インフルエンザっぽい風邪をひいてました。

2009.05.16

 昨日23時辺りからの速報で、海外渡航の無い神戸の高校生が新型インフルエンザになったとかで大々的なニュースになりつつあるようです。もはや水際では無かったのですから、地元民としては、潜在的な感染者が果たしてどの程度いるのか、ちょい気になるところでしょうか。

ところで、私ごとですが、ちょい前(13日辺り)から風邪っぽい症状で、一昨日は葛根湯飲んで寝ました。症状は以下のような感じ。

1:激しい疲れと倦怠感。体がどんどん沈む感じ。
2:頭痛と、激しい目の痛み。とてもでは無いがディスプレイを見てられない。目薬とマッサージを頻繁にする
3:胸(肺)の痛み。煙草の本数を抑えた。
4:筋肉痛と関節痛。歩くたびに痛む。
5:軽い下痢など。軽い便痛も有り。
6:悪寒と微熱

全体の流れとして、大体、こんな感じでしょうか。あと、咳払いはしてましたが、咳は出ませんでしたね。

6の時に『あぁ、こりゃ風邪間違いな』と思い、食前に葛根湯を飲み多少汗をかき、食後数時間後また葛根湯を飲んで、夜、暫く寝て汗をかく。翌朝、結構楽になっていて、頭痛などは皆無。因みに、この期間もサイト更新などは通常通り継続(参照

てな感じで、今もまだ本調子には戻っていませんが、症状から見て、インフルエンザっぽい感じだろうと思われます。ただ、普通のインフルエンザからすれば、軽い感じでしたね。

で、風邪になった理由を考えると

・過労気味の状態が続いていた
・睡眠不足が続いていた
・十分な食事を取って無かった
・寒暖の差が激しく、早朝など寒い日が続いていた
・板の間で仮眠を取った日がある
・当日は早朝まで神経を使う作業をしていた
・前日は人ごみに出かけた。

と言う感じでしょうか。

私がかかったのが、新型インフルエンザかどうかはさておき、渡航暦の無い、(多分活発な行動範囲と不特定多数との接触の機会を持っている)学生が(最初の症状が出た4日後に)新型インフルエンザに感染していた事がわかったのですから、神戸及び近県には、かなりの数の潜在的な感染者がいる可能性があると考えてもいいんじゃないかなと思います。

私の場合は、そもそも医療機関などは信用していないので、確実に医者の助けが必要な場合を除き、医者にもいきません。なので、インフルエンザ程度で医者には行きませんし、ましてや、新型インフルンザであったならば、隔離され何も出来なくなるのですから、決して保健所や医者などに行く事はありません。新型インフルエンザは、寝てれば治るので、寝て治そうとするでしょう。
風邪で医者には行かないと言う人は少ないかも知れませんが、隔離されるのなら医者にはかからないと言う人は数多くいるでしょう。一般の社会人が、風邪で1週間程度も休める訳が無いのです。私なんかは、1週間も休めば人生終わりみたいなもんですよ。(て言うか、1日も休めませんから)

高校生のインフルエンザが本当に新型インフルエンザかどうかは、未だ最終検証が済んで無いと言う話もありますし(追記:5月16日午前11時 国立感染症研究所が確認し、陽性が確定しています)、私がひいたのは、実は本当は普通の風邪だったのかも知れません。

しかし、時期や度合いはわかりませんが、新型インフルエンザもいずれ多くの方がかかるもんだと思いますので、軽度で済ませる為にも、規則正しい生活と十分な食事と睡眠が得られるように、努力しておいたほうがいいかも知れませんね。(追記:パンデミックなどと言われますが、米国を見ていると、急激に拡大感染するのでは無く、小康状態⇒終息傾向⇒急拡大 を繰り返しているようにも見えます。日本もそのような、徐々に拡大していくような流行の仕方をするんじゃないでしょうか。)

先日も書いたように、米国では、既に新型インフルエン患者に対し、マスクや入院も強制させない事になっているそうですが、この分だと日本もそうなるのは時間の問題なのかも知れませんね。

追記:

気になったので、最近風邪をひいてると思わしき神戸の人のブログなどの記事を探すと、結構ありますね…

追記:

新型インフルエンザにかかった学生が通っていた高校は、県立神戸高校の模様ですね。公的な学校である事や教育熱心な保護者が多いと言う事もあって、今回早期に見つかった事であって、学校のみが感染の場と言う事でも無いように考えます。
ともかく、心当たりのある神戸市民は、外出をできる限り控えたほうが良いかなと。丁度土日と言う事もあって、休み易いと思われますので、体調重視で無理をせずに。(マスクやうがいよりも、体調を落とさず、日常生活を乱さない事のほうが、遥かに重要ではないかなと思います。先日も書いたように、マスクやうがいはインフルエンザには効果無いとする考えもあって、基本的に私も同意します)

あと、冬服や(電子)毛布・冬布団などは、もう1度押入れから引っ張り出してきておいたほうが良いかも知れません。なんだかんだ言っても、神戸はここのところ寒いですから。今年は我が家もずっとコタツを出したままです。

因みに、現在奥様がインフルエンザっぽい風邪で寝込んでおります。家内は私とは違い、掛かり付けの病院が幾つもあるほど医者にはよく行くほうなのですが、本日明日と、土日と言う事もあって、今回は家で静かに寝る事にしているようです。(もし新型インフルエンザであったならば、病院に行く(=外出する)事で誰かにうつす危険性もあるし、新型インフルエンザでも、寝てれば治る事は世界的にも既知の事なので、わざわざ病院は行く事はありません)

追記:

”新型インフルエンザで神戸がパニック”みたいな記事がありますね。神戸市はイベントが中止になったり、本日は行政サービスがお休みの日だった事などもあって、もしかしたら神戸市はパニック状態なのかも知れませんけど、民間は普通です。外出を控えている程度じゃないですか? 私達夫婦は、もしかしたら新型インフルエンザなのかも知れませんけど、新型と言うだけで、以前のインフルエンザほど毒性が強く無いので、脅威とは思って無いですね。もし変異したら別ですが、実際のところは、全世界で1万人以上既に感染してるでしょうから、今の時点でも、まだ強毒性に変異してない模様なので、自動車事故などで死ぬ確率からすれば、遥かに安全なような気がします。なので、今の段階では、そんなにも気にするほどでも無い。(日本はなんでこう言うところは、グローバル化しないんでしょうかね?)

あと、ブログとか徘徊すると、ニュースサイトやら一般ブログから文章を抜き出して、適当に上手く変換して合成させているような、プログラムによる、無人の自動生成ブログも増加中なので、ネットからの実態は摑み難くなってるかも知れませんね。今朝方までは、神戸在住の市民の風邪関連の結構な数のブログなどの記事が簡単に見つかったんですけどねぇ… ホントに最近のネットはゴミ溜め化してますな。

てな訳で、私もまだ体力が戻って無くて、疲れが出易い状態なので、暫く横になっておきます。

あと、あれから家族でよく話し合いましたが、症状を総合的に判断して、多分、かかったのは風邪では無く、限りなくインフルエンザに近い物だと思われます。医者などには誰も行って無いので、新型インフルエンザかどうかはわかりませんが、症状が出てから1〜2日でかなり回復しています。

追記:

一部報道によれば、県立神戸高校では、GW過ぎ頃から風邪のような症状を訴える生徒が多数いたそうで、新型インフルエンザ感染が確定した生徒の所属するクラブでは、インフルエンザが流行っていた事を母親が述べていた模様ですね…。まぁ、そんなところだと思います。予想とおり、かなりの潜在的な患者はいるって事なのでしょう。要は、水際作戦大失敗ってところでは無いでしょうか。

因みに、同様にインフルエンザっぽい風邪で暫く寝ていた奥様ですが、小1〜2時間ほど前に起きてきて、差し入れ食べて、いつも通り馬鹿話しながら、笑うと関節が痛いなどと言いながらサイトチェックとかしてます。

追記:2009/05/16 19:00

NHK7時のニュース
諮問委員会 尾身茂委員長は、既に地域で感染がじわじわと広がっている可能性を示唆した。
防衛医科大学 川名明彦教授は、大流行するようなタイプでも無いなどと述べた。

ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、十分な休息と清潔な環境があれば、あまり心配しなくても良いって事だと思いますよ。因みに我が家では、論理的な効果の認識の出来ないマスクも買わないし、うがいもしません。(このインフルエンザウィルスが人為的に作られた可能性があるなどと論を述べている、タミフル開発関連の著名なオーストラリアの研究者の弁もあり、利益優先の”ビジネス”にしてしまう事は、あまり良い事とは思えません。踊らされない事です。)

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

28892333
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)