食中毒

2005.05.20

 頭痛のお次は、食中毒と、踏んだり蹴ったりなんですが… 食中毒と言ってもそれほど深刻では無く、軽度だったのですが、先週か先々週辺りに、奥様、里芋を買って晩餐のテーブルに並ぶ訳なのですよ。しかし、里芋と言っても、皮をむいて煮るのでは無く、既に調理済みで、レンジでチンのお手軽な里芋の煮物なのですが、先週辺りに聞いたら、添加物一切使用しないの某”フ○ッ子”の製品だったんで、内心、「早く食べないとなぁ〜」と思ってたんですけど、毎晩晩餐に上がる訳でも無く、インターバル組んで、忘れかかる頃に出て来るの繰り返しだったんで、某”フ○ッ子”の製品だって事も忘れてて、一昨日辺り、「ぉや、すこぉ〜し、味が変わったんじゃないのかな?(^^;」なんて、思ってたら、お腹の調子が宜しく無い。なんだか、お腹全体が刺すように痛んだり、じゎっと痛んだりで、「これは、ぉかしぃ・・・(−−;」と思ってて(もうその時は、すっかり某”フ○ッ子”の里芋の事なぞ忘れてて)、昨日、最後の里芋残りを食し、数十分後、トイレ直行、明らかに、ソレ(食中毒や食あたり)とわかるような、”モノ”でした。

 で、話は飛んで、以前の日記にも書いた、”創聖のアクエリオン”なんですけど、(Googleの検索結果によると)関連ページ数は、現在、日本語ページで173000、海外(英語圏)サイトでは16600あるようです。かなりの勢いで増加中と考えていいように思います。(海外の熱心なファンサイトも増えてるようですね) ともかく、384400Kmの距離を数十秒で飛んで行く(1万Km/秒〜2万Km/秒)だけでも、非常識でありえない速さの無限パンチとか(そもそも、あれだけの距離、どうやって腕が伸びるんだか…)を見ても、情熱の前には、理屈なんか無意味だって事でしょうね。

で、以前はアニメ(ジャパニメーション)は、日本の深刻な不況を乗り切る為に必要なアイテム(永遠の悪役、英語すらまともに話せない黄色い肌の人種には、マリリンモンローは登場しない。日本にはアニメや怪獣物の特撮しか世界で受け入れられる土壌は無い。)として必要性を感じていましたが、実際米国などでのポケモンやドラゴンボール人気などは、ジャパンバッシング回避に効果があったのかどうかは定かでは無いですが、トヨタの3期連続の最高益などに代表されるように、日本経済は好調なようです(省庁の公式発表の物では無いので定かでは無いですが、自殺者・失業者も2003年をピークに下がってきてる模様です。)

で、最近は、中国の個人サイト(カフェスタみたく、アバター系の中国の個人サイトですね。プリクラなどで友人同士で撮った写真とかアップしてたりします)なんぞも回ったりする訳です。もちろん、無学な私には、何を書いてるかてんでちんぷんかんぷんな訳なんですが(^^; それでも気持ちみたいな、フィーリング的なものはわかったりする訳で、中国の”反日行動”などがマスコミでクローズアップされるのとは裏腹に、親日的と言うか、日本のメディア、タレント・ミュージシャンをはじめ、アニメなどの熱烈なファンも多くて、特に学生さんなんかは、(多分)日本の学生よりも、純真無垢で、本当に大好きなんだなぁ〜なんてのがわかったりします。(音楽にしても、小田和正や松たか子とかのファンが多かったりする事からも、ピュアな人が多い事は前々から思ってました)

日中関係の根本は、過去の清算云々では無く、これも(イラク戦争しかりで、多分)エネルギー問題で、生活の質が上がると、人間1人当たりの消費するエネルギーが何十倍以上にも膨らんできますので、日本の10倍以上の人口13億人(?)の中国なぞは、将来の安定したエネルギー獲得が命題な訳で、かと言って、一人っ子政策も日本以上に深刻とも言われる高齢化問題があって取りやめましたし、人口増加止む無しと言う所なんでしょうから、大きな争い(戦争)にはならずとも、多少の武力行使などもあったりするかも知れません。(化石燃料の燃焼による二酸化炭素排出の地球温暖化加速も重要な問題ですが…)

で、愚人なんぞには結論めいた事は何一つ言えないし、今尚、”夢幻エネルギー”状態である、無限エネルギーと言えるような新エネルギーが早期に開発されるような事も無いのでしょう。(バイオマス・メタノール燃料にしても、大量供給できるほどのバイオテクノロジーの急速な技術進歩は当分は期待できないでしょうから、結局は核なんでしょうね…。新エネルギー開発・化石燃料問題の困難さは、有識者ほど危機感を持ってる方が多いように思います。)

しかしですね、政治的に歪んだ形の関係のままであったとしても、民間レベル、個々人の親日度が上がれば、最悪、きな臭い最悪の状況は回避できやしないかなと。中国の近代化に伴い、民主化も飛躍的に進むでしょうから、中国国民の意見・草の根的なマスコミュニケーションの意見も政治に大きく影響されるのではないかなと。また、少子化に歯止めがかからない日本の将来(1億は割るでしょう)と、人口増加に歯止めがかからないアジア各国の問題を考慮すれば、2000年代半ば移行は、日本の移民受け入れは必至となるでしょうから、アジア全体から好かれる日本で無くてはならないでしょう。その1つのアイテムとして、アニメが日本への歪んだ嫌悪的感情を穏やかに諌めてくれるのではないだろうかと期待している次第です。

アクエリオンでは無いですが、ありえない、実現出来ないとされる壁を、いとも容易く打ち砕いていくかのような、そんな劇的な進化が新エネルギー開発(と環境問題対策)で実現できれば、多分、誰も戦争なんかしなくなります。(もし、戦争なんぞが起きたら、『逃げます』って言う人いますけど、多分、逃げれ無いですよ。殺される直前、本能に戻らないとわからない人も増えてるかも知れませんが、戦うしか無いですから。それが社会が決めた”生きる道”になっているんですし…)

そんな訳で、今日は歯医者です(^^;)

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29968896
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)