人生で不幸な事

2006.08.09

  ようやく、数ヶ月ぶりに、先日、墓参り(墓掃除)に行って来た。台風も逸れ、影響も無さそうなので、天気がよければ、週末辺りにもう一度行く予定。その墓参りから帰宅した後、実家に報告の電話をしたところ、母の兄弟がもうそろそろ… らしい。長兄はもう随分前に亡くなったのだけれども、兄弟姉妹の多い世代なので、そろそろらしい。私自身は、その叔父とは、20年以上前、まだ元気な頃に、彼の夢について話をした記憶程度しか無いのだけれども、亡くなるとなれば、寂しいものです。

(あまり、口には出したくないような、事故などによる身内の死以外でも) 親戚、縁者、年寄りが多かったので、葬儀などにも何度も出て、人間、年をとれば死ぬものですし、懸命に人生を生き抜いた者の大往生ですので、理屈の上ではわかっているの筈なのですが、 やはり、寂しいものです。

人生で不幸な事を1つあげるとするならば、自分を知ってる人、或いは自分の知ってる人が、いなくなっていくと言う事でしょうか。厳しい事、過酷な事は、それはそれで、振り返ってみれば、時には笑い話にすらできて、愉しめる事の多いのが人生だと思いますが、人がいなくなるのは辛いですね。

ところで、ウチが旧完全無料お得サイト集の時に、"インターネットでお金儲け"と言うページを設けた。根本は、何度かご紹介しているように、(当時の高額なプロバイダー料金+電話代負担の軽減を推進することで、日本のインターネット人口を増やす事を主眼に置いた)無料プロバイダー+PTSで、完全無料でインターネットができるであった。(ご存知のように、米国ネットバブルの崩壊と、急激に 低価格、格安なブロードバンド普及によって、その必要性が無くなっていった) でも、”お金儲け”と言う、なんとも、イカガワシタイトルをつけたのは、蔓延していた、ねずみ講もどきや、マルチ商法の、ネットビジネスに参加する主婦や学生が多かったからだ。そんな事をしなくても、大手ポータルでは無くても、個人サイトでも、優良企業の広告掲載の機会がある(即ち、今で言うアフィリエイトの存在)と言う事を知らしめる為に、あえて、そうした経緯がある。(今は、その必要性は感じて無いので、大幅縮小で概要紹介にとどめ、放置状態に近いですね。) 当時のマルチなどをやってる者の中には、『粗悪な商品を騙されて買うほうが馬鹿』と言う意見を持っていた者もいたように記憶している。

当時からすれば、そのようなイカガワシイビジネスは、大幅に減って、滅多に目にしなくなったような気がする。法律の変化や、世間の厳しくなった目も多分に影響していると思うが、人間関係をズタズタにして小遣い稼ぎをする事のほうが、不幸で愚かなのだと、気づいた者もいたのではないだろうか。

一時期、”金で買えない物は無い”みたいな意見も、まかり通っていたような風潮がありますが、言うまでも無く、時間や、気持ち、金で買えない物は色々とありますが、”金で買える事のない貴重な人間関係”は、どうしたって買えませんね。逆に、商売 や事業などの経験の無い人などは、”金で無くなる大切な人間関係” を見過ごしてしまう人のほうが多いんですよね。これは不幸ですよ。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29440536
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)