侵略戦争

2005.06.20

 東条英機のお孫さんと言う年配のご婦人が、韓国KBSの特番?の取材を受けていた。率直な意見だろうと思う。先の大戦は歴史的に見れば、繰り返してはならない侵略戦争である事は間違い無いけれども、最も傷ついたのは謝罪する気持ちが足りないとされている日本人のほうでは無かったかなと。経済封鎖を受け、アジア全体が欧米烈国の奴隷民族にならない為、日本に残された唯一の道として、(本気で)アジアの開放と大東亜共栄圏を考え、死んでいった者も多数いたと思う。少なくとも、私の実父などはそのように教育され、私も子供の頃から嫌になる程、親子3代に渡って、日清・日露からの戦争の話なども聞かされているし、開放の為の戦争だったと認識している親日的なアジアの小国の民族も少なく無い。また、言うまでも無く、(戦争の早期解決では無く、ただ、実験データを得たいが為にやったと噂される)長崎、広島の原爆や大型爆弾の(京都を除く)主要都市への投下による、大量虐殺などで、日本は謝罪された事は無く、今尚、エノラ・ゲイの英雄などが称えられ米国各地で講演すらしていると言う話もあります。他方、被爆者は代々に渡って、今尚、苦しんでいます。

『同じアジアの民族として、そう言う日本の悲劇には同情できないの?』

つか、憲法9条で戦争放棄してて、何をされても手も足も出せない状態の国をとことん苛めて何が面白い? とか思ってしまう面も無い訳でも無いのですが、一番の根本理由は、先日ならば、人権擁護法案でも触れたように、前々から書いてるようにエネルギー問題なんでしょうね。他にも色々理由はあるでしょうし、もしかしたら政治のほうは、”茶番”かも知れません。(韓国は政権の支持率低下改善の為、やむなしで、本当に茶番ぽいですね) いずれにせよ、アジア各国からは、日本はもっと”懐の深い国”である事を期待されているのかなぁと言う気がします。んで、この地域での焦点は、メタンハイドレートって事でしょうが、そもそもの化石エネルギー(即ち原油)ですが、これがプランクトンの死骸なんぞでは無いと言う仮説もあるそうで、で、地熱発電とかどうなってんのかと思ったんですけど、関連サイト見ると相変わらずコストがかなり高いみたいですね。で、無茶苦茶かも知れませんけど、ゆくゆくは、あの無尽蔵に近い莫大且つ強力なエネルギーを持つ、”マグマ”を直接的にエネルギーに転換するような事はできないのかな?なんて、夢物語を空想したりするんですけどね。

ともかく、原油の枯渇は、長くて100年と言う話もありますが、それまでにどうにかしないと。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29502497
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)