兆候情報(宏観異常現象)は無い模様でした。機器の異常か、台風の影響辺りなら良いのですが。)

追記:2008/05/20

その後、e-PISCOのグラフは通常値に復帰している模様なので一安心です。但し、これほどまでの異常値が出た時、それが地震の関連性があるならば、地震発生は、1週間以上後となる場合もあるそうですので、まだ手放しで安心できると言う事でも無さそうです。

本文中で紹介した、座滅症候群で亡くなられた男性の動画ですが、本日現在250万PVを超え、多分最も視聴数の多い動画となっていると思われます。また、先日の記事で、『中国のサイトはやたらハートマークが多く派手で、日本人としては死者への鎮魂を感じれない。』などと書きましたが、本日、中国の著名サイトでは、この動画共有サイトをはじめ、Yhaoo,Google,baiduなど、ポータルサイトの多くで、被害者への哀悼の意を込め、白黒(モノクロ)の色調になっております。

以下、0512被災者安息の為、モノクロ化された中国ポータルサイトより一部をサムネール化した一覧。

Google cn 0512
google china
baidu 0512
baidu
yahoo cn 0512
yahoo china
youku 0512
youku
qq 0512
qq
shina 0512
shina
sohu 0512
sohu
taobao 0512
taobao
cctv 0512
cctv
尚、本日現在CCTVにアクセスすると、特設サイトに転送される模様です。

msn cn 0512
msn china

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29090553
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)