1万円以下のホームページ作成ソフト ExpressionWeb 優待版

2008.04.22

 先日から完全なデスクトップリプレースに向けて、(要は、面倒なのでなんでもかんでも全部ノートでできるようにしちゃおうって事)引っ越しなどの作業中なのですが、FrontPage2003をインストールしたところ、アクチベーションで「インストール回数の上限を超えています」などのメッセージ。仕方ないので、電話経由のアクチベーションを行う。案内に従い、面倒な長い数字の入力を電話を使って、5〜6分程度は行っただろうか。結局、「インストール回数の上限を超えています」などの機械的なメッセージに続き、「必要であれば担当の者にお繋ぎしますので…」とあったが、直後、数秒で、「ご返事ありませんでしたので、終了します」とブチ切られてしましった。

結構な手間をかけて再アクチベーションにのぞんだにも関わらず、また、番号入力時には、いくらのんびりやっていも、早く促すようなメッセージも無かったにも関わらず、最後の最も重要と思われる、この部分を、ほぼ一瞬と言う速さで一方的に打ち切られ、少し頭にきた次第。

「もう、二度とマイクロソフトの製品なんぞ買うものか」とすら思った。(まぁ、Windowsの恩恵と言うか呪縛というか、それから逃れる事は中々出来ないので、事実上無理なのだが)

今後は(多分)1台でしか使う事が無い(FrontPage2003はデスクトップ+ノートなどの携帯パソコンの2台迄を許可)が、たとえアンインストールしたとしても、利用許諾から逸れられないのかも知れない。が、新たにFrontPage2003を入手しようにも、ネット上ですら(中古を除き)販売店を見つけるのが難しい状態だ。

基本的に、(kooss,bb-navi)のサイト構築の大部分は、家庭内サーバー上でプログラムで行っているので、いわゆるホームページ作成ツールを使って更新する部分は、ごく限られている。頻繁にお世話になるのは、この編集室程度のもんだ。故に、使い慣れたFrontPageシリーズで良いと言う認識で、どうにかならないかと思っていたところ、FrontPage2003の、ほぼ後継ソフトとしてあげられている”ExpressionWeb”の特別限定優待アップグレード版なるものを見つけた。

現在、ExpressionWeb優待アップグレード版では、「その場で3000円割引」キャンペーンを実施中で、実質、8411円で購入できる。1万円以下のホームページ作成ソフトだ。これは、安い。右の画面では、11151円となっているが、これをカートに入れて清算画面まで進むと、3000円引きの8411円になる。

MicroSoftのサイト内での機能比較一覧を見ると、FrontPage2003との比較では、一部機能が除外されているが、それら機能は(殆ど)利用する事無く、ウェブ制作をしてきたのだから、ともかく問題では無い。気がかりなのは、ユーザビリティ・操作性のほうだが、ここまで安いと、『とりあえず、買ってから考えてもいいだろう』と言う気になってくる。事実、この不安は杞憂だったようだ。

早速アマゾンで日曜に注文し、火曜日の朝には届いていた。もちろん、送料も無料だ。

アップグレード対象製品は、

Macromedia Dreamweaver
Macromedia Contribute
Adobe Golive
IBM ホームページビルダー

となっており、初期のホームページビルダーを持っているユーザーも、対象になる。事実、私はホームページビルダー2000からのアップグレードが、難なく行えた(因みにホームページビルダー11も持っている)。ホームページビルダーは高機能で、かつ簡単で初心者にとっつき易く、豊富な素材集と関連ツールもてんこ盛り状態のお買い得ソフトだが、操作性、使い勝手に関しては、個人的にはMicrosoftのFrontPageシリーズのほうが上で、これに慣れてしまうと、ホームページビルダーには戻れなくなってしまう。同様な不満をお持ちの方には、一度試してみる、いい機会かも知れない。もちろん、ExpressionWebをインストールしたからと言って、ホームページビルダーが使えなくなるなんて事は無い。(尚、アクチベーションに関しては不明。特に促すような画面は出現しなかった。)

ExpressionWebインストールも比較的簡単だ。と言うか、今までのOfficetp比較すると簡素化されていて、プロダクトキー入力でミスが無ければすぐ終わる。

 そんな訳でテストを兼ねて、この記事を、ExpressionWebで書いている。右の画像が、現在編集中の画面だ。3カラムはデフォルトだが、FrontPageに慣れたユーザーは、2カラムでいいんじゃないかと思う。多分、個人的には、右サイドの”ツールボックス”や”スタイルの適用”は使う機会が無いように思う。

FrontPageから変った機能として、まっ先に注目したのは、”プレビュー”画面が無くなっている事。但し、これも[F12]キーなりで、直接ブラウザで、より正確にプレビューできる。このような”癖”をつけておいたほうが、かえって良いのかも知れない。また、プレビューせずとも”デザイン”画面での再現性も極めて高いWYSIWYG環境になっている。

その他、気づいた点などは、ユーザビリティがより向上し、HTMLを扱う分にも、FrontPageよりもややSEO的に有効かなとと言う言う辺りでしょうか、今のところ特筆しておくべき点は無い。普通にFrontPageシリーズのように使える。

ホームページビルダーからの乗り換えユーザーなら、テンプレートも無く、素材集も無く、ウェブアートデザイナーなどの便利なツール類も無く、「買って損をした」と思うかも知れないが、特に長期間利用した場合、ウェブの生産性向上など、目に見えてすぐわからない部分に関しては、FrontPage系のExpressionWebのほうが、明らかに有利だろうと思う。また、値段にして倍以上は軽くする、高機能なDreamweaverユーザーからExpressionWebへの乗換組も少なく無い事は、それだけプロからも評価されている完成度の高いツールである事の現れであろうとも思う。

初心者ユーザーに対しても、特に、MicrosoftのWord(ワード)やExcell(エクセル)が使いやすくて便利だと思っている方ならば、違和感無く、同じ操作性でホームページもすぐに制作できると言うアドバンテージは評価できるのではないだろうか。

もちろん、 ホームページ作成の基本的事項を知らずにサイトの構築ができるような事は無いが、ごく普通のホームページを作成するのに、マニュアルやヘルプを参照する事も殆ど不要で、ストレス無くできてしまうのではないだろうか。

 私は、一般ユーザーが、インターネットをして何が一番楽しいか、お勧めは何かと聞かれれば、『ホームページ制作じゃないかな』と答えるだろう。他方、一番の苦労は何かと聞かれれば『ホームページ運営じゃないだろうか』と答えるだろう。サイト構築、サイト運営が自身の実になるかどうかはさておき、せっかく、インターネットができる環境を持っているならば、これほど自由で創造的な世界を堪能できる、ホームページを制作しないのは、本当に勿体無い限りではないかと思う。

因みに、ホームーページスペースやレンタルサーバーを持っていない(契約していない)と言う方は、全てのアカウントを取得するだけでも1か月ほどは軽くかかると思われる位、無料のホームページやレンタルサーバーはあるので、あとは、チャレンジ精神のみだろう。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29330475
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)