監督イチロー・ジャパンが日本優勝に導いた。

2009.03.24

 今回の優勝の重要なポイントの1つは、松坂・城島のバッテリーによる逆玉。強豪キューバ打線の生命線を絶ち、シャットアウトさせた。これは岩隈にも引き継がれ、第2ラウンド5試合目もキューバ打線を封じ込んだ。個人的には、MVPは名捕手城嶋のようにも思う。

ただ、今回のWBCでは、第1ラウンドの東京ドームでの試合から、イチローがかなり気になった。
チームリーダーとしてチームを引っ張って行く存在として、原監督以下メンバー全員から支持されたにも関わらず、あまりにも活躍がふがいない。
韓国との初戦こそ活躍したが、強いリーダーとしての牽引役的な役割は果たさず、逆にイチローの存在がチームに重い影を落とし続けていた。

ただ、ここで本当にイチローが出来る、イチローらしいチームリーダーとは何かを考えて見る必要があるだろう。

彼の役割は、単にチームを引っ張って行く事が全てでは無い。どんな玉でも安打に出来るイチローならそれが出来て当たり前なのだから、どこまで持つだろうか。チーム全員がずっとついて来れるだろうか。落ちこぼれた者が増えれば、チームは一丸となる筈が無い。分断し全体野球は実現しない。
また、超一流の技の連続を続けるスタープレイヤーを、見ている者もずっと面白いと思い続けられるだろうか。応援が減るどころか、逆に、ライバルチームの反感を買うだけだろう。特にアンチイチロー意識の強い韓国を煽り、前回のWBCのように韓国国民一丸となったイチロー叩きを再燃させるだろう。また、イチロー本人も、米国メジャーリーグでの活躍がやりにくくなるのではないだろうか。

イチローらしいチームリーダーとしてすべき最も重要な事は、原ジャパンがID野球ならば、イチロージャパンは全体野球として日本のチームをまとめて行く事だろう。みなが1つにまとまり、やる気を出すには、抜きん出たスタープレイヤーが不要なのは、高校野球の優勝校を見ればおわかりだろう。
意識的か無意識の内か、イチローは、パワーセーブせざるをえない状況になっていたのだろうと思う。

メジャーリーグで数々の経験と実績を残し、記録をも塗り替えてきた、伝説とも言われるイチローなら、単に勝てばいいと言うものじゃないだろう。本人もそんな程度で果たして満足するだろうか。
そこには、応援する者に感動を与える、長島風のメイクドラマなるものも当然のようにあるだろうが、WBCでの日本の役割を理解しているであろうイチローならば、今の混沌とした、日本や韓国や米国を元気にする為に働いたのではないだろうか。

天才が、苦戦し苦悩する孤独な姿を、世界のマスコミが報道している事を、イチローは十分承知していただろう。
この頃のインタビューでは「心が折れそう。」とまで応えている。インパクトがある言葉だ。

しかし、決勝ラウンドに入り、日本がほぼ全体野球ができる状況になってきた時、初めて、イチローは本来の野球に戻り、決勝戦延長戦の大一番では決勝打を放ち、マスコミを通じて世界中に、日本人の不屈の精神力や大和魂を知らしめす事ができた。
他方で、これが出来たのは(本人や日本の)実力では無く「神がおりて来た」とも述べ、キリスト圏にも十分に配慮している。イチローは、日本が勝った事を世界が歓迎できる一言を、ちゃんと用意していたのだ。

  実は、家族との会話でも、国内の第3戦辺りから、私はイチロー自演説の可能性を述べていた。
私は、日頃からプロ野球も殆ど見ず、WBCのメンバーもWBCが始まってから知った者が多数を占めるほど、精通していないレベルなので、熱心な野球ファンの方々には、無知なる者の妄想と苦笑して頂ければいいように思う。だが、今大会でも2〜3試合も見れば、次の球がどうで、どう打つか、或いはどうすべきだったか程度は、そこそこの確率で読めるようになる程度の能力はあるようだ。

イチローは、単に野球小僧が超一流プレイヤーになっただけでは無い、役者もモデルも率なくこなせて、野球以外の様々な分野にも精通している人間が、果たして、考えも無しにそう易々と本当の素顔をさらけ出すかだろうか、本音を漏らすかだろうか。球場でも、ベンチにいない時には、全ての試合で、カメラを構えるファンの為に随時服装の乱れを着にかけ、逐一ポーズを取っていたほどの余裕を見せていたのは、国民全員が知っている。

これが本当に自演や計画的な物なのか、それともイチローの天性がこの結果に導いたのか、或いはたまたま運が良かった、本当にイチローに神がおりてきただけかどうかは知らないが、今回のWBCでの日本の戦いが、近年でも類稀なる魅力的な、すがすがしい野球の試合になり、イチローも、世界的にも、より一層尊敬される野球選手になった事は間違い無いだろう。

今大会では、記録を塗り替える以上の素晴らしい仕事を、イチローは成し遂げた。これに異論は無いだろう。

4年後、またWBCが行われる事が決まったそうだ。イチローは39歳。果たして、現役で選手として参加しているだろうか。それとも名実共に監督として、日本の全体野球を指揮しているだろうか。

追記:2009/03/29

中々時間が無くて追記が遅れましたが、その後調べたところ、「イチローが監督がやったらいい」とノムさん(楽天の野村監督)が言ってたそうですね。昨年のWBC監督選考で、米国にいたイチローが、意見を述べた事に対して、(経験の無い青二歳ができる訳無いんだから黙ってろと言う意味合いなどで) プレッシャーを与えたんだろうと思いますが、イチローは見事にやってのけた訳です。

イチロー自演説に関しては、ネットを徘徊すると、同様にそれらしき意見も見受けられますね。実質的な優勝決定戦とまで言われた東京ドーム、第1ラウンドの日本韓国戦 14対2で日本がコールド勝ちで大勝した試合でのイチローの成績は5打数5安打3得点。この時点でイチローは見切ったんだろうなと思ってもおかしくは無いんですよね。

ただ、綿密に計画を練ったかのような物では無く、周りの空気を人一倍強く感じ取れる事(例えば、イチローが低迷するマリナーズで安打を打ち続けられる秘訣は、選手達と同じ空気を吸わない事との事)、人の気持ちを読み取る能力が高いと思われるイチロー選手が故に、メイクミラクル(長嶋野球)や全体野球のチームリーダーと言う名の監督として、自分がなすべき事を本能的に察知していたのではないかなと推察しています。

イチローが、ただ単純に勝つ為だけに、残された貴重な現役の時間を、果たして割くのかな。そんな事は無いよね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29336648
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)