ボケ防止に役立つ、敬老の日のプレゼントとして

2008.09.09

 今年の敬老の日は、9月15日です。敬老の日の話題と言えば、ネットでは”敬老の日プレゼント”と、肥大化し続けるネットショップの影響もあってか、ここ数年相変わらずですが、ネットが貢献できるのは経済だけじゃないと言う反骨精神?と言うのも多少あるのですが、敬老の日無料情報と言うリンク集を、今年も地味にやってます。殆どが敬老の日の無料イベントです。

もちろん、「へぇ〜、こんなのもあるんだぁ〜」みたく関心して貰ってもいいのですが、生涯現役・生涯青春として、若く頑張るお年寄りが増える日本になればと言う思いで、高齢化対策は、高齢者の生涯現役対策と言った趣旨で、一昨年辺りからボチボチとやっているのですが、それとは別に、金を出せば買える”モノ”では無い、実効的な敬老の日のプレゼントとして、疎遠となっているような両親がいるような方のコミュニケーションに、一役買うきかっけとして、”無料”を利用するのも、いいのではないでしょうか。無料ってのは、敷居が最も低くなるので、日頃疎遠となってるような相手を誘う口実に使い易いのです。また、主催の殆どが公的機関なので、無料の上にかなり安心です。(その後で、様子を見ながら、おいしい物でも食べに食事に行ったり、プレゼントを買ったりとかすりゃいいんじゃないかと…)

今の日本のお年寄りは、昔からすると、そんなにお金に困っている人は少ないでしょう。しかし、友人がいない、人とのコミュニケーションが少ない、と言った人は、比較的多いのではないでしょうか。

先日、某NHKのなんとかガッテンと言う番組で、MRIによる脳の断面図に映った、健常者の半分以下に痩せた海馬から、どう見ても深刻なアルツハイマー症と思われるご老人が、新聞で金融関連の記事を読み、パソコンで医療関連の情報を調べ、アルツハイマー症のテストでも満点で、全く疑い無しと言う紹介があった。

詳細は省くが、 番組によると、最新の研究では、日頃の生活で以下の3つの点を心がけておけば、アルツハイマーを発症しないそうだ。(詳細が気になる方は、番組の公式サイト辺りをあたって下さい)

1:有酸素運動をする。20分程度のウォーキングを週2回以上程度。
2:会話をする。人と話をする事で、脳全体が使われる。
3:食生活を正しく。生活習慣病(高血圧,高コレステロール,肥満)にならない。

1と3に関しては、少しの心がけで何とでもなりそうだが、2に関しては難しい独居老人も増加しているのではないだろうか。もちろん、親に毎日のように電話をするのも1つの手段だろうが、健康体ならば、趣味などを通じて友人を作る機会を、周りが配慮してあげるのもいいのではないだろうか。長生きして貰う為のボケ防止には、健康で明るい生活が必要なのだろう。

因みに、私の後期高齢者の両親は、どこの誰とでも、すぐ仲良くなって、よくしゃべくりまくるほうなので、逆に騙されるのではないかと心配する位でして…(^^;)チョットハケイカイシロト…

ただ、私は番組を見ていて思ったのは、あのご老人は年齢の割りに(確か、80代後半だったと)、生きる事に意欲的に見えたのですが、その1つがパソコンだったかも知れません。ブラウザを操作しながら、インターネットで必要な情報を収集すると言う、向学心、向上心が感じられました。中身は見れませんでしたが、新聞記事などを使ったと思われるスクラップブックも多数、書棚に並んでいた事も印象的でした。

一時期、「パソコンはボケ防止に良い」と言う話が多く聞かれました。実際、パソコンをボケ防止に活用している後期高齢者は多数存在すると思います。指先と頭を使わないと、使いこなせないモノですから、脳の老化は防げるでしょう。ただ、老人は、若い人と同じようには、パソコンを使いこなせません。パソコン入門書などに書いてあるような、初めて聞く専門用語だけで頭がいっぱいになった人、何に困ってるかもわからない人、ちょっとした誤操作で壊した人、それが年寄りなのです。

ただ、以前からすれば、液晶モニター一体型で、逆に神経を使うような邪魔なソフトも殆ど入って無いノートパソコンも、4万円台からあり、一般家電製品のように、繋ぐ手間やら、ハードウェアを理解する必然性などが解消されつつあり、敷居は低くなっていますので、パソコンを習おうなどと構える必要もあまり無いかも知れません。ワードで文書やハガキを作成したり、プリンターで印刷したりなんかは、日常的にしなくなったように、例えば、新聞や雑誌を読むような感覚で、ネット検索で情報を得る、ただそれだけでいいんじゃないでしょうか。もし、敬老の日のプレゼントにネット専用パソコンをと考えている方は、デスクトップにはブラウザのアイコンのみと、スッキリさせておくといいかも知れません。(もちろん、ネットショッピングやオンライントレードなどの金融関係や、メールなどはさせない。パソコンでできる、アレもコレもさせない。深刻なトラブル発生なら即リカバリーで強制初期化する)

それでも心配と言う方ならば、任天堂のWiiと言う選択肢もあります。(本日現在、アマゾンで24999円。Wiiフィットのセットで33359円。送料無料) Wiiチャンネルを通して、インターネットの閲覧ができます。リモコン操作なので、より簡単ですが、テレビをモニター代わりにして、解像度も低いので、使いづらいようですね。

ただね。パソコンはボケ防止などと言うのは言い訳で、年寄りにとってのパソコンは、ちょっと高価な玩具なんですよね。モノだったら、もう、そんな程度しか興味の対象にならない。だから、子供に与えるパソコンと同じように、最初から壊したっていい程度で考えてたほうがいいんですよ。

”親孝行、したい時には親は無し”などと申します。親にとっては、子供が立派に成長し、幸せになってくれている事が、なによりの親孝行であろうとは思いますが、中々、そうはなれない故に、せめてもの親孝行を… などとも思うものなのでしょうね。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29504915
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)