激安パソコン減少中

2005.02.04

基本的に、2万円台〜5万円以下の激安パソコンは、2台目以降のパソコン、セカンドマシンとしての位置づけが高かったのが、家中どこでも使えるノートパソコンの低価格化と無線LANの普及で、セカンドマシンとしての利用価値が減っている事が大きな理由の1つではないかと考えますが、ゲームなどのパソコンを酷使するような用途に必要性が無いならば、たとえ数十万円の比較的高価なパソコンを購入しても、数年もすれば使い辛くなり、新規格などの登場によって、場合によっては使い物にはならない事や、インターネット利用程度ならば、それほど高価なパソコンは不要である事、及び、格安パソコンを購入して、自己メンテナンスによって、パソコンのハードウェアの学習に役立て、自ら学ぶ体質を作る事で、高額なパソコン教室に依存したパソコンの学習費用(30万円以上)が不要になるなどと考えられるならば、極めて優れている、自分や家族への投資と考えて問題は無いと思われます。

ノートパソコンなどのハードウェアの自己メンテナンスやアップグレードが難しいパソコンは除き、基本的に、ショップで販売されている、多くのデスクトップパソコンはBTOパソコンであり、ちょっと慣れれば、ユーザーが必要に応じてパーツを追加、交換する事もでき、アップグレードし易いパソコンですので、将来性などは、実は一番優れていると考えて良いかも知れません。

 

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

29582353
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)