ちょっとお先に、ドラゴンボールZ実写版?を見てみる。

2008.03.06

 昨日の記事もそうだけど、また人気の動画にこう言うのがあって、ドラゴンボールを好きなスタッフに聞いたところ、まだ知らなかった模様なのでご紹介しておきます。

なんでも、話題のハリウッド版実写版ドラゴンボールZのほうは延期になったそうで、来年?らしいそうですね。また、実写版はアニメと少し内容が違うだとかで、少々ファンは残念に思ってるのではないかななどと思ったりしていますが、その実写版ドラゴンボールZ、世界最大の某動画共有サイトにアップされていました。

と言っても、あくまでファン(と思われる面々)が作ったショートフィルムの”実写版ドラゴンボールZもどき”なのですが、元々コスプレがかなり好きな面々が参加している模様で、特殊映像部分も含めて、映像は(多分)自主制作にも関わらず、中々の見ごたえがあります。

内容は、人造人間vsグレートサイヤマンなので、(聞くところによれば)アニメではこのパターンの戦闘シーンは無い(?)そうですので、架空の組み合わせとなりますが、戦闘場面は、アニメを実に上手く再現しているように思われます。

右のキャプチャしたサムネイル画像には映ってませんが、結構な数の特撮映像があります。

空中を飛ぶシーンや、空中で格闘するシーンも再現され、グレートサイヤマンが、スーパーサイヤ人に変身するシーンもあり、最後は宇宙へも届く超ド級のカメハメ波も描かれています。

ちなみに、彼らの仲間?と思われる同じくコスプレをした面々による、人気の海外ドラマ”LOST”の再現(パロディー?)映像や、グレートサイヤマン,聖闘士星矢,ナルトやゲームキャラ(?)などが格闘するパロディー映像など、多々ありますが、この、実写版ドラゴンボールZもどきが個人的には良い出来ではないかなと思います。

 

  エヴァンゲリオンの庵野氏にしてもそうですが、庵野氏監督の自主制作版帰ってきたウルトラマン(とても、低予算で作ったようには見えないですね)のような、ステップがあって、現在があるのではないかと思います。

国内外を問わず、若い世代の人達が日本のアニメを題材として、こう言うユニークな作品を作っているを見ると、将来が楽しみな気がしますね。

参考:ドラゴンボール壁紙 ドラゴンボール動画

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29382900
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)