ブリトニースピアーズの新曲 Break The Ice のアニメ版PV動画を見ました。

2008.03.15

 ITmediaに、音楽業界の過去最大の汚点は、napsterを廃業に追い込み、P2Pユーザーを爆発的に増やした事であり、それが原因で厳しい不況下にあると言った内容の翻訳記事があり、確かにMP3.comしかりで、あの凄まじい盛り上がりを維持させながら、業界がうまく利用すれば、需要の掘り起こしなどを促し、より多くの収益すら確保できたかも知れない(などと私も思っていました)ものを、結果的に、業界の手の及び難い、ゲリラ的・アンダーグランド的な方向に進ませ、大損害を蒙ってしまっている模様です。

日本の場合は、ニュース報道などから推測するに、一部ユーザーがP2Pソフトを今も使っているとは思われるものの、過去にnapsterのような物も無く、著作権に関する倫理観が高いので、米国のような状況では無いと思いますが、画像掲載すらも厳しい著作権の周知徹底が、本当のファンサイトの消滅と新たなファンサイトの抑制に繋がり、2000年以前に見られたようなスタイルのアイドルが皆無の状態になっている事などは、近年はミリオンセラーヒットが少ない無いなどへの影響を幾分かは与えているように思われます。また、人気タレント出演のトレンディドラマなどが他のアジア諸国と比較にならないほど人気が無い理由(逆に、アジアで人気があるので、日本でも放送されるドラマは増えているような印象です)も、これではないかと推測します。

海外アーティストのような無料素材などのコンテンツ提供などは難しいかも知れませんが、せめて壁紙などの提供をするなどが一般化し、著作権を守りつつ、ファンを増やす為の努力もタレントや業界は継続しないと、”日本に憧れて日本のテレビ番組を見るアジアの人”と言う状況が、いつの間にか、”アジアに憧れる日本人が見るアジアのテレビ番組”と言う、笑えない話になるかも知れません。(実際、BSなどはアジアの番組が多いような感じですが、あれは単に放映料が安いだけだからなんでしょうかねぇ…)

で、話を戻して、そのITmedia翻訳文の原文を探しに本家のReutersに行ったところ、結局、どれなのかよくわからずで、代わりにBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)に関連した記事を見つけた。

ブリトニー・スピアーズ ブレイク・ジ・アイス PVよりサムネイル画像1『また、何かお騒がせ?』と思ったら、なんでも、新曲”Break The Ice”のプレミアム特設サイトがあって、そこでアニメ版のブリトニーのプロモーションビデオがあるなどと言う話で、早速アクセス。何やら、キーワードを入力せねばログインできないので、あれこれ試してみるも効果無し。で、確認してみるとそのプロモーション期間が過ぎていた模様(?)。(再度確認したところ、キーワードを間違っていただけで、現在もログイン可能です。因みにキーワードは、”画像”に書いてあります。)

ブリトニー・スピアーズ ブレイク・ジ・アイス PVよりサムネイル画像2仕方が無いので、世界最大の某動画共有サイトで適当に検索するとヒット。但し、クリックすると案の定、”コンテンツホルダーが削除済み”と言った内容のメッセージが出るので新着順で見ると、結構な数がアップされていたので、早速見てみた。

が、いずれも音質も画質も悪く、内容確認には申し分無い品質だけれども、楽しめる内容では無かったので、他を当たってみようかと思い、他の検索サイトへ… と行かずに、ちとブリトニーの公式へと行くと、しっかり高画質動画がありました。最初からまっすぐ公式に行けば良かったんですね。

ブリトニー・スピアーズ ブレイク・ジ・アイス PVよりサムネイル画像3ブリトニーが主役とされる、アニメのほうは、いかにもアメコミ風のタッチのアニメなのですが、左の画像のように、高層ビルから地上に飛び降りると言う、攻殻機動隊などの日本人にも馴染みのあるシーンもあり、ストーリーもシンプルで難解でも無いので、アメコミを見慣れて無い人でも、特に違和感を感じるような事も無いように思われます。

ブリトニー・スピアーズ PVよりサムネイル画像1このブリトニーの新曲のアニメバージョンの動画ですが、配信は、動画共有サイトなどを利用したものでは無く、SonyBMGの 独自の動画配信サイト”musicbox”によるもので、最初にCM動画(この時はHONDA CIVIC)が入るものの、この新曲”Break The Ice”が終わると、たて続きにブリトニー・スピアーズのヒット曲のPVが高画質のままフル試聴できるようになっています。特にファンで無い方も、興味のある方には、ご覧になる事をお勧めしたい。

SonyBMGの”musicbox”は、2006年暮れからサービスが開始され、2006年夏頃に急激にアクセスが上昇しているものの、(他の動画共有サイトなどと比較すれば)大物アーティストの高画質PVのフル試聴ができるにも関わらず、伸びはかなり鈍いような印象だ。動画共有サイトに食われてしまっているのだろうか。MP3.comの時のような事は無く、今は携帯MP3プレイヤーの普及もあり、そのままダウンロード購入できる収益に結びつく構造は整っているにも関わらず… 結局は冒頭のような状況なのでしょう。

耳タコの感のある米国サブプライムローン問題に端を発した米国の不況、円高ドル安。一部では外貨預金急増が示すように円高は短期と見る向きもあるようですが、予想以上に深刻な状況になるようにも思われます。日本の輸出企業も海外から国内へと目を向けている模様で、その代表格のトヨタ自動車社長も、先日円高への強い懸念を表明しましたが、トヨタの公式サイトもCM動画配信に本腰を入れた事で、単なるリップサービスの類などでは無く本気であるように解釈します。今尚輸出産業に依存する日本経済の不況の度合いが増すと言う事は、生活が苦しくなる人が増えると言う事です。

ドル安の強みで、米国の輸出が伸びてくれる事を期待するなどしか無いですが、その為にも、(以前の米国のように)世界的市場をターゲットにした、魅力ある米国の音楽や映像などの作品が数多く輩出し、世界から批判され続ける米国では無い、世界を元気にできる米国に復活してほしいものです。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29583932
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)