墓参りから帰宅

2006.03.20

 朝一で行く予定だったのが、どうしてもWBCが気になって、ワイドショーでのインタビューまで見終わって家を出たのが、5時を回っていたので、日が落ちるのが早い山の事なので少し心配したけれども、誰かが参ってくれていたみたいなので、墓掃除しないで済んだ分、真っ暗になる前に、墓参りの後は毎回決まっての、豪華な回転寿司での夕食を頂いて、帰ってこれた。

 しかし、日ごろは若いころは娘さんだった方々を相手にしているワイドショーだからだかなんだか知らないけれども、WBCを見ていた視聴者は、日本が勝つか負ける程度しか興味が無いとでも思っているのか。これは特別な事なのだから、番組での伝え方も、相応の敬意を払ってもいいのではないかと思えてならない。王監督やイチローのメッセージを、日本人は黙って聴かないと。

日本のトップクラスのスター選手達が、年俸や報酬などでは無く、正々堂々と、真剣に、純真に、日本の野球をやる為に戦い抜いて、しかも結果を出したのだから、その弁は、マスコミはきちんと伝えないと。

野球やスポーツ振興と言う意味合いでは無く、スポーツに限らず、私淑の思いを強くする青少年が増える筈だ。健全な青少年が増える筈だ。もちろん、青少年犯罪も減るだろう。目先の利己的な価値観のみでしか世界が見えてなかった者の心を打つ筈だ。

経済効果にしてもそう。五輪特需云々のように、スポンサーや企業が連携していて無ければ、何も効果が無いと頭デッカチに考えるのは、何もわかってないボケナスの発想だ。経済は、国民が元気だから、発展するもんだ。自然環境が健全だから発展するもんだ。1滴の雨。一握りの土。天の恵みへの一喜一憂。次へと繋がる、収穫の達成感。それらが真理だ。(ましてや、どこの、誰の、何の役に立つのか意味不明な、仕事とは理解しがたい仕事に対する擁護的な屁理屈を並べておく時間を重ねる事は、それは、即ち、浪費以外の何物でも無い。)

ここんとこ、睡眠時間がかなり短いもんで(^^;)

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29330450
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)