禁煙3ヶ月目を過ぎ、今思う事。

2010.11.06

 先日禁煙3ヶ月目を過ぎた。人によっては無性に吸いたくなる場合もあるそうだが、私の場合は、2ヶ月暫く過ぎた辺りから、煙草の匂いがかなり嫌になってきて、それでも何かストレスが溜まれば吸いたかったが、3ヶ月を過ぎた先日前後では、多少のストレス時でも殆ど吸いたいと思わなくなった。(まぁ、そもそもストレスって何?と言うキャラですので、基本的には精神的ストレスはさして感じない性分なのです)

まぁ、「ここで1本程度、ほんの少しだけならば…」と吸えば、あとがどうなるかは経験的に何度も知っているので、それで吸うような事も無いし、幾ら煙草が美味い事を知っていても、他の食べ物同様に、美味いからと言って食べるのをやめれないなどと言う事も無く、それで執着する気持ちもあまりない。即ち、多分、このまま禁煙は続くだろうと思う。まさか、再びの阪神大震災クラスの「全て終わった」と思うほどの、大きな出来事が人生に起これば、煙草位は(本当に、些細でどうでも良い事になるので)、他に何も口にする物も気を紛らせる物も無ければ吸うかも知れないが、そう言った例外的な事が無いならば、多分、禁煙は続くと思う。

「まずい煙草が癖でやめれない」と言う方とは違い、健康への害もさして感じず、何より美味くて、気分を落ち着けてリラックスする事もできる煙草だと思っていた者でも、(風邪程度をきっかけにして)やめる事ができたと言う点を、注視して頂きたい。

さて、禁煙2ヶ月目ではさしてメリットは感じなかった禁煙ですが、3ヶ月目になって、多少は禁煙と健康の関連性について、メリットらしき物を感じるようになってきた。
具体的に言えば体力。多少疲れにくくなり、全体的に持続力が増した感じです。数字で表せば、2〜3割増し程度体力が向上したと言う感じですね。

喫煙への欲求は今は殆どありません。近くで煙草を吸う人がいれば、かなり臭く感じ、場合によっては咳き込む事もあるようになってきました。ただ、代わりに何か飲み物を飲む量は、まだ若干多いかも知れません。これから冬場にかけては、暖かいお茶(ほうじ茶)とホットコーヒー(量が飲めるように、インスタントでかなり薄い、ノンシュガーのアメリカン)の量が増えると思います。

煙草に依存していた、精神的な面(リラックス状態のコントロールなど)に関しては、まだ安定していないかも知れませんが、とりあえず、このように文章を書くのもリハビリ(?)の方法ではないかなと思います。

最後に、これから禁煙される方に一言。

10月の値上げ前に煙草を買いだめして、無くなったら禁煙をと考えていた方で、そろそろ厳しい状況の方もいるかも知れません。
私も、短期の禁煙は何度かやって、何度も失敗、と言うか、完全禁煙を続ける必要が無いのでやめただけの状態を繰り返してきています。近年では、節煙のような禁煙などもしています。
禁煙が始めての方や、周りに迷惑がかかる事も無く禁煙が必然では無い方は、禁煙に失敗してもいいと思います。
そんな程度でやれば、いつかは成功するもんではないでしょうか。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14654853
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)