IE7の正しい(?)RSSフィード登録法

2008.04.28

 案外、くだらない事、わかり切った事なので、記事にするまでも無いと思えるような事を書いたほうが、実は多くの人に役に立つような事のほうが多いのかも知れない。これもその一例なのかな?と思ったので、試しに書いてみます。

 Vistaには乗り換えていないWindowsXPユーザーでも、IE7はインストールして使っていると言う人は増えており、全体的にIE7ユーザーは増えているように推測しますが、ご存知のように、IE7(InternetExplorer7)には、IE6の”お気に入り”が新しくなった”お気に入りセンター”に、RSSフィード登録・受信機能があり、気になるサイトの最新情報・更新情報がアクセス不要で即座にわかり、効率良くウェブの巡回ができます。

RSSフィードボタンが点滅しているRSSフィードの登録方法は、Microsoft公式サイトのRSSフィード紹介ページや、その他の多くのサイトでも紹介済みですが、その殆どが、IE7のブラウザ上の”RSSフィードアイコンクリック”による方式のみしか掲載していません。

具体的に当サイト、無料サイト集 Kooss で紹介すると、右の画像のように、RSSフィードアイコンがオレンジ色に点滅し、これをクリックする事で登録する事ができます。

IE7のRSSアイコンが点滅しないサイトでは、RSSフィードのリンクをクリックする。しかし、RSSフィードを配信しているサイトの全てでIE7のフィードアイコンが点滅するとは限りませんが、IE7には直接RSSフィードのURLを登録するメニューは存在しません。

但し、ブラウザのURL欄に直接RSSフィードを手動で入力する事で登録する事ができます。また、通常、RSSフィードにはサイト内から、RSSアイコンや”RSS”などの名称でリンクされており、そのRSSフィードへのリンクをクリックする事で、RSSフィードをIE7に登録する事ができます。

上の画像は、無料壁紙・無料スクリーンセーバーでの例ですが、このサイトの場合も、RSSアイコンは点滅しませんので、”RSS”をクリックする事で、購読ページが開きます。

このフィードを購読する IE7のフィード一覧に、新たに追加された事がわかる
あとは、通常通り、”このフィードを購読する”をクリックし、フィード一覧に、追加されているのを確認して完了です。

前述のように、全てのRSS配信サイトで、IE7のRSSアイコンが点滅するとは限らないので、興味のあるサイトならば、まずRSSフィードを探し、それをクリックすると言う習慣をつけておけば、大丈夫ではないかなと思われます。

当サイトのアクセス状況を見ていると、RSSリーダー経由ではないかと思われるアクセスは、まだまだ少なく、サイトのアクセスアップに大きく貢献するような物でも無いかなと推測しますが、頻繁に記事や情報を更新するような、興味の対象となるようなサイトのウェブ管理者ならば、今後益々のIE7の普及を考慮し、RSS配信に対応させておくべきかも知れません。

因みに、IE7のRSSアイコンを点滅させる方法は簡単で、例えば、以下のようなmetaタグを、head内に挿入すればいいでしょう。

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="http://hogehoge.hoge/rss/hogehoge.rdf">

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14783117
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)