少し重量感を増した実物大鉄人28号@神戸長田。

2012.04.09

 先日、全国で軒並み最大瞬間風速の記録を塗り替えた、4月3日の大型台風並みの低気圧ですが、一部で長田の実物大鉄人28号は大丈夫?(倒れて無いか?)と言った心配の声も聞かれましたので、生存報告を兼ねて、ちょっと重量感のあるように調整した写真を掲載しておきます。

西日が差す夕暮れ前に、グランド側から見た実物大鉄人28号。

真後ろから見る、夜間ライトアップされた実物大鉄人28号。メタリックな印象のボディと脚になってるかなと思います。

接近した場所から正面位置での、夜間ライトアップされた実物大鉄人28号。

左寄りからの見上げたアングル。今度はメタリックな感じを少し艶消し風に。

 通常の感じは右の写真のとおり。レタッチソフト(PhotoShop Elements)で色の彩度とカラーカーブを、個人的な好みを加味して、重量感を感じるカラリーングに調整しています。

折角なので、鉄人28号に関して思うことを少しだけ書いておこうと思う。

以前、故・横山光輝氏の作品ならば、鉄人よりもジャイアントロボのほうが良かったなどの意見もありました。ジャイアント・ロボは昭和42年当時も漫画,特撮TV番組での人気も高く、1990年代にはOVA版の地球が静止する日も発売され、鉄人28号以上に幅広い年代層に支持されるロボット漫画作品です。

特に地球が静止する日は、PCで動画(マルチメディア)が流行りだした頃、動画でも提供があったので、強いアニメファンもいる事と思います。

長田に鉄人が立った理由は、以前にも紹介したようにこの街で一番偉いのがお年寄り達なので、この地(阪神大震災の被災地)に立てるのは高齢者諸兄の国産ヒーロー(羨望の的)であった鉄人28号以外には無いのだと思いますが、その魅力があまり伝わって無いかも知れません。

・日本軍の秘密の軍用ロボットとして作られ、28番目にようやく成功した機体。
・鉄人は人を殺すような武器を持たない。
・鉄人はどんな強力な銃弾にも負けはしない。
・仮に鉄人が1機だけでも実在していれば、日本軍は負けずに済んだかも知れない。
・鉄人は少年でも操作できる。
・鉄人は心を持たず、悪の手先にもなる。
・敵は米国のギャング団や国際的犯罪組織。

個人的に思いつく鉄人の主な魅力と言うと以上のような感じでしょうか。

未だ戦争の傷の癒えず反米感情の燻る日本で、SF的,或いは劇画的な位置づけのストーリー展開で、あまり低年齢の子供が読むような印象を受けない事がおわかり頂けるかと思います。

派手な合体や兵器を持つロボットアニメしか知らない世代から見れば、「(昔は)あんな物しか無かったから仕方無いんだろうな」と思う方もいるかも知れませんが、 それとは全く逆に「昔のほうが質が高かった(自分達は恵まれていた)」と感じておられる諸兄も少なからずいるのではないかなと思います。

ウルトラQや初代ウルトラマンなどにしても、初代にして至高の特撮クオリティがあったからこそ、皆が夢中になって、46年が過ぎた今も尚、根強いファンがいてシリーズも続いているのと 類似した事が、実は鉄人28号にも言えるのかも知れません。

鉄人28号はおこちゃま向け漫画では無く、写真の鉄人のように、実は重量級の作品なんですね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14622456
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)