まことに、お粗末な話ですな

2006.02.27

 今朝のマスコミ報道によれば、”メールアドレスが情報提供者の物で同一”、即ち、”自作自演で作った物”だった。しかも、それを知った上で、証拠として掲げ、糾弾しようとしていた。と言う事らしい。

これが本当ならば、 まことにお粗末。何も言う事は無い。

通常、(サイト管理人として、メールの内容から本人かどうか特定できない場合に、)”こちら”で考える、メールの信憑性を考えた場合、メールアドレスが本人の物であっても、(そのメールアドレスの本当の持ち主以外からの)偽装の可能性がある(誰でも偽装できます)ので、ヘッダ情報を参照し、どのようにしてこのメールが届いたのかや、プロバイダー,IP,ドメイン情報を元に、本人である確率を推測します。

私も、必要に応じて、 こう言う作業を1日に数回行いますが、当然、その、問題とされているメールが本物か偽者の調査も、最低限、このような作業はしていたと、殆どのサイト管理人ならば考えていたんじゃないでしょうか。

今朝のTVの マスコミ報道をそのまま聞いて、素直に解釈すれば、『最初からウソをついていた』と言う事のようですが。

これは、タダじゃすまないでしょう。

神戸市民は、補償金欲しさに、震災時に火をつけて回ったと言った人ですからね。⇒ 検索結果

阪神大震災の被災者としては、許せない暴言を吐いてます。

多くは、(道路が寸断され、近隣都市からの救援ができず、今のように自衛隊がすぐに出動できなくて、政治的判断に時間がかかったなどで)助けが来なかった事で、圧死、窒息死などですが、倒壊した家屋から抜け出せず火事によって亡くなられた方もおり、その様子を呆然としながら見ていた家族のお話も聞いた記憶があります。

何も無い状況で、お金などは、何も役に立たない事を知った状況で、お金(補償金)の事を考える人など、果たしているのだろうか。

一流大学、大蔵官僚、代議士と、問題の議員さんはあの若さで、とんとん拍子の輝かしい経歴をお持ちのようですが、エリートの考える事は、私のような愚人には、全く理解できません。

現在、”ひきこもり状態”のようですが、本人の口から、今日(明日?)弁明があるのでしょうか。

ところで、 公開されているメールの日付は、
Date: Fri 26 Aug 2005 15:21:35 +0900
となっているのに、メールアドレスが情報提供者の物で明らかに偽装と言う事ならば、日付も(本物と見せかける為に)偽装していたと言う事なんでしょうから、これは悪質ですね。

ネットの自作自演も酷いもんで、かなり多くの方が、当たり前と思っているような事でも(多分に)刷り込まれている可能性が高い(例えば、こう言うところでも掲載できて、わかり易い1例では、CGIが十分に使える広告無しの無料サーバーで安定していて、大容量な物で、有料化しない物があっても、広く知れ渡ってなければ、使わないでしょ。ウチでは紹介してますが⇒無料サーバー) だからと言って、国会でも同じような事しちゃ駄目ですよね。

これまでの、ネットワーカーとしての(色々な自作自演や風説の流布めいた活動を怒涛の如く繰り返している面々を眺めてきたような)経験を元に、”いろいろと”想像すると、まだ、言い足りない事があるんですが、多分、誰かがどこかのサイトや掲示板かブログに推察を述べているだろうし、今は、マスコミなどが真実を追究してくれる事を期待するのみです。

某容疑者の弁を借りて、この流れを見ていると、絵に描いたように”想定の範囲内”ですね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29510360
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)