ネットサーファー増加中の気配

2002.04.14

 今更ですけど、プロバイダ料金込み2000円台の高速常時接続格安ADSL が開始され出した頃に、どこかで書いた気がするんですけど、着実にサーファーが増加してる感じです。あいかわらずアクセス数のトップは検索エンジンからのキーワード検索,ブックマーク,検索エンジンのカテゴリー(検索エンジンによって効果はまちまちですが、カテゴリー登録って思ってる程には、あんまり効果が無いんですね。唯一、Infoseekはカテゴリー登録されていると、キーワードヒットでも上位なので効果的ですね。因みに、Infoseekは現在カテゴリー登録申請は受け付けてなく、独自の審査で優れたサイトが登録されています),ランキング、リンクサイト・・・ 大体こんな順番なのですけど、その比率の推移を昨年暮れから見てると、被リンクサイトからのアクセス数増加が緩やかながら増加傾向なんです。

逆に、当然ですが、こちらがリンクしているサイトへのアクセス数も増加していると言う事です。相互リンク集 に登録済みの個人サイトに関しては逆アクセス解析設置サイトが無い模様なので不明ですが、無料サービス提供サイトの公開・非公開の逆アクセスを見てると、確かに検索エンジンからよりも、当サイトのような無料サービスの紹介サイトからのアクセス数がダントツですね。まぁ、当サイトの場合は無料サービス紹介の準ポータルサイトのような物なので、一般のサイトと単純には比較はできませんが・・・(でも、無料サービス提供サイトのほうがまだページビュー(PV)数は凄いですね。そんなに有名どころで無くても、1日10万PVなんてザラにありますし。因みに当サイトの昨日の実績は全ページで約28500PV,その内25000PVは無料サービス紹介ページの物です。)

いづれにせよ、ネットユーザーの最近の行動パターンを考察すると、何か決まった事を調べたい場合は、相変わらず検索エンジンを利用すると思うのですが、不特定な目的でのネットサーフ時に検索エンジンや各種ポータルサイトや個人サイトのリンク集や掲示板などで見つけたサイトをブックマークして、それらを利用する。或いは最近は大手検索エンジンよりも優れたリンク集サイトが多数あるので(当サイトも多数のリンク集サイトにてご紹介頂いておりますm(_ _)m)それらをメインにすると言う図式が多くなってきてるように思います。(今後日本も益々サイト数が増加し、海外並に変化が激しくなってくるでしょうから、デッドリンクサイトや内容の異なった(化けた)サイトが掲載された検索エンジンやリンク集は、利用者が減り、逆にマメに内容を細かくチェックしている所だけが生き残れるように思います。ダイアルアップアクセスユーザーが大勢だった頃は、大手、有名所だけ見て『ああ、インターネットは所詮こんな程度のものか・・・』と、言った感じでしたが、今は常時接続で色々調べられるのが当たり前ですから、今後は逆に、そんな大手ポータルの利用者が減って行き、本当に優れたサイトの利用者が増加していくように思います。因みに、コチラ で米国googleのカテゴリーが全くアテにならなかった事を紹介しています)

 さて、話題変わって、HP宣伝掲示板集です。
あれから色々調べましたが、残念ながら、まだgoogleとInfoseekには”登録記事のページ”がヒットしないようです。(Lycosがロボット再開しましたので、もし可能であれば対応したいのですが、他サイトからの登録は拒否されてしまう(?)ような感じです)現在確認できたのは、gooのみです。
また、相変わらず”効能”を知らずに、掲示板投稿の記事を検索エンジンへの登録をせずに、普通の宣伝掲示板として利用している人が多いようなので、勿体無いなぁと思う次第です。とりあえず、これ だけ登録されています。

現在、特定キーワードでページ検索でランク1位のものを少し調べましたので、掲載しておきます。(なんせ、投稿のみで、申請される方が少ないので・・・・)

SOHO自己アピール掲示板 留学 節約 USJ 海 かわいい ママ 無料レンタルを提供するサイト 差上げます 譲って下さい

以上の結果からも、キーワードで的確にヒットするように、紹介文はきちんと考えて投稿されれば、基本的に、一般サイトでの相互リンク集や自動リンク集よりも効果があるんじゃないかと思います。因みに、掲示板掲載記事数の制限は200件ほどですが、投稿記事のページは、ウェブ容量いっぱいまで残りますから、サーバーが突然終了でもしない限り、かなり長期間残ると考えて間違い無いです。

あ、先日のリニューアルに伴う、デザイン変更によるアクセス数の推移ですが、また次回にでも。

無料サイト集 Kooss (run)記

本日のお勧めページ一覧。※以下は編集室外の内部リンクです。

14597359
BACK
リンクはご自由に(LinkFree)