完全無料お徳サイト集

2005.08.29

 旧サイトの時、誤植、要はIMEの変換間違いで、”お得”を”お徳”としてリンク紹介して下さったサイトも多数ありました。現意味不明ドメイン名、KOOSS 即ち Kanzen MuryoO Otoku Site Syuu = 完全無料お得サイト集 の略ですが、そもそもの完全無料お得サイト集は、何度かご紹介しているように、簡単に言えば、”無料でインターネットをしよう”であり、景気浮揚の為には日本のIT産業の成長が必須とされながら、参加者の増加が思わしく無く、危険で参加すべきで無いと言うマスコミ主体のプロパガンダへの対抗として、本当に微力ながら、場末から後方支援をしたと言う所の物です。(サイトをどう解釈され、どう紹介しようが、明らかに間違って無いならリンク貼る方の自由意志ですので、サイト説明に趣旨は関係ありません。また、そのような本当の趣旨はずっと説明もしていませんでしたからね。奇麗事を並べて信用されるほど甘い世界でも無いし、愚人にそのような能力もありませんからね。ともかく、それだけ、地方経済は極めて酷い状況だったし、当時の政治家が言っていたように、ITを盛り上げるしか日本に明日は無い言う情況だったんですよ。)

 で、kooss.comはこのまま、(旧サイトとは異なる、純粋で健全な無料サイトの紹介をする)無料サイト集として、継続させて頂ければ、続けれる限りやっていこうと考えていますが、それとは別に、文字通り”完全無料お徳サイト集”と言う内容のサイトも、もし可能であれば、やってみたいと昨年辺りから考えています。今度は、『お徳』ですから、得しようと思う人はやってきません。よって、何らかの経済的な利益に貢献するようなサイトにはならないでしょうから、追随して来るようなサイトも極めて少ないでしょう。それに、下準備にかなり骨が折れそうですので、簡単に真似られて、悪用されるような事もまず無いだろうなと考えています。

昨日の日記で書いたように、精神面での幸福感の達成が占める割合を重視する傾向が高くなって行くとしたならば、そのような実験的なサイトの類の存在意義は、決して低くは無いだろうと思いますが、これだけ高密度で風通しの悪くなったネットで、しかも、素直に受け入れられるような土壌が全く無い所で、果たしてそのようなサイトが、個人でどこまでできるのか甚だ疑問ではあるのですが…

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29583958
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)