レノボ ThinkPadの約20万個のバッテリーの自主回収と無償交換

2007.03.03

 レノボは、ノートパソコン ThnkiPadのバッテリーに5件の不具合がある事を確認し、3月2日に、同型番の約20万個のバッテリーの自主回収と無償交換を開始しています。詳細は、レノボ のサポート&ダウンロード⇒”バッテリー自主回収のお知らせ”を参照して頂くとして、主な内容は以下の通り。

・9セルのリチウムイオンバッテリー 約205,000個の自主回収
・対象は以下の機種で、2005年11月から2007年2月迄に出荷されたタイプ
ThinkPad R60/R60e シリーズ
ThinkPad T60/T60p シリーズ
ThinkPad Z60m/Z61e/Z61m/Z61p シリーズ
・対象バッテリーは 部品番号 FRU P/N 92P1131 の9セルバッテリー

対象バッテリーかどうかは、レノボのサイトにある、フォームへバッテリーのバーコードの入力をするか、自動ソリューションプログラムをダウンロードし、Windowsから実行して判断する事もできる。 交換バッテリーの発注は、レノボのウェブサイト又は、フリーダイアルのレノボPC特設窓口で行える。

対象期間が1年3ヶ月であるにも関わらず、世界シェアの大きなThinkPadで、不具合のあるとされるバッテリーは20万個程度しか無いと言う事なので、該当される国内ユーザーはかなり少ないのではないかなと思いますし、以前のソニー製バッテリーで起きたような自然発火などの緊急的な類では無いので、慌てる必要性は無いとは思いますが、お心当たりの方は、念のためにご確認を。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29383000
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)