GooglePlus HN(匿名)利用可の日は近いのだろうか。

2011.11.01

Google+ GoogleのSNS、GooglePlusだが、先日 、日本でも実装公開された「人気の投稿」が非表示になっている。正確に言えばここの所(多分)時々表示される程度になっている。総POST数などが違えば、出現 状態なども変わるのかも知れないが、当初のように”ずっと出ずっぱり”と言う事は無いようだ。
因みに、「人気の投稿」のページのほうは、”一部の言語ではお使いになれません”とのメッセージが出るだけになっている。

詳しい理由についてのアナウンスは無く、よくはわからないが日本は圧倒的にアクティブユーザーの母数が少ない事で、本来人気である筈のPOSTでは無い物が上位に行くなどで、統計の取り方が中々難し く日本仕様に(?)調整しながらではないかと推測している。

人気の投稿 Googe+の人気のコンテンツ 日本語版は今は見れない。

この「人気の投稿」(Hot)が使えない言語がどの程度あるのかは知らないが、日本で(実名登録必須とされる)GooglePlusの利用者が少ない最大の理由は、日本のインターネットが匿名 前提であるからだろう。

日本では実名制が難しい理由は数年前に書いたが、米国のブロードバンド事情を加味すれば、米国では実名制が流行る理由もうなづける。機会があれば詳しくは説明するが、要は日本も米国に習って同じにすべきなどと言うのはおかしな話だと言う事がわかる。これは即ち、今の日本のインターネットの匿名性が状況に即したものであると考えている。(更に加えれば、米国でもHNが利用できない事に不満を持つ者も少なく無いようだ。参考:Nymwars)

さて、そのGooglePlusは、近い将来HN利用可となる方向で動いている事はご承知の方も多いだろう。
では、その時期はと言うと単純にHN可にするだけでは無くブランドページの新設などもあり、暫く時間が掛かるとの話がある。

他方で、実質HN可になったのではないかと思われるような状況にも出くわす事がある。
明らかに日本人の人物名では無い名前である事で、アカウント停止(垢BAN)された後、再申請すればそのまま復活と言うケースが一部で確認できた。

上のキャプチャは、(誰でも閲覧可能な)一般公開されているPOSTだが、必要な箇所以外はぼかしを入れさせて頂いた。ご本人に確認した所、その後も特に問題無く利用され、特に通知などは無いとの事だ。
そしてこれは例外では無く、アカウント停止が増える一方で早期の復活も増えているように見受けられる。

これを以って実質GooglePlusはHNや通り名でも利用可能になったのでないかと言う意味合いの考察では無いが、以前ほどの「本名以外は駄目」などと言った厳しい状況では無くなってきつつ あるのだろうと推測している。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

15434779
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)